2006年05月19日

女子重量挙げチャンプの鄒春蘭(ヅォウ・チュンラン)、全国婦聯の計らいでクリーニング技術を学ぶ。

何が辛いってこの天気。今週は結局1度も外に洗濯物が干せませんでした。部屋干しは嫌いなので、なんとかある服でやりくりしたもの、もう限界ッス。


内地南部では、“天気”という言い方じゃ生ぬるいほどの台風が直撃したようです。


台風1号:死者21人、土砂崩れで被害拡大(中国情報局)

<引用>
中国に大きな被害をもたらした台風1号「チャンチー」は温帯低気圧へと変わった。台風1号の通り道となった広東省と福建省では21人が死亡、4人が行方不明になっている。19日付で人民日報などが伝えた。


「珍珠(チャンチュー)」にするか「[ロ那][ロ宅](ナチャ)」にするかで話題になっていたこの台風1号。結構前から香港を直撃しそうだ!と大騒ぎしていましたが、結局的に香港を逸れて、都市部での混乱は避けられた模様。

ここでは21名死亡となってますが、例によって正確な被害者数はまだ把握出来ていないようです。内地の報道も媒体によってまちまち。ともかく、人命救助を率先して復旧を図ってほしいものです。





こんな目にあったら家中の物を洗濯しなくちゃいけないので、尚更青空が恋しくなります。どうにもならないものはクリーングに出しましょうか。


※繁体字表示です。
重量上げチャンプで垢擦り工員の鄒春蘭、北京でクリーニング技術を学ぶ(組図) (中華網)

<引用>
「北京での生活は常にクリーニング技術を学ぶことでした。更に重要なのは大会に臨む自信を付けたことです。」と、明日クリーニング技術学習生活を終えて北京を離れる全国女子重量挙げチャンピオンの鄒春蘭(ヅォウ・チュンラン)は、記者に対しこう話した。


重量上げチャンピオンでありながらも貧しい生活を強いられている長春の鄒春蘭(ヅォウ・チュンラン)選手。この辛い境遇も元を正せば、重量挙げ競技の成績が良かったせいで訓練に没頭、学業を疎かにしたまま競技では好成績を残すも、終ってみれば重量挙げチャンピオンに入る収入は少なく、結局働くしかないとなってみれば、低学歴で見入りの良い仕事にはありつけない・・・、という、経済的成長の著しい格差社会の悲劇に陥ってしまったが故のようです。


※繁体字表示です。
重量挙げチャンピオン垢摺り工事件追従(同・中華網/特集ページ)



自らの境遇の不公平さをアッピールしようと、何かとメディアへ働きかけてきた鄒さん。その効果があって全国婦人連合の計らいで北京にクリーニング技術の勉強に来ることが出来たと。

鍛えた腕力で垢摺り工としても一流だったのかと思いますが、ここでクリーニング技術を習得し、地元でお店でも開ければ良いのですが。。。道は遠いか・・・。
posted by DHS at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国/香港/台灣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

黄金周:海外旅行の10大心得

ようやく黄金周になりました。とかいっても、やることといえば掃除とか洗濯なんですけども。


※繁体字表示です。
外出して旅行する十大健康な規則(東方網)

<引用>
現在"メーデー"の黄金周に旅行しようとする人は益々増えています。遊びが楽しいことは当然重要だが健康であることは根本的な問題で、観光に行って病気になることを望む人は居ない・・・。気持ちが楽になれば病気に対しての予防も緩み、大きいバックを持って外出するなら身に付けて少し警戒することを忘れてはいけません。


今年の“五一”黄金周は例年に比べれば遠出する人が少ないようですが、それでも汽車は混雑し、ニセ切符も繁盛し、天安門では友達と逸れ、香港じゃ内地人がニセモノを掴まされたりしてるようです。この辺りはいつもの風景ですね。

なので、ここで改めて遠出する際の心得を確認しましょうと。結構なことです。



守則一:預防注射不可少(予防注射は足りなくない)
・・・行き先の情報に合わせて予防接種をしたり、薬を所持しましょう。例えば流感疫苗(インフルエンザ)、A型及B型肝炎疫苗、破傷風、白喉等疫苗(ジフテリア)など。

守則二:多喝水(水をよく飲みましょう)
・・・水分補給は伝染病予防や高血圧、缺血性心臟病患者には重要です。

守則三:長途乘坐飛機,應適時運動身體(飛行機での長距離移動時は、適切な運動をしましょう)
・・・足のむくみや体のだるさを感じたら適切にマッサージや屈伸などをしましょう。

守則四:吃口香糖、打呵欠,可減少飛機起降時的耳鳴現象(ガムを咬んだり欠伸をすれば、離着陸時の耳鳴りを減らせる)
・・・風邪をひいてる人、慢性聴力障害、耳咽管功能不良患者は事前に医師の治療を受けましょう。

守則五:多洗手,避免生飲生食,或[石並]触野生動植物(良く手を洗って、ナマものは避け、野性動植物には触らないこと)
・・・旅行中に最も多いのはお腹を壊すことです。

守則六:抵達目的地後[日麗][日麗]太陽,可舒緩時差問題(目的地に着いたら陽に当たり、時差を緩和しましょう)
・・・体内時計は太陽の運行に合わせて調整されます。場合によっては少量の睡眠薬の服用もアリ。

守則七:睡眠充足,保持旅遊好體力,走太多路可熱敷減緩酸痛(睡眠を充分にとり体力を保持し、歩きすぎたら温湿布で筋肉痛を緩めましょう)
・・・ついつい行動的なるため、良く食べよく眠り、温浴やマッサージもすると良いでしょう。

守則八:做好防[日麗]及皮膚保養措施,留下美麗回憶(しっかり日焼け止めをして、思い出だけを残しましょう)
・・・暑いところへ行ったなら日焼け止めを、寒いところなら保湿をしっかりすること。

守則九:準備好足[多句]的藥物,必要時出國前先找醫師討論一下(薬を充分に準備して、必要ならば出国前に医師の検診を受けること)
・・・疾患がある人は医師と相談し、多めに二ヶ月分の処方箋を所持すると良いでしょう。

守則十:準備工作做得好,出國旅遊沒煩悩(準備が良く出来れば、快適な海外旅行になる)
・・・インターネットを使い、現地の気候、衛生状態などの情報を事前に得ておきましょう。




ここでは「心得」と書いてますが、記事中では「守則(規則)」です(苦笑。飽くまでも海外旅行を想定しての「守則」ですが、地元で生活している時も守っていただければ尚よろしいかと思います。
posted by DHS at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国/香港/台灣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月28日

中国エレベータ協会も悲観的:団地のエレベータ運転手の費用負担を拒否する住人たち。

例え女性でも、電梯司機(でぃえんてぃすーじー)とエレベータガールは本質的に違うようです。



※繁体字表示です。
所有者の8割が運転手のいないエレベーターを偏愛(新浪網)

<引用>
現在エレベーター運転手の採用試験に参加する人は既に3分の2近く減った・・・中国エレベーター協会:「エレベーター運転手が完全に消えてなくなることはあり得ない」。50センチ程度の小さい机、机の上には1杯のお茶、折畳みイス、これらは全て私たちにエレベーター運転手を思い出させることが出来る。都市の中で唯一つ上から下まで移動する運転手。かつて彼らは高層住宅の不可欠な構成部分だった。今また新しい団地が建つに従い、エレベーター運転手がますます少なくなっている。


幸か不幸か、電梯司機の居るエレベータに乗ったことがないので、その独特の佇まいは窺い知れないのですが、老行のひとつともいえる電梯司機が都会の団地から消えつつあるようです。

