2005年05月31日

内地:15年以内に4000億元を投じ原発31基を増設

孔子さまはほとほと呆れてるでしょうから、放っておいてあげてください。
こちらは飽くまでも目標のようですね。政府からの正式な発表も間もなくでしょうか。

※繁体字表示です。
15年以内に原発31基建設(文匯報)

<引用>
毎日経済新聞30日のニュースによると昨日清華大学で開催されたMBA卒業生フォーラムの席上で中国核工業集団公司社長の康日新は、2020年までに4,000億元を投じ約百万Kwの原子力発電所を31基ほど新たに作ると発表した。新設される原発は山東、江蘇、浙江、福建、広東、広西と上海などの沿岸部で6省と1市。内陸部での原発建設計画はまだ許可されていない。

来るべき消費社会と地球の資源を測れば原発増設に結びつくのは自然な流れでしょう。現在11基中9基が稼働中ってんですから大したモンです。日本のような反対運動もあんまり無さそうですし、そもそも周辺人民の反対予想すらこの記事は触れてません。

「批准」という言葉の中に意味が含まれてるのでしょうが、記事では核廃棄物の件にも特に触れてません。何も考えてないワケじゃないでしょうが、大丈夫なんでしょうか。チベット辺りに捨てたりしないで欲しいものです。ま、これは日本も人様のことは言えませんね。藪蛇藪蛇。

順調に建設が進み三峡と併せて十分な電力を確保出来れば、国内の天然ガス爆発続出問題や日中間ガス油田開発問題、シベリアからの送油に関してももう少し余裕を持って取り組めるでしょう。その為にも、くれぐれも事故だけには注意して欲しいものです。国内の原発に何かあったら日本も韓国も一蓮托生です。

加えてせっかく捻出した電力ですからただ漫然と使うだけでなく、“中国創造(クリエイト・バイ・チャイナ)”に一層役立ててるべきでしょう。
posted by DHS at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | :エネルギー関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月09日

武漢:暑いからもう夏休み!で、クーラーの効いた繁華街に繰り出そう!

早くも夏休みとなったのは学校で、働いてる人々はまだまだ暑いままですけど。

※繁体字表示です。
武漢:「夏期経済」は盛んだ(文匯報)

<引用>
連日36度以上の高温が続く武漢の学校では続々と夏休みが始まり「夏期経済」が顕在化。市内の各種のスポーツ施設、養成訓練班やネットカフェは連日繁盛している。

ちょっと早めの夏休みなんでしょうか。それともいつもこんな感じなのかな。入学式は9月ですからね。

養成訓練班というのは、予備校とか語学塾の類いのようです。国営でなければガツンガツンにクーラーを効かせて冷たーいフリードリンクなどもありそうなので、一挙両得です。

で、偉いことに、市内に858ヶ所も納涼所を設置して一人暮らしの老人や障害者へのサポートが24時間体制で行われていること。熱射病や暑気あたりで死亡者がでるぐらいですから、これは必要なんでしょう。まだ休みにならない社会人のみなさんも積極的にこの納涼所を利用しているのでしょうか。
posted by DHS at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | :エネルギー関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月04日

廣州:市民から「酷暑休み」待望論

今年は空梅雨になりそうな日本。天気が良くて洗濯物がはかどります。天気が良すぎて気温が上がり過ぎ困っているのは大陸の<酷暑都市>です。

※繁体字表示です。
市民は「酷暑休み」をと呼びかける(新浪網明報)

<引用>
多くの市民は、現在大くの学校の教室でエアコンか効かないので、子供がよく暑気あたりを起こすと思っている。聞くところによると、北欧のいくつかの国家では「酷暑休み」に関する規定があるようだが、中国には明文化された規定はない。いくつか都市はかつて「酷暑休み」を試み工場を休みにしたことがあった。隣接している広東、香港には、酷暑の警告信号があるが、「酷暑休み」制度の概念や設計もない。

ニュースの発信は廣州ですが、南の方に限らず40度近く気温が上がることもある都市が多いのであながち<暢気な夢想>ともいえない「酷暑休み」待望論です。

世界的にはサマータイムなるものが存在し、夜明けに併せ1時間程度前倒しし気温の低い午前中の事業効率を上げたりしてます。日本は「酷暑」自体がさして問題になるほどでもないからか、あえて制度を設けるというよりも、企業ごとにフレックスタイムなどを運用してやりくりしてますよね。

