2005年08月19日

「赤壁之戰」:シナリオ問題紛糾 更に新手の脚本家を導入か?

あれあれ?鄒靜之はギブアップしたのでしょうか?

※繁体字表示です。
呉宇森シナリオ問題に遭遇 “黄金档”は「赤壁之戰」参戦を申請(新華網)

<引用>
中国系映画監督呉宇森(ジョン・ウー)の大作「赤壁の戦い」は、現在シナリオの問題に遭遇し予定が頓挫している。昨日記者の知るところによると、内陸の脚本会社“黄金档”は呉宇森への“請戦”を決定し、再び「赤壁の戦い」のシナリオを書くという。現在、この会社は既に呉宇森へ連絡し再び計画を協議中である。

内地脚本家主導で進められてきたシナリオ制作ですが、なんとウー大師は不満意なのだそうです。なんでもその理由というのが、

「希望《赤壁之戰》在大背景不違背歴史的情況下,影片中的人物性格要發生深刻變化:劉備不再懦弱,曹操不再奸詐,周瑜不再小心眼……由於該劇劇本遲遲沒有著落。(「赤壁の戦い」の骨格は歴史より逸脱しないようにしたい。映画の中のキャラクターには変化が発生する。劉備は気が弱くなくて、曹操は腹黒くなくて、周瑜は気が小さくない・・・。シナリオ制作がなかなか進まない。)」

ということのようで、最早自分で書くぞ、と言ったとか言わないとか。更に製作サイドは積極的にハリウッドや韓国の脚本家を探してる模様。

これを受けて、今まで脚本を担当してきた内地の黄金档はウー大師に脚本に参加するよう要請したとの事。今までの事を全くナシにしてハリウッドや韓国の脚本家の手によるシナリオが新たに作られるのはなんとしても避けたいでしょうからね。

「《赤壁之戰》是中國的一個古典名段,應該是由中國人寫,才能寫出中國文化的精髓來(「赤壁の戦い」は中国古典名作のひとつ。中国人が書くべきであり中国文化の精髄を書き出すことが出来る。)」と再度意思表示をして、6ヶ月以内にはウー大師が満足できる脚本を作る!と決意を新たにしたようです。
posted by DHS at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 新片「赤壁之戦」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月06日

「赤壁之戦」:史実を尊重しつつも監督のための脚本を、と鄒靜之(ツォウ・チンヂィ)語る

エアコンのない私の寝室はもう40度を越えそうです。とても寝ていられないので、朝方起き出してエアコンの効かせたリビングで寝直したら・・・体中が痛いのは何故?。

※繁体字表示です。
呉宇森のための脚本:鄒靜之「赤壁」は史実を尊重している(大紀元)

<引用>
「鉄三角(スーパートリオ)」の張国立、王剛、張鉄林は最早“品牌(ブランド)”であり、その「鉄三角」作品を一手に担う脚本家の鄒靜之(ツォウ・チンヂィ)は張芸謀や呉宇森に気に入られ、「千里走單騎」と「赤壁之戦」の脚本に請われた。昨日、普段あまり顔を出さない鄒靜之を10日から放映される東方電影のドラマ「宋蓮生坐堂」発表会席上で記者がやっと“捕まえて”“自白を強いる”と、鄒靜之は「赤壁」のストーリーは「三国志」と「三国史演義」を組み合わせていると話した。
鄒靜之(ツォウ・チンヂィ)さんは内地では屈指のヒットメーカーとして知らない人はいないと思われる脚本家さんですね。普段はあんまり表に出ないという鄒さんをここぞとばかりに<逮了>して<逼供>させた記者さんの鼻息の荒さを感じます。

しかし、当の鄒さんは各作品の評価に影響を及ぼす自身の発言に関しては非常に慎重で、キャスティングが話題になっている周瑜、諸葛亮、曹操などについての鋭い記者さんのツッコミにものらりくらりと対応した模様。

それでも、「《赤壁》的故事同時取材於《三國志》和《三國演義》,因此,人物性格可能會同人們熟知的《三國演義》故事不一樣。(「赤壁」は《三国志》と《三国演義》を同時に取材していますから、登場キャラクターは人々が熟知する《三国演義》とは異なっています。)」という答えを導き出して、とても満足そうです。

また、当たり前ながらいくら「三國志」「三國演義」をキッチリ下敷きにして脚本を書いたとしても、最終的には監督である呉宇森の作品となることはハッキリしているとクギを刺しています。
posted by DHS at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 新片「赤壁之戦」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月22日

「赤壁之戦」:主要出演者が確定? 周潤發、梁朝偉、渡邊謙になんと劉徳華!?