そもそも、何故に電梯司機が必要だったのかといえば、荷物の運搬や、戸内を清潔にする、老人への配慮、防犯など多面的なメリットを考慮してのことだったようです。

しかし、テーブルやお茶を持ち込んだ時点で清潔感は薄れるし、荷物運搬は搬入搬出用の専用エレベータで事足りる、防犯は今や監視カメラが充実してるし、プライバシーも侵される・・・となれば、わざわざ人を雇う必要もない。

・・・という理由で電梯司機が減少を辿るのは仕方ありませんが、「団地の住人の7、8割がエレベータ運転手分の管理費用を払いたくないから」と拒絶しているというところが切ないです。

団地の戸口数にも寄りますが、電梯司機分の費用など大した金額ではないはずなんですけどねぇ。
posted by DHS at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国/香港/台灣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

北京奥運:テロ対策として市内の大型モールへ人相識別システムを投入

こんな計画、今から公にしても良いのでしょうか。「ちゃんと対策を考えといてね〜」と言ってるようなモンじゃないのか。


※繁体字表示です。
北京オリンピックの保安計画を発表 大型モールに人相識別システムを投入(中新網)

<引用>
2008年の北京オリンピックはどのようにテロ事件発生を防止する? 人の顔を識別する技術を使い効果的に人員管理を解決できるようになる。これは人の顔の骨格を識別する先端技術を使って行われ、多数がどっと押し寄せるにも関わらず瞬間に撮影することが可能であり、決していかなる人も漏らさず例え顔の側面の1/5だけだったとしても、数秒内で“怪しい人物”を識別することが可能であり、整形や変装も誤魔化すことはできない。


相変わらずな書きっぷり!本当に頭が下がります。「整容、喬裝都不能矇混過關(整形や変装も誤魔化すことはできない)。」かもしれませんが、にんげんだもの、100%はあり得ないので、どんなに自信があったっとしても「整形や変装も見抜く事が出来るという」ぐらいな表現は出来ないものでしょうか。って、ソレが無理。





顔にペイントでもこんなにハッキリ!  ・・・って、こんな紹介でいいのか。。。




人が隠れるなら人の中というのは基本なので、テロ犯が紛れ込む可能性が非常に高い大型モールへの施策は大変結構な話なのですが、こんな風に遠巻きにカメラで監視するだけじゃ威力に乏しいので、結局はポイントポイントに特警なり公安なりを配置するワケで・・・。

ただのハイテク機器の無駄使いな気もしますけどねぇ。



記事では、この「人臉識別システム」が如何に素晴らしく、開発に手間がかかったかを延々と書き上げた上に、北京奥運の保安トピックス3点も紹介しています。


トピック1:“鳥巣”東側門将加寛(“鳥の巣”の東通用門を広くする)
・・・メインスタジアム“鳥巣”の東通用門前には川があるため、動線が複雑になり混雑が予想される模様。

トピック2:指揮中心控制全場(指揮センターは会場全体を制御する)
・・・(汗。会場全体を制御しない“指揮センター”というのがどこかにあるのでしょうか。

トピック3:市區“電子眼”要升級(市街区の“電子の目”をランクアップ)
・・・今や市街区の6割に監視カメラがついてるそうです、北京ったら。これを更に精密にするそうです。もちろん、テロ防止のためだけでは無いでしょう。



なるほど、この程度の保安計画なら今から発表してても問題ないですね。特筆するべきの新機軸はまだ出さないと。
posted by DHS at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国/香港/台灣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月22日

お疲れ!胡錦濤 艱難辛苦を乗り越えて、きっと良いこと・・・あるのでしょうか。

行く前からミソが付きまくり、シンドイ内容が予想されていた胡主席の美国訪問ですが、正しく艱難辛苦の旅路となってしまったようです。


中国国家主席、人民元改革と貿易問題で一段の対処を約束(4/21付:YAHOO!トピックス-ロイター)

<引用>
訪米中の胡錦濤・中国国家主席は20日、ブッシュ米大統領との会談で、人民元改革で一段と対処していくと約束した。胡主席は、中国は人民元改革にすでに着手しており「改善に向けて今後も努力を続けていく」と語った。ただし時期など詳細については明らかにしなかった。胡主席はまた、貿易面で一段の対応を図るとともに、中国は過剰な対米貿易黒字を求めないことを約束した。一方、ブッシュ大統領は会談後、中国が米中貿易環境の改善に向けて人民元の一段の上昇を容認するよう期待している、と述べた。胡主席は、中国はこれまでも貿易環境改善に向けて、ある程度の措置を講じていると強調。今後とりわけ米国製ソフトやDVDの違法な著作権侵害の阻止に努めていく、と語った。また中国が追求しているのは国内需要拡大策であり、過剰な貿易黒字ではないと指摘。米中貿易摩擦は「対等な立場」による話し合いで解決可能、と述べた。さらに米国に対し、対中貿易赤字削減の手段としてハイテク輸出規制の緩和を求めた。


歴代国家主席の作法に則ってマイクロソフトを訪問して笑顔、スターバックスで笑顔、前乗りしてた鉄娘子・呉儀は全米各地でビジネスを成立させ、お土産いっぱいで臨んだ首・会議の内容がコレ↑だけだったら、泣けて泣けて堪らないでしょう。

そうでなくても、ホワイトハウス前で稀に見る抗議デモが起こったり、スピーチ中に抗議されて動揺しちゃったり、ブシュに袖掴まれたり、国名は間違われえるわ、歓迎の祝砲も予定より少ないわ・・・。羅列するだけでこっちが哀しくなってきます。



中央に甘い日本のメディアも、流石に今回の米中会議が遜調だったとは書けなかったようで・・・。

胡主席、貿易不均衡の是正を強調 米中首・会談(4/21付:朝日新聞)

<引用>
ブッシュ米大統領は20日、胡錦涛(フー・チンタオ)・中国国家主席との会談で、人民元のさらなる切り上げを要求した。巨額の対中貿易赤字に対する中国側の改善策も求めた。胡主席は「極端な貿易黒字は追求しない」と明言し、貿易不均衡の是正に取り組む考えを強調した。また、平和的解決を目指すことで一致したイランの核開発問題では、ブッシュ大統領が制裁の必要性に言及。胡主席は慎重な姿勢を崩さなかった。


米中首・会談:胡主席、変動幅拡大に難色 米の要求に応じず(4/21付:毎日新聞)

<引用>
20日の米中首・会談に先立つ歓迎式典で、中国の胡錦濤国家主席は人民元の改革継続を表明し、ブッシュ米大統領もそれを歓迎した。しかし、中国は国内経済実態に合わせて段階的に見直す姿勢を崩さず、人民元対ドルレートの大幅切り上げを求める米国の要求には応じない見通しだ。米国は首・会談の結果を受けて、中国を「為替操作国」に認定する可能性もあり、中国は一段と難しいかじ取りを迫られそうだ。


と、ひとまずアメリカの要求に毅然と対応したことを強調するに留まっています。もとより、今回の首・会談で前進するような何かがあったわけではないのですが、胡主席ももうちょっと敬意を表してもらえると思っていたのではないでしょうか。



とはいえ、どんな内容でも内地では「大成功!」をアピールするワケで、結局シンドい思いをするのは主席本人だけなのかも。

米中首・会談、新華社が評価「実務的な会談」(4/21付:中国情報局)

<引用>
中国の胡錦涛・国家主席は20日、ホワイトハウスで米国のブッシュ大統領と会談した。中国の国営通信社である新華社は、「双方は、米中関係及び共に関心を持っている重大な国際問題や地域問題について、実務的かつ建設的な会談を行い、重要な共通認識を得た」と評価している。


新華社が評価=自画自賛。これが分からない人民は居ないでしょうが、今回の会談に何か期待してた人も居ないでしょうから、気にならないでしょうね。



さて、胡主席はエール大での講演で訪米スケジュールを全て終え、意気揚々とサウジ入りした模様。ココからは本領発揮!苦手な中東勢にひるまずにいろんなモノをばら撒いて首尊っこを捕まえまくるでしょう。その手腕を楽しみにしておきます。

※繁体字表示です。
中国は政治改革に外国を損考すると願う(星島日報)

<引用>
胡錦涛国家主席は香港時間の本日夜明けにエール大学で演説をし、2つの書面質問に答えた。彼は中国は1人当たりのGDPが依然として世界100位以下であることを指摘し、中国は平和的発展の道を歩みいかなる人々の脅威にはならないと語った。また中国は外国の政治様式を模倣することはありえないことを強調し、異なる文明を排斥するのではなく互いに損考にすべきだと呼びかけ、同時に中国政府が100名のエール大の教師と学生に、今年の夏に中国訪問へ招待すると宣言した。


切ないというか、調子が良いというか。不會他搬外國政治模式と言いつつ、願意借鑒外國政治制度ですからね。んん?逆か?


