2004年06月08日

<少林功夫>商標ネタ−FLASH

頑張って見たけど、さすがに音声は聞き取りづらいデス(汗。

天天八卦Show:少林寺は海外で少林功夫を失う(千龍動漫娯楽網)
posted by DHS at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | :少林寺関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月06日

<少林功夫>を護る道はかくも険しい

30日のエントリでも「少林功夫を護れ! 釋住職:“少林功夫”を無形文化遺産へ申請」と取り上げましたが、無形文化遺産に登録が果たせたとしても、既にこれだけ世界中で登録されてしまった商標をどう整理したらいいのかと、悩みは尽きないようです。

※繁体字表示です。
“少林功夫”保衛戰:少林寺は国外で"功夫"の権利を効するのは難しい(東方新聞)

<引用>
中国の商標特許事務所は全世界・五大陸の11の国家と一部の地区で行われた特定項目の調査によると、中国と香港の以外の国家と地区では、“少林”あるいは“少林寺”という文字を使った登録商標を117項目発見し、平均すると国家、地区共に10項目を超えた。その中でも近隣の日本とオーストラリアが最も多い。現在、米国の西海岸に3つの少林寺があり、ヨーロッパでも、オーストリアの首都ウィーンやハンガリーの首都ブダペストにも“少林寺”がある。これらの“少林寺”と嵩山少林寺はいかなる血縁関係もない。

正しき「少林功夫」を伝えるために世界各国を行脚する釋永信大師率いる少林武僧も大変です。日本の「少林寺拳法」は、その成り立ちや少林寺との関わりについてはオープンにしていますが、何の知識も無い人には「少林寺」と名がついていれば、「系列なんだろうな」と思うのが当然でしょう。

仮に、世界中で「少林寺」を名乗る人々が本当に「少林寺」を尊敬しているのなら、自ら出てきて世界統一の基準のもと、合法的に「少林寺」を名乗る方法を探すこともできるのではないでしょうか。
posted by DHS at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | :少林寺関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月30日

少林功夫を護れ! 釋住職:“少林功夫”を無形文化遺産へ申請

少林功夫を護れ!・・・となるほどニセモノが氾濫してるんですね。

※繁体字表示です。
少林寺住職・釋永信:“少林功夫”の保護は一刻の猶予も無い(中新網)

<引用>
少林武僧団を率いる釋永信は、28日の夜、北京での“少林雄風”を上演後にメディアの取材を受け、現在、米国、ヨーロッパ、日本などの西側諸国では、“少林功夫”、“少林武術”、“少林寺拳法”、“少林全套功夫”など、先を争ってむやみに中国“少林功夫”の商標を大量に登録し濫用されているため、国際社会は“少林功夫”の認識に対して曲解し混乱を生み始めていると語った。

日本の「少林寺拳法」は正式に少林功夫との連携はないと公表しているが、これもニセモノ扱いなのだろうか。ま、それ以外にも「少林〜」とか勝手に付けてそうなところはありそうですね。ましてや、英語圏なら、「どうせ分からないから」とタカを括ってバンバン登録しちゃってるんでしょうね。

スペシャル301条でやられっぱなしの中央政府が、中国の最もメジャーな登録商標の侵害を盾に反撃の狼煙を上げたのは理解できます。とはいえ、勝手に申請された「少林なんとか」が全部違法となるかは分からないので、個別に訴訟するのはムダになるかも。

なので、

<引用>
少林住職は、直ちに“少林功夫”の源と基礎や伝統を保護するため、少林寺では正式に無形遺産への申請を始めており、関連する書類を来月初めに文化部に提出すると語った。彼は、国連教育科学文化機関が保護する無形の文化遺産の中でも“最も有名”な“少林功夫”は、順調に行けば来年の今頃、あるいは少し遅れても8、9月には“少林功夫”は登録されるだろうと信じている。

無形文化遺産の登録はやや遅すぎたのかもしれませんが、釋住職の言うように間違いなく登録されるでしょうね。


少林寺拳法オフィシャルホームページ
posted by DHS at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | :少林寺関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月18日

少林寺:河南省で“千名孤兒救助計劃”をスタート

先の全人代にも出席した釋永信住職の少林寺が、河南省の慈善総会と共同で「千名孤兒救助計劃」を正式に始動させた模様。

少林寺“千名孤兒救助計劃”正式スタート(CCTV/社会新聞)

救助対象に沿う孤児たちの中から1000人ほど選び、更にその中から50〜100人程度を少林寺の非営利事業<少林慈幼院>へ収容し教養するという。もちろん、河南省の財源だけでは無理なので、同時期に少林寺のチャリティ法会<五方寶佛>も行い各方面から寄付を募ったとのこと。

この<五方寶佛>なる法会は相当なビックチャリティ・イベントのようです。49日間に渡り世界中から高僧たちが集うとのこと。中にはタイや韓国、日本からも参加する高僧がいるようですが、今回の法会に日本のお坊さんが参加したのかどうかは分かりません(参加するとしたら、臨済宗か曹洞宗)。

高僧が沢山集まるだけでも見ごたえがあるが(不謹慎!)、加えて武僧による少林功夫の表演もあるらしいので、結構、人も集まりそうだ。

※簡体字表示です(繁体字版も有り)
少林寺<五方宝佛>
posted by DHS at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | :少林寺関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月14日

少林寺住職:国家の発展を確信

全人代に参加した少林寺:釋永信(シ・ヤンシン)住職のインタビューです。

※繁体字表示です。
少林寺の住職:私は国家の発展と未来に対して自信に満ちる(新浪網トピックス)

「少林寺においてもIT化が進んでいるし、国家の繁栄を確信してますよ!」という提灯記事なんですが、前回は全人代に参加したお坊さんは釋さんだけだったのが、今回は3人増えたとのこと。増えた3人はどこのお坊さんなんでしょうか。
posted by DHS at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | :少林寺関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。