あれ!? だ、大衛は!?

※繁体字表示です。
「赤壁之戰」主演陣容確定 梁朝偉は諸葛亮役(中新網)

<引用>
上海青年報の報道によると、歴史大作「赤壁の戦い」は既に半年の準備を経たが、昨日突然製作班から情報があり、今作の主要陣容が既に決まり、周潤發、梁朝偉、渡辺謙など3名の超級巨星が出演するという。面白いことに大監督・呉宇森は千古智者・諸葛孔明役にここ数年古裝片への出演が少なかった梁朝偉を指名した!

「赤壁之戰」4大影帝を招く 梁朝偉と劉徳華は知力を闘わす(中国経済網)

<引用>
−中略−「赤壁の戦い」は撮影開始前から話題となっているが、最新ニュースによればこの映画は超強力キャストが既に確定し、諸葛孔明か或いは周瑜に扮すると噂されていた周潤發が劉備を演じ、日本明星の渡辺謙が曹操を演じ、彼ら2人が作品全体のメインストーリーとなり、劉徳華と梁朝偉はそれぞれ諸葛孔明と周瑜に扮し、ストーリーのもうひとつの脈となると指摘している。 −中略−

劇組からの情報らしいのですが、果たして信用に足るものなのかどうか・・・。日本明星、渡辺謙の出演自体は全く持って嬉しいのですが、よりによって曹操とは。本当かなぁ。


更に怪しいのは唐突に劉徳華の名が挙がり、しかもユンファが決定!とされていた周瑜役になってるってところ。ま、元々ユンファは周瑜より劉備の方が合ってるような気がしてましたが。

梁朝偉の諸葛亮は大方の予想通りでしょう。ここにりんちぇいを嵌めてみる楽しさもありましたが、ウー大師はりんちぇいのことは諦めてしまったのでしょうか。ってか、内地の演員はどうなったのー?大衛は何の役ー!?
posted by DHS at 22:53| Comment(0) | TrackBack(1) | 新片「赤壁之戦」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月06日

「赤壁之戦」:内地でのロケは浙江、上海、江蘇で。

ちまちま出てきますね。

※繁体字表示です。
「赤壁之戰」浙江上海で撮影(文匯報)

<引用>
−中略− 呉宇森監督はわざわざ北京まで赴き映画局局長の童剛と会った後でロケハンに向い、浙江、上海と江蘇などの地区をロケ地候補とした。−中略−

まだ決定じゃありません。上海か〜。これ見に行けるかなぁ。
posted by DHS at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 新片「赤壁之戦」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月02日

「赤壁之戦」:曹操役に日本明星? 渡辺謙の名前挙がる

言うのはタダですからねぇ。

※繁体字表示です。
「赤壁之戰」来年夏に撮影開始 日本俳優が曹操を?
(大紀元)

<引用>
日本の性格俳優渡辺謙が歴史大作「赤壁之戦」の曹操を演じる?台湾中環グループは昨日記者会見を開き、「詭絲」、「赤壁之戦」、「傾城之戀」などの超大作への投資計画を発表した。


「赤壁〜」には多くの資本が入ってますから、それぞれが好きに配役についても意見してくるでしょう。今回は台湾の会社の偉い人の発言のようですが、「結局選ぶのは監督」と断った上での発言です。

渡辺謙の曹操か〜!悪くないけど、これ以上大衛のライバル登場は見たくないぞ!
posted by DHS at 20:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 新片「赤壁之戦」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月24日

「赤壁之戰」:撮影スタート延期か? ジョン・ウーは最高の<二喬>を探す

久々に情報が出て来たー!と思ったら撮影が延びそうだと。なーんだ。

※繁体字表示です。
「赤壁之戰」は来年狼煙を上げる 周潤發出演確定(大紀元)

<引用>
−中略− 保利華億媒体(ASIAN UNION FILM&MEDIA)総裁の董平曾は以前「赤壁之戰」は今年末に撮影を開始させると発表したが、ソニーの張家振は2006年夏頃となる可能性が高く上映時期も変化するため、出演俳優の陣容にも変化を生み現在は周潤発の出演が確定しているだけで、「ウー監督は最も美しい中国人女優のヒロインを探しているが今はまだ現れていない。」と《毎日銀幕》に表している。−中略−