ちなみに、このニュースは日本の新聞でも多数取り上げられていますが、何故だか「中國人均GDP[イ乃]排在世界一百名之外」の部分に言及してるものはなく、これまた意外なコトにTBSのnews-iだけがこの部分を原稿に入れています。

胡主席、中国は誰の脅威にもならない(TBS News-i)

<引用>
中国の胡錦濤国家主席は21日、4日間の訪米の締めくくりとなるスピーチを行い、中国は平和的発展の道を歩み、世界の脅威にはならないと強調しました。「中国の発展は誰の脅威にもならない。皆と協力のパートナーになることを希望する」(中国 胡錦濤 国家主席) コネティカット州にあるエール大学で行われたスピーチで胡錦濤主席は「中国は一人あたりのGDPは世界で100位以下で、解決しなければならない矛盾や問題がある」としたうえで、「中国が成長を続けるためには、平和的な国際環境が欠かせない」と訴えました。アメリカでは中国の急速な経済発展や国防費が伸び続けていることなどを背景に「中国脅威論」が高まっていますが、胡主席は訪米中に繰り返し、中国は平和で安定した環境を必要としていると訴え、脅威論の打ち消しに努めました。


講演内容としては予想の範囲内ですが、「中国は一人あたりのGDPは世界で100位以下で、解決しなければならない矛盾や問題がある」けれど、15年以内にボーイング機を2000機買う予定なんですよね・・・?なんていう質問は、当然ながら許されるべくもなく・・・。


中国主席がボーイング工場訪問 経済協力強化の呼びかけも(4/20付:CNN)


<引用>
−中略− 胡主席はボーイング社工場で、「ボーイング社の中国への協力は、米中両国が貿易面で達成した、双方の利益やメリットとなる協力関係の実例だ」と述べるとともに、中国の新たな航空機需要が今後15年間で2000機に達するとの見通しを示し、貿易不均衡の改善に努力する姿勢を表明した。中国当局者は先日、ボーイング社に737型ジェット機80機(52億ドル相当)を発注したことを認めている。 −中略−


飛行機が足らないのは確かでしょうが、もっと他に予算を投入すべきところがあるでしょう。そっちの方は「八栄八恥」でなんとかなると本気で思ってたりしないですよねぇ。



posted by DHS at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国/香港/台灣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

重慶:五一祝日に露天浴場を無料開放 但し撮影厳禁。

そろそろGWですね。毎年ながら・・・何にも予定がありませんが、、、(T_T)。


※簡体字表示です。
重慶:露天浴場をメーデーに無料開放 写真撮影は禁止(図) (華商網)

<引用>
重慶一の大型露天浴場・芙蓉江天體浴場は“メーデー”前に開放の予定である。観光客は原生態の青々とした山や川を見ながら野カモ、オシドリと一緒に水浴びが出来る上に、国家一級稀少動物の黒葉ザルも見れるかもしれない。昨日、武隆県芙蓉江観光地区総マーネジャーの羅大林は、浴場内には男女のパーティションを設け、写真やビデオの撮影は禁止。同時に水に入る気の無い“打望者(見たい人)”はお断りだという。


内地で「浴場」といえば大概は木桶に浸かる<風呂>か、水着を着用して入る遊泳場となります。この芙蓉江では上流に岩場に囲まれた気密性の高い場所があり、地元の住民は夏場にそこで裸で沐浴するのが習慣になっているのだそうです。

もちろん、芙蓉江天體浴場には露天風呂だけでなく純粋に水浴びをする場所もあるようです。そのロケーションが余りに素晴らしいが故に、入浴しながら風景を撮影する人もいるのでしょう。

それとも、「打望者」お断りというからには気密性が高く男女のパーテーションが合ったとしても覗き見れる場所があるということなのでしょうか。
posted by DHS at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国/香港/台灣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月15日

上海:マダムタッソー蝋人形館分館 オープンを控え第一陣を搬入。

あひゃひゃひゃ!!!これは凄い!そっくりです。

※簡体字表示です。
葛優(グゥ・ヨウ)の蝋人形、上海街頭を漫歩する(組図)(北青網)

<引用>
マダムタッソー蝋人形館の上海分館は新世界ビル10階に入り、面積約9000平方メートル。人形館所蔵の有名人蝋人形の搬入第一陣にはベッカム、マイケル・ジョーダン、アルバート・アインシュタイン、ダイアナ妃などの海外の有名人や、“中国特色”として、中国初の宇宙飛行士・楊利偉、ノーベル賞受賞の楊振寧(ヤン・ジェンニン)博士および、ジャッキー・チェン、劉徳華、周傑倫など、全部で20数体である。




連行中じゃありません。



葛優、似過ぎ。




以下、搬入第一陣のメンバーは、

姚明、劉翔、デビッド・ベッカム、マイケル・ジョーダン、トウ亜萍(トウ・ヤーピン)、郭晶晶、周傑倫、テレサ・テン、梅艶芳、謝霆鋒、ブリットニー・スピアーズ、ジャッキー・チェン、劉徳華、トム・クルーズ、アルバート・アインシュタイン、ダイアナ妃、ウィリアム王子、楊振寧、楊利偉、杜莎夫人、ビル・ゲイツ

だそうです。

予想通り姚明、劉翔は来ましたね。晶晶ちゃんも手堅かったか。まだ第一陣ですから、目玉は後の方かもしれません。



世界で6番目のマダムタッソー蝋人形館、来年上海に分館をオープン。
posted by DHS at 23:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 中国/香港/台灣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

文革40周年:北京・文革レストランは大盛況

今日は週末なので、軽い感じのネタで終了します。

※繁体字表示です。
北京の文革レストラン 辺り一面に紅色(星島日報)

<引用>
中国が「文化大革命」を始めて40周年、終焉を迎えてから30周年となる。文化大革命の歳月を経験した胡さんという商人は昨年末に北京東郊外で1軒の「紅色経典(ほんすーちんでぃぇん)」という文革をテーマにしたレストランをオープンさせ毎日盛況である。



毛沢東思想万歳万万歳


店内には毛沢東の肖像が掲げられ、BGMには「東方紅」などがガンガンにかかるそうです。試しに入ってみるのも一興ですが、落ち着いて食事をする雰囲気ではありませんね。

紅衛兵の扮装をした店員さんがサーブするのはもちろん、いきなりシュプレヒコールが巻き起こったり、お馴染みの舞踏や旗を振り回す表演などもあるようです。このテのレストランは湖南料理というのが定番ですが、ここ「紅色経典」が何料理なのかは記載がありません。どうなんでしょう?