廣州でも、学校でのサマータイム制には利用価値があるでしょう。電力不足でエアコンが効かないと嘆くより、少しでも涼しい時間や場所で勉強できることを考えてみてもいいと思いますが。

「酷暑休み」となっても「酷暑」を回避できるわけではないので、市民がより冷気を求めてエアコン施設の充実してる場所へ繰り出すことになりそうな感じがします。
posted by DHS at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | :エネルギー関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月24日

南京:昨日、市街区一帯で停電3時間

昨日のことなんですけど。早くも停電です。しかも、市街地一帯とは大変です。ここでひと稼ぎしたスリ&置き引きも多かったことでしょう。

※簡体字表示です。
南京:電力供給を超過 市街区で大規模停電(雅虎中国?新聞)

<引用>
現代快報:昨日の午後1時、電力供給の超負荷のために、新街口、山西路などの市街区にあるオフィスビルとデパートは突然停電し、その状態は3時間近く続いた。オフィスビルではエアコンが止まり、コンピュータは使えず、打つ手のない人々は熱波のフロアでびっしょりと汗をかき床を見つめるだけだ。エレベーターも止まり、20、30階のビルでは降りることも上がることもできない。南京市電気供給局の情報では、この停電は気温の上昇を受け電力負荷が許容量を超過したために起こったことであり、緊急に対策を得なければならないと語っている。

はて、南京といえばエアコン温度制限などの指導が為されてたはずですが…。いやいや、もはやそんな事では追いつかないぐらい電力不足と我慢出来ない暑さは深刻なのかもしれませんね。

とはいえ、プーアルさんの紅豆Red Beansを拝見するに、きっとこの様な状況になるまでは特に気にせず暮らしてたんだろうな…と(汗。

まだ6月ですからねぇ。北京は大丈夫かなぁ。
posted by DHS at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | :エネルギー関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月09日

大陸:終業後はディスプレイ、プリンタの電源も落とそう−電力浪費の回避策

本来、<稼ぐ>とか<儲ける>とかが得意な反面、加熱気味の経済成長を諌めたり“締める”となったら細かく行くのがチャイニィーズ・ウェイなのかも。

※繁体字表示です。
終業後もディスプレイやプリンタの電源を落とさなければ 毎年12億キロワットの電力を浪費する(CCTV.com新聞)

<引用>
PCのディスプレイ、プリンタの消耗電力は5ワット程度だが、終業後も電源を落とさず翌日の始業まで約10時間待機すると、年間では36.5キロワットを消耗する。国内の事務設備にあるPCは1600万台、プリンタは1894万台と推計されるため、毎年12.775億度の電力を浪費することになる。

仰るとおりです。というよりもはや常識か。これは我が社でも実践中でございます。ずっと点けてるのは冷蔵庫と電話&FAXのみ。たまにスキャナの電源ランプが点灯してるのを社長に見つかると激怒されます。

とはいえ、厳密に言えばTVやビデオなども含めコンセントに挿してるだけでも微量の電力は消耗してるワケですが。

しかし、パイが大きい分ロスする電力も大きいのでバカにできません。あとは皆が実践するのみなんですね。
posted by DHS at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | :エネルギー関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月02日

どこまで我慢できるのか:電力難の夏

日本でもそろそろ“でんこちゃん”の季節ですね。
大陸では、シベリアから送電してもらったり、バンバン原油を輸入したりしても大量な需要には追いつかないようです。

※以下、繁体字表示です。
今夏上海オフィスビルの温度は26℃以下になってはならない スーツスタイルのビジネスマンの挑戦(東方新聞)

<引用>
市政府≪關於做好今年本市電力迎峰度夏工作的通知≫:今月の15日から9月17日まで、各党と政府機関、マーケット、オフィスビル、高級ホテルや娯楽施設などではエアコンの温度と26℃より低くしてはならないと定めた。

なんと盛夏を挟んだ3ヶ月もエアコン温度規制です。規制といっても違反者に罰則があるというような記載はありませんが。しかし、「ビジネスマンがスーツスタイルで夏を越せるか」ということに注目しているところは、さすが大陸の牽引車<上海>って感じです。

そんな<上海>の上を行くのが南京です。

南京の各機関“讓電於民”気温32℃以下ではエアコンをつけない (東方新聞)