現在、脚本が完成せずなかなか作業が進まないために全てが後ろにズレ込みそうだとのこと。ホンが出来ないということは登場人物も決定しないということですから、キャスティングも進ませようがありません。うう。でもね、ウー大師!大衛は決定で良いっすよ。。。

こんな状態でも、北米配給としてソニー・コロムビアが製作に入ったのを皮切りに世界各国での配給はどんどん決まってる模様。日本でも最近の中華映画の大作を一手に担ってるコムストック(レントラックジャパン)が既に専門チームを組んでいるそうですよ。ほぇ〜。結構なハナシですが、それ以前に早く「無間道」DVDBOXの情報を流してください。

ウー大師が探しているという<中國最美的女人>のヒロインは当然小喬なのでしょうが、勿論大喬も必要なワケですもんね。<中國最美的女人>を二人かぁ・・・。美女はいっぱいいそうだけどなぁ。
posted by DHS at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 新片「赤壁之戦」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月14日

コリン・チョウ:「霍元甲」で霍恩第役 &「赤壁之戦」に参加希望

漏らしてました、このネタ。コリン一家の微笑ましい画像は良いんですけど、もちょっと良い写真は無かったのか…。

※繁体字表示です。
鄒兆龍「霍元甲」で李連杰の父親役 真功夫はハリウッドへ  呉宇森の「赤壁之戰」に参加希望 (6/11付:世界日報)

<引用>
−中略− 台湾高雄生まれの鄒兆龍は、香港で有名になり有名モデルの妻を娶ったが、ハリウッドでの活動に打ち込むため、彼は妻と双子の息子と共にロサンゼルスに移った。「マトリックス」でジョエル・シルバーに潜在力をしっかりアピールした。「フェイスオフ」のプロデューサー張家振(テレンス・チャン)とエージェント契約を結び、来年は呉宇森の「赤壁の戦い」に参加することを期待している。

この記事は元々「霍元甲」リンチェイ演じる元甲の父親・霍恩第役をリンチェイより4つも年下のコリンが演じている、というのがメインのネタなんですが、いや、それも十分素敵な情報なんですけど、本格的にハリウッドで活動する為にLAに移住し、「赤壁〜」の出演も狙ってます!ってのがポイント。

コリンがやるなら何かなぁ、、、。そもそもジョン大師はリンチェイも出したいようですが、一体何の役をやらせる気なんだ。仮にリンチェイとコリンが一緒に出るとなると…。なんだか無理な気がして来た。
posted by DHS at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 新片「赤壁之戦」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月17日

任達華:大作「赤壁之戦」の曹操役に名乗り! ま、マジで!?

強敵登場です。大丈夫か?大衛!

※繁体字表示です。
サイモン・ヤム:カンヌで西片2作品にサイン(雅虎香港明報)

<引用>
−中略− カンヌ映画祭中、「黒社会」での演技に賞賛を受けている任達華(サイモン・ヤム)は、2作品の欧米作品の出演オファーにサインしたという。しかし最も興味があるのは呉宇森(ジョン・ウー)の新作だ。「ウー監督の「赤壁之戦」で曹操がやれたらいいな!」
出演はほぼ決定してるとはいえ、<曹操は姜大衛>と決まってたワケじゃありません。でも、根拠無しに安心してたトコがあるんですよねぇ。しかし、ここまでダイレクトに「曹操がやりたい!」と名乗りを挙げられると酷く動揺しますのう(私だけですね)。

でも、サイモンの曹操も良さそうだなぁ…見てみたい。結局、サインしたという西片2作品とは何なのでしょうね?
posted by DHS at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 新片「赤壁之戦」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月07日

先走り情報その3:「赤壁の戦い」に陳宝国も参加か?

およよ。ちょっと逃してましたこの情報。陳宝国(チェン・バオグオ)かぁ。ぐ、国立は?チャンスあるかも?