他の画像はここでどうぞ。
※簡体字表示です。
北京歌頌文革的“紅色經典”餐廳(圖)(博訊-新聞網)



そういえば以前老師が、お友達(日本人)が内地に行ったときに探し回ってようやく古道具屋で買い求めたという「毛沢東語録」を見せてくれたことがありました。



いい具合です。強く握られていた模様。



毛主席の肖像は美少年風。



「これは<紅寶書(ほんばおしゅー)>とか<小紅書(しゃおほんしゅー)>と呼ばれていました。」
「老師もこれを振って行進しましたか?」
「私は小さかったのでしていません。」
「(汗)」
「内容も昔のものなので、今読んでも分からないところもあります。」
「そうですか。」
「昔の思想を勉強していないと、分からないところがあります。」
「へぇぇ〜」

と、「昔のこと、もの」であることを強調する老師が、なんとなく切なく思われたものでした。

posted by DHS at 23:57| Comment(2) | TrackBack(1) | 中国/香港/台灣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月03日

国際ニュース写真大会:フォトショ合成の爆破シーンで金奨獲得

スミマセン・・・。ちょっとサボちゃいました(大汗。



※繁体字表示です。
中国国際ニュース写真大会 金獎作品はフォトショ合成(図)

<引用>
3月21日〜24日、3日と半日を掛けて、第2期中国国際ニュース写真大会“華賽”の選考委員会は全ての賞の選出を完成させた。審査委員たちは77の国家・地区の2.7万数枚のニュース写真作品のから128枚(組)の受賞作品を選出し、その中から16枚(組)が各種金奨を得た。経済科学技術部門の金奨受賞作品「中國農村城市化改革第一爆(中国農村都市化改革の第一破)」は2005年5月22日深セン市對皇崗口岸付近の町の改造爆破の様子を記録したものだ。 この作品の作者・深センの林勤は大会後取材を受け「この写真は映像の言語で話をして、富んだ画面の衝撃力の‘瞬間の米’は審査委員(会)を動かした。」と語った。しかし、この金奨作品が公表されると網友たちは論争を引き起こした。朝刊記者が西祠胡同の“記者之家”や“新聞之壁”などの“圈内論壇”を見ると、「中國農村城市化改革第一爆」は網友がよく使用するソフトを使い合成していることを指摘されており、網友は受賞者は以前このソフトで同じ内容の画像を合成して発表していたことが発覚し、直ちに同業者の間で話題になった。



なかなか豪快なくっつけ具合です。



こちらが元ネタ。って、これもどうかと・・・。




大会と作成者の林勤さんの名誉のために言えば、記事に添付されている画像は元の合成画像を更に調整しているものと思われます。とはいっても、一目見て「無理過ぎじゃない???」とも思われるこの構図(苦笑。一切の疑問も抱かず金奨に選出してしまった審査員達の面目は丸潰れでしょう。


西祠胡同などのフォーラムで指摘されていた<合成疑惑>ポイントは、

1)照片上樓房為何出現位移?(なんでビルが移動しているのか?)
 ・・・移動しているという表現がナイスです。

2)照片上為何出現多處“神秘物體”? (なんで上の方に「神秘的な物体」が?)
 ・・・“神秘物體”! これまたナイス。完全に面白がってます。

3)為何原照片三人署名而參評後僅一人獲獎?(元の写真は3人の署名だったのになんで受賞は1人なの?)






(ノ∀`) アチャー





朝刊記者の鞏さん曰く、「一幅照片三人署名,我們《華商報》從來沒有過。如果是文配圖,可能聯合署名(1枚の写真に3人が署名するなど我々《華商報》ではありえない。文配図だったなら共同で署名するかもしれないが)。」って、キツい事言いますね(笑。

ちなみに、林勤さんはちゃんと事情を説明して“華賽”組織委のお沙汰を待ち、その指示に従う旨、既に公表しているのだそうです。
posted by DHS at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国/香港/台灣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月31日

台湾:粛々とパンダ拒否を示唆 中央のメンツ潰れるも未だ正式コメント待ち。

元々このような結果に落ち着くしかなかった話なのですが、いざ「拒否」と明確に表示されると、「むぅう!凄い!」と思ってしまうのは何故なんでしょうか。


<パンダ>台湾が受け入れ困難と結論 事実上の受け入れ拒否
(YAHOO!トピックス-毎日新聞)

<引用>
中国が台湾への贈呈を提案した2頭のジャイアントパンダについて、台湾行政院農業委員会(農水省)の諮問会議は31日、「現段階ではワシントン条約に沿うことが出来ない」として受け入れは困難との結論を出した。台湾当局が最終決定するが、結論が覆る可能性は低く、事実上の受け入れ拒否となった。パンダは昨年4月に台湾の最大野党・国民党の連戦主席(当時)が中国を訪問、60年ぶりに国共トップ会談が実現したことから、中台融和の証しとして中国側が贈呈を表明した。今年1月につがいを選定し、中国国内の公募で「団団(トアントアン)」「円円(ユエンユエン)」と名前も決まっていた。だが、ワシントン条約で絶滅の恐れのある種に指定されているパンダは移動が厳しく規制され、輸出国および輸入国の双方が署名する証明書が必要となる。陳政権はワシントン条約に基づかない受け入れは「一つの中国」を認めかねないとの姿勢を崩さず、中台間で「国際取引」か「国内移動」かの駆け引きが行われていた。陳水扁総統は23日、自らのウェブサイトに「贈り物にされるパンダはうれしくないだろう。パンダの生存の権利を奪ってはならず、自然に戻すことを中国政府に呼びかける」との文章を掲載し、受け入れ拒否の姿勢を示していた。



※繁体字表示です。
臺“農委會”拒受大熊猫 島内批評將其政治化(新華網)




「…島内批評將其政治化」って(苦笑。

内地では今のところは台湾政府発表のままを報道していますが、これに対して中央の誰がどんなコメントを出して来るのか、楽しみです。
posted by DHS at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国/香港/台灣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月28日

国家版権局:昨年末までに政府部門が使用するソフトは正規版に変えました。

本来ならグティエレス商務長官には輝かしい成果を見せつけたかったのでしょうが、残念でした。

中国政府幹部「海賊版の撲滅、一晩では無理だ」(3/27付:中国情報局)

<引用>
国家版権局の閻曉宏・副局長(写真)は27日午前、公安部や税関の幹部とともにDVDなどの海賊版に対する取り締りの成果をアピールする記者会見を開催した。この中で閻・副局長は「一晩で海賊版を撲滅することは非常に困難」との考えを示した。中国新聞社が伝えた。


取締りの成果をアピールしなければいけないのに、泣き言を言ってしまうとは感心しませんね。って、、、これが正しいのか。イカンイカン、孔泉だったらこんな風には言わないぞ!とか思っちゃいました。


※繁体字表示です。
合法企業14社が海賊版生産で業務停止 昨年は1億を越える違法CD-ROMを検査で押収(雅虎香港-明報)

<引用>
国家版権局局員は、海賊版の生産活動に参与していたとして、重慶、広東や北京などの合法的なCD-ROM製造会社14社を、許可証の撤回又は休業(廃業)として整備したと昨日承認した。2000年から去年まで、中国は4.57億件の海賊版画像CD-ROMを押収、昨年だけでも1.06億件の海賊版製品を押収した。この他に、上海では今月末に知識産権保護フォーラムを開き、各国は上海宣言を通じ、国を跨いだ知的所有権侵害の犯罪撲滅に提携するという。


これも切ない会見ですね。高らかに成果を発表しても、「外國記者在會中質疑,既然中國政府自稱在打撃侵權及盜版光die方面做了許多工作,為什麼盜版光die[イ乃]氾濫到「從國新弁出去5分鐘之内就能買到?」(外国記者は会見中の質疑で、「中国政府は侵権及び海賊版CD-ROM撲滅方面で多くの仕事をしたと吹聴しているが、なぜ依然として海賊版が氾濫し、国務院報道弁公室を出て5分以内で買う事が出来るのか?」と質問した。)」なんて聞かれちゃってます。