<引用>
南京は南京市、区の各級の機関や国家機関のオフィスは気温が32℃以下の場合はエアコンを使わぬよう、また使用する場合は扉や窓を閉鎖した上で温度を28℃以下にせず、祝日と休日、週休2日はエアコンを使ってはならないと決定した。

なんと!気温32℃以上でなきゃエアコン付けちゃダメだとは!やや強引な気もしますが、きっと毎日35℃近くまで気温が上がったりするのでしょう。

「心頭滅却すれば火もまた涼し」というのは大陸でも通用する概念なのかも。
上海のビジネスマンも南京の役人さんも、あんまり無理しすぎて体調を崩さないで欲しいものである。
posted by DHS at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | :エネルギー関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月16日

大陸:水不足でバイオ分解トイレ登場

急激な経済成長と地球全体の環境破壊でいろんなものが不足している大陸。電力は輸入できても生活用水はあるところから引っ張ってくるしかないく、中でも下水はなるべく使いたくないのはよく分かります。

済南:水不足に朗報、バイオ公衆トイレが登場(中国情報局)

下水を使用しないのは良いが、落とすタイプのトイレに微生物を投入しようというだけなのか?小はともかく、大も分解してくれるんだろうか。トイレット・ペーパーも?

大陸のトイレ事情が凄まじいのはよく知られていることだが、いくらグローバル化しても生活習慣の感覚はそう簡単には変わらないんだろうな。
posted by DHS at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | :エネルギー関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月28日

黒龍河省:今月からシベリアより電力を大量輸入

上海や北京では30度を超える真夏日もあったことだし、今週末からの“五一”連休も控え、電力問題は可及的速やかに対応せねばならない問題です。ここ数週間はいろいろと具体的なプランが公表されてきましたが、初の電力輸入に踏み切ったようです。

※簡体字表示です。
シベリアから初の大量電力輸入を決定(千龍網速報ニュース)

シベリアから黒龍河省ならば、国境こそ跨げど割と近隣から送電できるし、なんと言っても初回は毎キロワット:1.8セント!その上、送電量が増えれば従量制で更に安くなるとなれば良いお買い物なのではないでしょうか。国内では天然ガスの発掘に力を入れようとか、変動相場による送電価格の値上げもあったようです。

中国:天然ガスを主力のエネルギー資源に(4/26付 中国情報局)
北京など:送電価格を調整、競争原理の導入急ぐ(4/20付 中国情報局)

天然ガスに関しては、輸入するにせよ採掘するにせよインフラ未整備による事故の心配は付きまとうのかもしれない。先の重慶ガス爆発事故の記憶は生々しいが、あの規模ほどではないにせよ、ガス爆発事故は残念ながら多いのが現状だ。

他のエネルギーとの市場価格と調整して値上がった送電価格は1キロワット:0.32人民元(税込)。今日のレートで約4セント!シベリアからの送電価格のおよそ倍だ。この送電価格の値上げは市民が払う電気代に反映されてしまうのだろうか。
posted by DHS at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | :エネルギー関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年01月26日

水足りてるの?足りて無いの? 中国水利部

えぇーい! いったいどっちなんだー!?

※2004年01月25日10:53<北京時間>
全国で1500万人の飲料水不足が解決 水利部=2003年(人民網:日文版)

更新時間:2004年01月25日10:53(北京時間)
全国で1500万人の飲料水不足が解決 水利部=2003年

水利部がまとめた統計によると、中国では2003年、国債発行による資金48億元が農村の水不足対策や大規模な灌漑工事、節水施設の改良などに使われた。これにより農村で暮らすおよそ1500万人の飲料水問題が解決された。水利部・農村水利司によれば、2000年初めには農村の5020万人が飲料水不足に悩んでいた。特に河北、山西、内蒙古、陝西、甘粛など中西部では水資源が極めて乏しく、降水量が平年並みの年でも、水不足が続くなど大きな問題を抱えていた。中国では2010年末までに農村の飲料水問題を全面的に解決することが計画されている。具体的には、村・鎮の水道普及率を2010年までに60%、2020年末には100%とする。最近新たに飲料水問題が発生するなどして、農村で暮らす1000万人以上が引き続き水不足に悩んでいる。「人民網日本語版」2004年1月25日

※2004/01/26(月) 12:33:27発信<『中新網』25日付報道>
中国:全国都市の3分の2で深刻な水不足(中国情報局)