※繁体字表示です。
映画「赤壁の戦い」撮影開始が早まる 呉宇森は陳宝国を気に入る (中新網)

<引用>
聞くところによると、注目の呉宇森監督による華語作「赤壁之戦」は少し早まり年内に撮影影を開始するという。元々2006年に撮影開始の予定だったが、資金が早めに集まったことと呉宇森の他の作品が調整に入りちょうど良い期間が空いたため、スケジュールを早めて撮影に入る。−中略− 現在、周潤發の周瑜役以外の配役及び出演者は物色中である。ある消息では、呉監督は「大宅門」と「走向共和」を観て陳宝国と孫淳の演技を認め、彼らとの合作を図っているという。この映画は2006年末に全世界同時公開。

ある消息筋ってなんなのでしょう?宝国かぁ。いや、いいんじゃないですか。孫淳(スン・チュン)さんは「走向共和」で袁世凱を演じて話題となった模様。


 陳宝国    孫淳



※簡体字表示です。
陳宝国(捜狐人物)
孫淳(捜狐人物)
posted by DHS at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 新片「赤壁之戦」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月04日

先走り報道その2:「赤壁の戦い」日韓スター登場の可能性も・・・?

どこでどんな調査をしたのかは・・・わかりません。

※簡体字表示です。
2005年中国映画界の最も値打ちがある期待の9作品 (金羊網)

<引用>
−中略−
「赤壁の戦い」:中国語版“ロード・オブ・ザ・リング” 監督:呉宇森

三国志の中で最も盛り上がる「赤壁の戦い」の映画化は、有名な映画監督・呉宇森の長年の願いが現実になったものだ。保利華億公司は3億元を投資して呉宇森の夢の実現を手伝い、これまた中国において近年最大の投資がある映画となる。更に“恐ろしい”のは、この映画の配役は3億元の期待に背くことが無く、呉宇森によれば周潤發、また梁朝偉と姜大衛も出演することが決まっており、その他にも日韓スター招聘の可能性も排除しないという。この「赤壁の戦い」は呉宇森の「ロード・オブ・ザ・リング」だ。

調査によると、映画版「赤壁の大戦」のストーリーは6段階に分かれており、“劉備仁慈為民(劉備、人民の為の仁慈)”、“二喬舍身取義(二喬、犠牲になり義を取る)”、“孔明智激周瑜(孔明、周瑜との智激)”、“周瑜借刀殺人(周瑜、他人を利用し倒す)”、“孔明草船借箭(孔明、ちゃっかり利用する)”と“借東風火焼赤壁(東風を借り赤壁を焼く)”だ。

個人的には、別に日韓のスターを登場させずとも、中華明星オールスターのハリウッド作品を作ってくれれば良いんですけど。でも・・・出るとしたら誰かな。佐藤浩市・・・とか、ヤマを張ってみる。
posted by DHS at 00:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 新片「赤壁之戦」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月23日

先走り報道その1:「赤壁の戦い」周潤發は周瑜役・・・か?

煽り記事です。まだまだ出てきますよ。

※繁体字表示です。
周潤發「赤壁」で周瑜に変ずる(文匯報)

<引用>呉宇森(ジョン・ウー)監督の大作「赤壁の戦い」は製作が始まる以前より大いに関心を持たれ、主役の周潤発(チョウ・ユンファ)は劉備を演じると各方面の報道にて伝えられている。北京筋の消息では、呉大監督は配役に対し対策を練っており、ユンファを大策士:周瑜役にするという大変換で、常識を覆すことを考えているという。

北京筋の消息ですから、怪しいソースも混じっていることでしょう。ユンファが周瑜役となれば、「赤壁の戦い」のメインは周瑜VS諸葛亮となりますよね。
posted by DHS at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 新片「赤壁之戦」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月07日

ほえ?「赤壁之戦」に張學友も出演?ワイヤーも使わない?

今さっき気がついたんですけど…。

※繁体字表示です。
呉宇森:「赤壁之戦」ではワイヤーを使わない予定(12/3付:臺灣蘋果日報)


「〜演員方面,目前他已和周潤發、梁朝偉、張學友、姜大衛等人接觸。」

って、まだなんとも言えなさそうだけど。根拠は何?ソースはどこだ?しかも、


「他表示不會將《赤壁之戰》拍成動作片,電影中絶不會有關雲長吊鋼絲飛的畫面。」


って、こっちは本人が言ったらしい。まだ2年も先の話なのに(笑。
posted by DHS at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 新片「赤壁之戦」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月13日

今から気になる「赤壁之戦」の配役 大衛は曹操?