それでも、「國家版權局和信息産業部、商務部正聯合進行大型企業軟件正版化的工作方案,要求在中國的大型企業,包括國企、合資、外資、獨資企業,在一定時期内完成所用軟件全部正版化。(国家版権局と情報産業部、商務部は共同で国営企業、合資、外資、独資企業を含む大型企業に対し正規版ソフトを使用するように要求し、一定期限内で全て正規版に変更させたと表している。)」のですから、地道にやってはいるんです。

ん?「國企」というのは? ま、ここはスルーしておきましょう。


※繁体字表示です。
政府使用ソフトウェアはすべて正規版 (新浪網-明報)

<引用>
国家版権局副局長の閻暁宏は昨日、海賊版ソフト使用問題について中国政府は一連の積極的で効き目のある措置を取っており、昨年末には政府の各部門の使用する正規版ソフトを完備終了したと語った。


これまた高らかに発表する内容とは思えませんが・・・。昨年末までかかっちゃいましたか。これは1.06億件の海賊版CD-ROMとは別扱いですよね、きっと。
posted by DHS at 23:42| Comment(0) | TrackBack(1) | 中国/香港/台灣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

記録片『靖国神社』:監督自ら製作資金の投資を呼びかける

もたもや国策モノか!?と思ったんですけど、それなら内地のメディアがスルーしないですよね。

※繁体字表示です。
『靖国神社』の監督は撮影資金を募る(大公網)

<引用>
香港亞洲電影投資会で慣例を破り一部分を上映した未完成の記録映画、その名も『靖国神社』。監督の李纓(リ・イン)は日本滞在の中国系の映画監督で、彼のこの記録映画の撮影のために8年の歳月を費やし、後半の製作資金を作るため投資元を探している。香港中通社3月24日のニュースによると、近年、日本の首相が「靖国神社」を参拝するため、絶えずアジアの隣国と日本国内からの反対に遭い「靖国神社」がきわめて敏感な話題になっている。それは一体どんなところなのか?どんな人が何のために、いつどのように参拝するのか?参拝者の究極の目標は何なのか?またどんな人がなんのために日本の首相が「靖国神社」を参拝することに反対するのか?



李纓(リ・イン)監督は内地でTVディレクターとして活躍した後日本に留学し、そのまま在日しながらNHKやテレビ朝日でドキュメンタリー番組の制作に携わっているそうで、既に「2H」や魯菜伝人の「味」などの劇場作品も監督している方です。

2H(ニエイチ)
「味」公式サイト

この2作品ともに<日本の中の中国人>にフォーカスした作品で、<国策映画>としてドキュメンタリーを撮影しているワケでは無さそうです。


今回、香港亞洲電影投資会で一部が上映されたという『靖国神社』も、多分に参拝に来る老人達をメインに捉えているものであろうかと推測されます。

李纓監督は、1997年に靖国軍人会で行われた「南京問題六十周年研討会」の撮影に訪れた際、会場で記録映画「南京」が上映され南京占領の万歳シーンが流れた時に一部の人が拍手をしたことに大変驚いたそうで、これがキッカケになって『靖国神社』を撮ってみようと思ったのだそうです。

日本の映画界ですらタブーとして触れたがらない題材を、8年かけて<春><夏><秋><冬>とそれぞれ1時間分ほどの素材を撮り溜めたそうで、この中から近々鳳凰衛視で<夏>の部分を放映する予定があるとのこと。

また、香港亞洲電影投資会に参加していた日本片商の関係者は『靖国神社』の写真を見て震撼し、東京国際映画祭での上映チャンスがあるかもしれないと表したそうです。

資金が集まり、編集作業が上手く進めば今年の映画祭に掛かったりするかもしれません。ここはひとつ『靖国神社』の動向に注目しておきたいと思います
posted by DHS at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国/香港/台灣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

祝日本初代王者! これぞ日本の“鐵三角”! 台湾メディアも1面に。

おめでとう&ありがとう&お疲れ様でした!


日本が世界一! キューバ撃破でWBC初代王者に(MAJOR.JP)

<引用>
王貞治監督率いる日本は20日、国別対抗戦「ワールドベースボールクラシック(WBC)」の決勝戦でアマチュア最強軍団のキューバと対戦。初回に4点を先制するなど5回までに6点を奪えば、その後キューバに1点差に詰め寄られたものの、9回にイチロー外野手(マリナーズ)のタイムリーなどでキューバを突き放し、10−6で勝利。メジャーリーガーが初めて参戦した真の「世界一決定戦」で見事初代王者に輝いた。


私、正直あまり野球に詳しくありませんので、キューバがどれぐらい凄いのか知らない上に、今日の試合がどう良かったのかよく分からない(大汗)のがツライところです。。。

世界一となると、さすがの内地でも新華社配信の速報を掲載したところがあったようです。当然の如く人気ポータルでは軒並みスルーですが。


※簡体字表示です。
日本隊、第1回世界棒球精英比賽の優勝を奪い取る(解放網)

<引用>
新華社ワシントン3月20日電(梁希儀記者)日本隊は20日に米国で行われた世界棒球精英賽(*WBC)決勝戦で、10:6でオリンピック優勝者のキューバ隊を打ち破り、優勝を奪い取った。日本隊は初回に4:0とリードし、その後またキューバ隊の猛反撃を受けたが、遂に38回目の対戦で4回目の勝利を獲得した。日本隊は準決勝で6:0と韓国隊に快勝し、キューバが3:1でドミニカ隊を淘汰し日本との決勝戦の資格を得た。今回の世界棒球精英賽は3月初めに始まり、16ヶ国の参加チームは4つのグループに分けて第1段階の予選を行い、各グループの上位2ヶ国が第2段階の8強試合に進み、その中から4ヶ国が準決勝の資格を得た。中国の野球チームも今回の試合に参加し、日本、韓国と中国台北隊とアジア地区のグループに入った。結果、中国隊は地区予選で3戦3敗と勝ち進むことができず、日本隊と韓国隊が出場権を獲得した。


シンプルですが、なかなかどうしてちゃんと報道しています。自国の不甲斐ない成績にまで言及するとは立派です。


さて、野球に対しては熱い台湾はどうでしょう。


※繁体字表示です。
〈WBC〉大会頭尾攻勢 日本が初代王者に(蕃薯藤sports)

<引用>
−中略− 日本は今回、世界の野球の強豪キューバの手から優勝を勝ち取ることが出来たが、これは日本の国際史上最大の勝利だ。たとえ5戦3敗と見たところ綺麗な戦果ではなくとも、様々な場面で勝利を求める驚異的な意志が現れていた。キューバは願い通りに優勝することはができなかったが、何度も大聯盟球星(メジャーリーガー)を擁するチームを破り、絶対にメジャーリーグを擁する国が制覇するとは限らないことを証明した。 −中略−


むぅぅ!熱い!勝った日本でさえも「今回のルールってどうよ?」と思ってしまうのですが、「即便5勝3敗戰績看起來並不漂亮,卻場場展現驚人的求勝意志」って。。。なんだかとっても嬉しいですね!