中国:全国都市の3分の2で深刻な水不足
発信:2004/01/26(月) 12:33:27

 『中新網』25日付報道によると、中国水利部は、現在の中国における水資源問題について、全国の3分の2の都市で深刻な水不足状態にあり、そのうち110都市が早急な措置を必要とする状態にあることを明らかにした。予測統計によれば、2030年までに中国の総人口は16億に達し、1人当たり水供給量はわずか1750立方メートルになるという。できるだけ節水したとしても、7000億−8000億立方メートルの水資源が消費されるとみられ、現在と比較して供給能力で1300億−2300億立方メートルが欠乏することになる。しかし現状では、これをすぐに補完するのは不可能であり、新たな水資源開発においても困難とされている。このままでは、水不足問題は中国における生活水準の底上げを目指す「小康社会」の全面的な建設を阻害する重大なマイナス要素となる可能性があるとして、水利部でも各地での徹底した水資源管理を指示するなど対応策に追われている。

※繁体字表示です。(明報−新華社26日)
全国都市の3分の2で水不足(雅虎香港トピックス)

三分二城市供水不足
1月 26日 星期一 02:15 更新
【明報專訊】據新華社報道,中國水利部長汪恕誠近日表示,中國目前的節約用水水平與嚴峻的水資源形勢極不相稱,水資源短缺成為未來20年中國全面建設小康社會所面臨的重大挑戰之一。
目前中國三分之二的城市供水不足,較嚴重的缺水城市達110個,全國城市缺水總量為60億立方米。據預測,2030年中國人口將達到16億,屆時人均水資源量僅有1750立方米。

紛らわしいのは人民網の見出しだ。記事の中身は「1500万人の“飲料水不足”は解決したものの、まだまだ不足している所が多い」なのに、見出しが“解決”じゃなぁ。

その上、水利部の発表はただ「水資源不足」なので、中新浪や新華社の記事では「水資源=家庭用の“飲料水”、“生活用水”」なのか、「畑や工場用の用水」を含むのかも不明である。


人民網の記事によると、水利部は2020年には100%の水道普及率を目指すと言ってるようだが、現在の世界的な水資源量や、中国の広さ、各地の立地の違いを考えれば到底無理だろう。こんな大風呂敷を敷いてしまったのは、正月なんだから景気良く!ということなのか?

それと、下水の事も考えて欲しいぞ、水利部。
posted by DHS at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | :エネルギー関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年12月12日

イルミネーションは近代国家の証し

 “神舟”が有人飛行に成功したり、最過疎地域にもネットカフェができました!なんてニュースが来たかと思えば、普通に使う電気が不足してるとは。炭坑での事故も多発してたり、先月も北京では停電してたりと、この辺が近代化の難しいところです。

 日本でも、一連の不始末から原発が使えなかった今年は節電の夏となりましたが、冷夏のお陰でなんとかもったのは本当にラッキーでした。これが大陸での冬となると、いくら我慢をしても仕切れないでしょう。今でもオンドルが残っているのも理解出来ます。

 これもそれも、三峡ダムの発電所が完成すれば“電力不足”に関しては多少なりとも解消されるのだろう。電力は賄えるとして、次は“送電”か。いやぁ、インフラ整備だけで相当かかりそうだな。


中国の電力不足深刻 冬場でも供給制限(YAHOO!トピックス)

三峡:1号ユニット完成で6台全てが正式投入へ(11/23付 中国情報局)

三峡:1号ユニット完成で6台全てが正式投入へ
発信:2003/11/23(日) 17:49:53

『中新網』22日付報道によると、三峡プロジェクトにおける今年の目標であった、6台の発電ユニット建設で、最後の1号ユニットが72時間のテスト発電の後、正式運転に移行したことが明らかになった。同ユニットは2002年に着工、今年11月初旬に竣工し、12日からテスト発電前の各部調整が行われた。各方面の専門家による安全が確認された後、19日より試運転を開始、22日に無事終了した。今後は三峡発電所に接続され工場などの商用施設に送電されることになる。来年には4台の発電ユニットを建造する計画。以後も毎年4台のペースで工事を進め、2009年のプロジェクト完了を目指す。プロジェクト終了後の三峡発電所は、現在世界最大の発電所であるブラジルのイタイプ水力発電所よりも30%以上の設備規模となる。なお、建造コストはイタイプ発電所の80%前後と、低コストも実現することになる。
posted by DHS at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | :エネルギー関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。