大衛のハリウッドデビューとなる役は何なのか?−−再来年にやっと撮影となるかもという作品なのに、今から気を揉んでもしょうがないのは百も承知ですが(汗、呉宇森自身も「李連傑を呼びたいけど・・・」など配役に苦慮してると漏らしているように「赤壁之戦」の配役には注目せざる終えません。


『三国志』というと先ずは「桃園の誓い」での劉備、張飛、関羽という三英傑が頭に浮かびます。

    kanu.gif


しかし、今回のタイトル、「赤壁の戦い」となると、主要な人物は劉備、曹操、孫権となりますよね

    


更に諸葛孔明と魯粛も絶対に必要となると・・・

  


さあさあ!一体誰が誰をやるんでしょう?

単純に当てはめれば、“主役”は劉備だから劉備=周潤發、やや年かさということで大衛が曹操をやるのが道理となると、果たして梁朝偉は何だ?孫権・・・。なんとなく違う感じ。何故だか梁朝偉には諸葛孔明をやらせたい気もする。

いや、体格的なこと考えれば梁朝偉=劉備、周潤發=諸葛孔明でも良いのか。ならば関羽、張飛、孫権は誰がやるんだろう・・・。

ホント、悩んでも仕方ないんですけど(笑。大衛ファンサイト<情有独尊>でも大いに盛り上ってるこの話題、大陸ファンの中では「曹操」派が一般的とはいえ「諸葛孔明」役を希望する人も多いといったところです。諸葛孔明は策士として超!有名な人物ですが、「赤壁の戦い」時にはまだ30代にもなってないので、大衛がやるには若すぎますけどね。

豪快な大きい役をやってくれるのは嬉しいので、私も大衛=曹操というのには賛成です。けど、ちょっと大役過ぎる気もする(気弱)。一方の「策士役が良い」というのにも同感できるところもあるが、同じ策士役ならば旬イクが良いと思うけど、あんまり「赤壁の戦い」には登場しませんからねぇ。

まぁ、なんでもいいんですが(笑。撮影開始までの1年間はこの話題でなんだかんだと楽しみます。この話題とは全く関係ありませんが、張藝謀の新作に関するこの記事もその内容からかタイトルがこんなです。

※簡体字表示です。
張藝謀千里走単騎 高倉健幕成絶唱(新浪網娯楽)

『三国志』27回の「美髯公千里走単騎漢寿侯五関斬六将(美髯侯、千里を単騎で走り 漢寿侯、五関に六将を斬る)」 をモジってます。かといって、本当に高倉健が出演するのかどうかは知りませんが(笑。
posted by DHS at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 新片「赤壁之戦」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月11日

大衛ハリウッドへ!:周潤發、梁朝偉と共に呉宇森の「赤壁之戦」に参加!

今日はいい日だ〜。やっとこさMACも戻ってきてくれたし、それで見たニュースのトップがこれですよ。やったね!

※繁体字表示です。
周潤發:「赤壁之戦」出演へ(新浪網)

<引用>
長らく待たれていた呉宇森(ジョン・ウー)が監督するハリウッド超大作「赤壁之戦」。ずっと準備が続いた間も注目度は高かったが、昨日ついに呉宇森監督が口を開き「赤壁之戦」は06年に内陸で正式に撮影を開始し、發仔(周潤發/チョウ・ユンファ)の出演も決まったと語った。


こうやって並ぶと…、やっぱ大衛は男前だわ(笑。



大衛もハリウッド・デビューですか!?やった!嬉しいですねぇ。しかもこの写真、カッチョいいなぁ!こうやって見ると、本当に大スターだったんだよなぁ、と実感します。と同時に、私ったらウー師父より大きいんだなとも思いました(汗。

「赤壁之戦」は久々に呉宇森と周潤發が組む大作として注目されてきましたが、ここに来て梁朝偉(トニー・レオン)も参加とは!マジですか。亜州影帝の三つ巴じゃないか!(笑。トニーとしてもハリウッド進出については思うとこはあったでしょうから、今回このような形、またスタッフワークで乗り込めるってのは理想的なことなのかもしれません。


いや、もうね!嬉しい!!…。このネタ、ちょっと引っ張っていろいろ調べてみます。

今日は会社のMACは調整不足なもんで、ここまで書くのに難儀しました。
posted by DHS at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 新片「赤壁之戦」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。