しかも、日本の“鐵三角”まで決めてくれました(笑。


日本の鐵三角 松坂、鈴木、王貞治(蕃薯藤-TVBS)

<引用>
三振三振また三振。松坂は速球と変化球を使い分けキューバ打線を寄せ付けなかった。松坂は日本を世界一位の玉座に引率し、8強予選から決勝戦まで戦った。松坂は台湾、メキシコとキューバに登板したがこの3試合を振り返れば少なからず松坂の失投もあり、手をぶらぶらさせ歩く松坂の態度は大聯盟(メジャーリーグ)の顔色も変えさせた。連続8試合安打の鈴木一朗の安打王の肩書きは伊達じゃない。大会前に「韓国30年」発言をしたイチローは、途中2度もスッポンを食べてしまった。彼は怒り人を避けて独りバーで酒を飲み憂さを晴らし優勝の座につきまた雪辱も晴らした。 日本隊球員鈴木一朗は「オリンピックとは違いWBCが世界チャンピオンを決定する大会、これにはどうして参加したい。」と語った。 もちろん英雄はまだいる。監督の王貞治。いつも一番に跳び出して選手のために拍手喝采する王監督、人々は彼が舌を鳴らしたり言い立てたりする珍しさに感心した。王貞治はチーム全体の士気を高め、鈴木一朗は率先して前へ突き進み、更に松坂がマウンドを固めた。3人は日本を世界最高峰に推し進めることに貢献した。



王監督はフルネームです。当然!


モト記事中の松坂の坂が版になっているのはご愛嬌。あちらでは「坂」の字はほとんど使わないので仕方ありません。この3人こそ“鐵三角”!これには異論は出ないでしょう。

しかしながら、この記事中に使われている「連克(リェンクゥ)」「連liu手(リェンリゥショウ)」「吃bie<スッポン>(チィビエ)」なんかの意味がイマイチ理解できていないので、上記の訳文も微妙です(汗。



それにしても「揚言要韓國再等30年」って。。。
結局、この発言は韓国に向けて放たれたことになってしまったんですねぇ。


※繁体字表示です。
世界棒球經典賽(蕃薯藤運動網)
posted by DHS at 23:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 中国/香港/台灣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

杭州:青空お見合い大会に単身者6000人が集う。

日本は決勝戦進出となったようですね。おめでとうございます。この試合、ちょっとみてたんですけど、3回ぐらいまでで全然点が入らないんで見るの止めちゃいました。スミマセンでした。


※簡体字表示です。
杭州:6000名の単身男女の西湖湖畔で“結婚相手を探す”(組図)

<引用>
3月19日、“縁系西湖・和諧杭州”の公益交友大会が西子湖畔の杭州植物園で行われた。浙江省の女性児童活動センターが主催した今回の活動趣旨は社会の関心事である単身者グループの結婚・恋愛を目指し、約6000人の単身者と同行者が集まった。調査によれば、杭州市では現在既に30〜50歳の単身者が20万人を突破しており、年を取った未婚者、シングルマザーと外来就労者などの人たちの交友は難しいという。結婚・恋愛の難問題はとりわけ際立っている。


6000人も集まりましたか!!これだけ居ても全然良いお相手が居ないというワケではなく、単に好みに合わないだけなのかもしれませんけど。



自作の<愛の歌>を歌ったり。


社長のために頑張る社員



自作の情歌を歌ってアピール方、これじゃあ怖過ぎです(笑。ラブソングというよりも、何かの檄文でも読んでそうな感じ。また老板さんの方は自分は都合で来れなかったのか、それとも社員たちが気を利かせたのかは分かりませんが、何にせよ、<老板>であることが一番のアピールポイントなんでしょうね。
posted by DHS at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国/香港/台灣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

奥運を控え考察:日本は着物、韓国はチョゴリ、じゃあ中華の「国服」は何?

一瞬、「あれあれ?今年のAPECってベトナムだよね???」とか思っちゃいました。どうやら奥運の入場行進時の格好を今から気にしている模様。


※繁体字表示です。
中華「国服」はどんなものであるべきか?(大公網)

<引用>
上海で開催されたAPEC会議では国内外の指導者が素晴らしい中国服姿を披露した。少し前まで内地の市民は自発的に「漢服」を来て、大通りの騒ぎの中をぶらぶらしていたものだ。関連して、中国人は自分達の「国服」が何であるべきか、また「国服」はどんな模様であるべきかという討論が止んだことがない。本日午前、東華大学で「国服・・・国家を形象する装い」フォーラムが開幕した。これは中国内地のファッション文化と学術界による「国服」についての、大規模で高レベルの専門学術研究活動である。会議に参加する様々な専門家の間でも、中華国服は伝統的且つファッション的で、豊富で独特であるべきという見解だ。



上海でAPECが開かれたのは2001年でした。江沢民体制の終盤だった頃ですね。

APEC2001(外務省)


笑顔は薄め。


この時はハデな金模様の入ったシルクの唐装(とんぢゅあん)でした。これはこれで全然良いと思いますが。実際、今回のフォーラムでも代表的な中国の服といえば「唐服」や「旗袍(チィバオ)」であることに異論はないようですが、それだけじゃないぞという気概もあるそうで。

しかも、悩ましいのは旗袍。俗称:チャイナドレスはその華麗さ、セクシーさが大ウケして世界的にもファンの多い装いなのは結構なのですが、あまりにウケ過ぎたせいか、禮儀小姐や迎賓小姐、ホテルや娯楽場での女性サービス店員の制服になってしまっていたりするために、最早「国服」というにはちょっとバツが悪すぎる、という意見があるのだそうです。

いいじゃん、別に(苦笑。全然バツが悪いとは思いませんけどねぇ。深く入ったスリットが気になるなら、下に[ネ庫]子を穿いた枯娘スタイルにすれば正装っぽさは無くなるけどセクシーさはちょっと和らぐでしょう。・・・って、それじゃダメか。

その上、「国服」は伝統的な正装であると同時に「國服應更具現代味(現代味を備えるべき)」ってんだから大変です。現代味ってどういうことですか?とりあえず、東華大學主催の「我心中的國服」デザイン大会で優勝した蘇州大学の研究生陶穎彦さんデザインの「水墨精神」という作品はコレなんだそうですが・・・。


如此「國服」(同)




!!!





むぅう。
まさか、これを胡錦濤主席が着ることを想定してるのか?



ちょっと見てみたい(笑。
posted by DHS at 23:37| Comment(2) | TrackBack(1) | 中国/香港/台灣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

お疲れ全人代 まとめ:アメリカとは前向きに、日本は反省すべし、我が国は既に責任を負う国家となった。

最近ちょっと政治寄りなエントリが多いかもしれません。。。


温家宝:日中関係、靖国問題解決なければ発展困難(中国情報局)

<引用>
5日から北京市内の人民大会堂で開催されていた第10期全国人民代表大会(全人代)第4回会議は14日午前、温家宝・首相が開幕式で行った政府作業報告及び2006年度の予算報告などを承認して閉幕した。閉幕にあたって開かれた記者会見で温・首相は、日中関係について「確かに多くの困難に直面しているが、これは我々が望まないものだ」「このような状況を引き起こした原因は中国にも日本国民にもなく、日本の指導者にある」と指摘した。また、「日本の政府指導者はA級戦犯を祭る靖国神社を何度も参拝し、中国人民及びアジア人民の感情を著しく傷つけた。この問題が解決されなければ、日中関係が順調に発展することは難しい」との見解を示した。さらに、「日中関係を発展させるためには、『歴史を鑑(かがみ)として未来に向かう』という姿勢を持ち、三つのコミュニケを遵守することが必要だ」と主張。その上で、両国関係をさらに進展させるために、政府間の戦略的対話を継続し、両国関係に影響を与える障壁を取り除くこと、民間交流を促し、相互理解を深め信頼を高めること、経済・貿易関係を安定して発展させ、双方とも利益を得る協力関係を拡大することを強調した。


※繁体字表示です。
中国は中美両軍関係の発展に積極的である(大公網)

<引用>
外交部のスポークスマン秦剛は14日、中米両軍関係の発展に対し、中国側は積極的な態度を持つと語った。新華社によると、秦剛は定例会見の席で、昨年10月の訪中期間にラムズフェルド国防部長はより一層中米両軍の交流を強化し、広範囲な共通認識の成立させると語ったという。これらの共通認識を実行するため、中米両軍は何度も協議や討論を行い、この基礎の上で今年の両軍の交流計画を形成する。秦剛は、計画の内容は豊富であり広範域に渡っているとし、既に行われている高いレベルでの交流に加え大学レベルでの交流や軍艦訪問も含まれていると語った。中国側は互いに利益を受け対等な協議のもとに米側との軍事関係を発展させることを望み、交流を通じて理解を深め、信頼関係を築き、友情を発展させ、相互協力を促進し、共に21世紀の中米の建設的な協同関係の発展を促進すると語った。


(ノ∀`) アチャー 随分差がありますね!ってか、凄く分かりやすいですよねぇ(笑。方や「靖国問題解決なければ発展困難」で、方や「交往増進瞭解,建立互信,發展友誼,促進合作」です。ここまで露骨に態度に表わしたらむしろ恥かしくなってしまうのでは?、と思うのは私がシャイだからでしょうか。


まぁ、全人代ってのは元々は内政メインですから、外交に関することは、台独関連以外は飽くまでも付けたしなんですけども。ちなみに、上記の中米関係に関する発表は日本国内の報道では取り上げられてないようです。それにしても、、、舐められ過ぎ。


さて、最近めっきりお疲れの温家宝は今日一日ずーっと会見に出ずっぱりで今会議のまとめを発表しまくってました。いつもながら良く働きますね!

※繁体字表示です。
■温首相の“三思”、“三決不”と“十大理由”

<引用>
中国の温家宝首相は14日、北京人民大会堂で国内外数百人の記者のために“疑惑を解き放した”。2時間以上続いた会見上で、温首相は大国が負う責任を“三思”、“三決不”と“十大理由”と説明した。


沢山ありますね。で、その“三思”とは何かといえば、

1)所以危則安(危ければ安ずる):危険は除去し、安全を保つ
2)所以亂則治(乱れれば治める):乱れは法をもって治める
3)所以亡則存(亡くすれば在らん):存在しなければ亡くなることも無い・・・?


スミマセン。3つめはこの記事に何も記載がなかったもので(汗。1)はモロ台独の件を指しているようですが、これ以外でも内包する危険の芽を早めに摘むことで安息を得たいということのようです。2)は、1)にも繋がっていますが、乱れには「法」という名の力を行使して治めていくぞ!という気合を感じます。


次の“三決不”の方はこの記事を見る限りだと、

1)知難不難(難しさを知り)
2)永不退縮(決して萎縮せず)
3)不言失敗(失敗を口にしない)→特に台独問題について。

のようですが・・・。果たして???



で。“十大理由”は、

一:中國的發展和穩定是對世界和平與繁榮的重大貢獻。
  (中国の発展と安定は世界平和と繁栄に対する重大な貢献である)
二:中國的發展不會給世界造成影響。
  (中国の発展が世界に影響をもたらすことはない)
三:中國奉行獨立自主的和平外交政策,願與所有的國家和平相處。
  (中国は独立自主の平和外交政策を遂行し、全ての国家が平和に共存することを望む)
四:中國堅持“與鄰為善”和“與鄰為伴”的睦鄰友好的周邊外交政策。
  (中国は“隣国の善を為し”と“隣国に伴い”の善隣友好の周辺外交政策を堅持する)
五:中國是國際體系的參與者和維護者。
  (中国は国際体系に参与し保護する)
六:中國是維護世界和平的、堅定的國家。
  (中国は世界平和を維持し堅定する国家である)
七:中國堅決反對恐怖主義和核擴散。
  (中国は断固としてテロリズムと核拡散に反対する)
八:中國加入WTO組織以後,切實履行自己的承諾。
  (中国はWTO参加以降、適切に自らの承諾を履行する)
九:中國自己雖然是一個發展中國家,但積極落實聯合國的千年發展目標。
  (中国は発展途上国だが、積極的に国連の千年の発展目標を実行する)
十:中國奉行的是自衛的國防政策,中國有限的軍費増長完全是為了改善軍隊的條件和提高自衛的能力。
  (中国が遂行するのは自衛の国防政策であり、中国の有限な軍事費の増加は完全に軍隊の条件を改善し自衛能力を高めるためのものである)




・・・。


ええっと、、、何の“十大理由”でしたっけ? ああ、“中國已經成為一個負責任的國家(中国は既に責任を負った国家になった)”でしたね。このような理由を羅列する精神構造が今ひとつ良く分かりませんが。それにしても、八とか九とか、、、凄いなぁ。
posted by DHS at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国/香港/台灣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

全政協:実行は悲観的ながらも<文革博物館>の建設議題提案出される。

またまた全政協から。最近、江湖ネタが薄味なもんで(ポリポリ。

※繁体字表示です。
文革博物館建設の提案、楽観できず(星島日報)

<引用>
痛ましい歴史を改めて考えるため、「文化大革命博物館」建設計画の議事日程を設けるようにと求めた提案が、全国政協委員40数名の署名により提出された。しかし、署名した全国政協委員の舒乙や陳漱渝は提案した議案の実行を得ることに対しては悲観的である。これは中国共産党指導者の毛沢東のイメージに大きく関わるためであり、毛沢東のイメージはまた中国共産党のイメージとしっかり相連なっていると考えている。


文革博物館といえば、去年の春節前に汕頭で公開されたのが記憶に新しいところです。

汕頭:ウワサの「文革博物館」見学レポート ・・・看板に偽りあり


現在存在するものでさえ、サラっと「反思這段慘痛的歴史」する程度で済んでいるぐらいですから、これから同じようなものをいくつ造ったとしても、さして体制に影響は出ないものと思われます。

それでも、何も無いよりはあったほうが良い。どうせダメだろうと放って置くよりも、ダメで元々!と建設提案をするだけ、冷静な全政協委員が居ると思うとホッとします。

とはいえ、単なる対外的なポーズなのかも・・・とも疑いたくもなりますが、この議題提案については内地メディアではほぼ報道されていないところを見る限り、そうでもないことが伺えます。
posted by DHS at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国/香港/台灣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月08日

新幹線が青島に届きました。

お届け完了。


※簡体字表示です。
組図:首批日本新幹線列車運抵青島(新浪網)



2006年3月8日,我国定制的首批日本新幹線列車運抵青島。


以上。

養生用の青いテープがキュートですね。




中国へ新幹線を初出荷 式典なし、対日感情配慮か(3/3付:日経新聞社)

<引用>
中国の在来線鉄道の高速化プロジェクトで、川崎重工業など日本企業が2004年10月に受注した新幹線型の車両の第一陣が完成、中国へ輸出するため工場から出荷を始めたことが3日、分かった。記念式典などは開かれず、ひっそりとした出荷。中国では国家的プロジェクトを日本企業に任せることへの反発もあり、小泉純一郎首相の靖国神社参拝などを理由に悪化する反日感情に配慮したとの見方もある。川崎重工業は式典を開かなかった理由について「PRなどは提携先の中国メーカーが担当している」と説明している。川崎重工業などは中国政府から新型車両60編成(一編成八両)を受注、このうち三編成を日本国内で製造し、残りは共同で受注した中国メーカーに技術移転しながら現地で生産する計画だ。今回出荷するのは、神戸市の川崎重工業の工場で製造していた一編成で、2、3日の2日間、工場から車両をクレーンでつり上げて台船に載せる作業を進めている。輸送船に積み替えた上で、5日に神戸港を出港、中国・青島に向かう。製造した車両は東北新幹線「はやて」をベースにしたもので、時速200キロ台で走ることができる。



なーる。
posted by DHS at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国/香港/台灣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

李肇星会見:会場の屏風の裏で日本記者が中文質問の猛練習。中国人記者は目を見張る。

今日の李肇星は久々の大舞台で大そう張り切ってた模様。

靖国参拝の中止求める 中国外相「愚か」と非難(YAHOO!トピックス-共同通信)

<引用>
中国の李肇星外相は7日、北京の人民大会堂で記者会見し、日中関係悪化の原因は「日本の指導者によるA級戦犯参拝だ」と指摘、小泉純一郎首相の靖国神社参拝を厳しく非難した。関係改善に向け「鍵となるのは日本側が勇気と誠意をもって間違った行動を正すことだ」として参拝中止を求めた。李外相は参拝について、ドイツ政府当局者の言葉を引用する形で「愚かで不道徳」と批判。対日関係について時に興奮した表情を隠さず、昨年3月の記者会見と比べて厳しい批判を展開した。9月の小泉首相退陣後をにらみ、歴史問題で妥協しない中国側の決意をあらためて強調する意図があったとみられる。


内容は定番です。こういう内容なら李肇星は無敵です。


外交部:中国の1人あたり軍事費は米国の77分の1(中国情報局)

<引用>
中国外交部の李肇星・部長は7日、記者会見で中国の軍事予算について、「1人あたりの軍事費は米国の77分の1だ」と発言。「中国の国防政策は透明なものであり、国家の防御のためにある」と強く主張した。中国の軍事費拡大により日本や米国などから「中国脅威論」が高まっていたことに反論した形。7日付で新華社が伝えた。李・部長は、「物事を見る際には最も基本的な事実を見つめる必要がある。数字だけにとらわれるべきではない」などとも述べた。


「1人あたりの軍事費は米国の77分の1」って、どういう計算で?とか、「物事を見る際には最も基本的な事実を見つめる必要がある。数字だけにとらわれるべきではない」って、じゃあ「77分の1」の件は? ----- などという、無粋な質問をする記者さんはその場に居合わせ無かったであろうことは充分予測されます。

しかし、記事にするに当たっては多少疑問を投げかけても良いんじゃないですか?


さて、その会見現場でこんなことがあったそうですよ。


※繁体字表示です。
現場:日本の記者は中国外交部長に質問するため、中国語を懸命に鍛える(中華網)

<引用>
人民大会堂に於いて、国内外の記者を招待し李肇星外交部長の会見が始まる7日午後3時まで、あと20分ほど。会見の行われるホールの屏風の後に一人で1枚の紙を持って何やら大声で中国語の一字一句を口にしている人が見えた。彼は日本のNHKテレビ局の佐藤文隆記者だ。彼の中国人の同僚が教えてくれたところ、彼は中国で留学経験があり、中国語には何の問題も無く、普段の交流も電話を掛けるのも障害はない。しかし、彼は渇望した中国外交部長への直接質問のチャンスを前に、自分の中国語に少し自信が持てなかった。彼は、「この種の正式な場所での質問では、必ず標準の発音をして、外交部長が質問を聞いても分からないという情況を作ってはいけない。」と言った。記者は佐藤が熱心に練習する姿を見て、彼の同僚に「彼はどんな標準発音の練習をしているの?」と聞くと、「先ず聞きたい質問を日本語で書いて人に中文訳にしてもらい、それから中国人の同僚に全ての字にピンインを付けてもらってから読み込むんだ。」 照明が全て灯され、記者会見は間もなく始まる。佐藤記者は慌ただしく舞台近くの座席に走っていって着席した。功夫不負有心人。もし、彼に質問するチャンスが来れば、李肇星外交部長が彼の質問を聞き取ることができることを信じる。


ちょっと引用が長めになりましたが、これで全部です。途中、<佐藤>が<佐騰>になってたりする原文を部分的な超訳を含めて訳してみました。「功夫不負有心人」はどう訳すべきだったでしょうか。「努めれば道は開く」とかだと綺麗だけど、ちょっとニュアンスが違いますよね。一番最初に思ったのは「備えあれば憂いなし」だったんですけど。

全体的に微笑ましくもあり、またちょっとバカにされてるようにも感じられる記事ですが、佐藤記者の心情は良く分かりますし、この記事を書いた東方網の記者さんも、基本的には佐藤記者を好ましく思ってることでしょう。普段は問題なく喋れても、ここ一番に弱いのは日本人によくある悪いクセですが、でも、だからこそ、直前まで鍛錬することで「功夫不負有心人」となるワケです。なんだか・・・涙。


で、結局質問できたのでしょうか?佐藤記者。


*動画あり。
中国外相 靖国参拝激しく非難(NHKニュース)


この「靖国参拝」について質問したのが佐藤記者なんでしょうか・・・ね。質問部分はカットされているので不明。残念です。
posted by DHS at 23:41| Comment(2) | TrackBack(4) | 中国/香港/台灣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

兩會(全政協):12、3歳以下の児童の商業広告への出演禁止を提案。

今年ももう兩會の時期ですか。時間が経つのがどんどん早くなります。いやな感じです。

温・首相:八つの施政方針を提示、台湾問題けん制(中国情報局)

<引用>
温家宝・首相は5日、第10期全国人民代表大会第4次会議で「政府活動報告」を発表。既報のとおり、GDP(国内総生産)の成長率を8%前後、GDP成長1ポイントあたりにかかるエネルギー消費量を05年と比べて4%前後削減とするなどを含む06年の経済成長に関する主要目標に言及したほか、八つの施政方針を示した。

1.経済の安定したかつ比較的速い発展を維持する
2.社会主義の新農村の建設を確実に進める
3.産業構造の調整を進めて資源節約と環境保護に注力する
4.地域間の協調的発展の推進を継続する
5.科学技術と教育による国家振興戦略と人材強国戦略を実施する
6.改革開放をさらに一歩推進させる
7.群衆の切実な利益に関する問題の解決を高度に重視する
8.民主政治建設と社会的安定維持を強化する


ここ数年、変わり映えのしない内容ですね。経済成長に関しては特に言及するポイントはございません。どんどんやっちゃってください。しかし、7.と8.の曖昧な項目はいかがなものか(苦笑。ここを具体的に表現できるようになれば、さらに一皮剥けると思いますが。


全人代は中身も予想しやすいし、日本でも報道されるのでいいのですが、全政協の方はどうでしょう。

※繁体字表示です。
委員は児童を利用した広告の禁止を提案(新浪網)

<引用>
「ここ数年来、児童を利用した商品広告がますます盛んになり、児童に対する精神的汚染となっている。」湖南の全国政協委員蔡自興が第10期全国政治協第4次会議に提出した提案で、児童を利用した広告に対して“不”と呼びかけている。


全国の委員がさまざまな提案をした全政協で取り上げるのがコレ。ホント、すみません、ユルユルで。

さて、子供が商品広告に出ることで、どのような精神的汚染を起すのでしょうか。提案では、「兒童做廣告過早地讓兒童充當[手争]錢工具,讓孩子過早渉足市場經濟和商業活動,是對兒童的精神汚染(児童が広告に出演して幼い時期に出演料を得るのは、余りに早く市場経済と商業活動に足を踏み入れさせてしまい、児童に対する精神的汚染である)。」だからだそうです。

児童を商業広告に出演させることを禁止している国も多くあるとのことで、労働法の中で12、3歳以下の児童の採用の禁止項目を設けてはどうかという提案がなされた模様。

むむぅ。

広告に登場するという華やかな分野でなくとも、大陸には12、13歳以下でも大いに商業活動をし、市場経済を良く理解している児童が既にいっぱい居ると思いますけれども。

もちろん、そちらの分野に対しても様々な提案がされているのでしょうが。
posted by DHS at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国/香港/台灣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。