2005年01月11日

福建省順昌:孫悟空と兄弟との合葬神墓見つかる

孫悟空が元末明初まで生きてたというのはロマンがありますけどね。

※繁体字表示です。
福建省順昌:孫悟空と兄弟の合葬神墓を発見(大紀元)

<引用>
中国考古学の専門家は先日、福建省順昌県西北部の宝山の峰で元末明初時期の建てられたとみられる孫悟空と兄弟を合葬した神墓を発見した。順昌県博物館館長の王益民によれば、孫悟空の兄弟の合葬神墓は海抜1305メートルの宝山にある南天門後の双孔子廟内に位置しているという。双孔子廟は元末明初に作られ、建築面積は約18平方メートル、廟内には古代神墓とみられる二つの石碑が並列しており、幅は2.9メートル、高さ1.3メートル。墓の形は八の字の形を呈しているという。


この石碑には左に<齊天大聖>、右に<通天大聖>と彫られているそうです。王益民さんが言うには、楊景賢の『西遊記雜劇』の中には孫悟空のセリフに「俺は5人兄弟だ。一番上は驪山姐さん、次は巫枝姐さん、そして俺齊天大聖、小聖の通天大聖、三弟の要要三郎」というのがあるとのことで、今回見つかったのは弟・通天大聖と孫悟空の合葬神墓ということになるようです。

しかし、この記事自ら<「齊天大聖」孫悟空是海内外華人熟悉的神話人物,>と記している通り、一応は想像上のキャラクターである上、尚且つ猴子のはずなので、この石碑の真贋は甚だ疑問であります。是非とも発掘してみて欲しいものです。
posted by DHS at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | :科技教育関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月15日

内地:海賊版市場を席巻する「超圧縮DVD」との攻防は如何に

ブルーレイ陣営だ、HDDVD陣営だ、と騒いでる浮き世とは違う意味での悩みです。

※繁体字表示です。
「超圧縮DVD」 内地の海賊版マーケットを制覇か(文匯報)

<引用>
内地の海賊版状況は相変わらず凄まじい。近頃では映画5本分を収録出来る「超圧縮」版DVDが密かに流行っている。その「超級價廉物美(チョー廉価良質)」は、正規版の大敵となっているだけでなく、旧式の技術で製造している海賊版メーカーさえも破産の憂き目を見ているほどだという。


画像データ圧縮の技術自体は決して悪いものじゃありません。この技術の開発の為に海賊版商品からのフィードバックが今までに多いに活用されたであろうことは想像に難しくない。

海賊版VCDやDVDといえば二束三文のメディアに、画質も、録画出来ているのかも気にせずに流し込んでは捌くだけというものだった。仮に摘発・没収されたとしてもすぐに製造可能なレベルの品質だったが故に、「しょせんは海賊版よ」と納得出来ていました。視点を変えれば<超圧縮>商品で質の悪い海賊版が駆逐されるのは喜ばしいことかも。

しかし、場合によっては正規版も海賊版と大して変わらない品質だったりすることもあるので、「コマ落ち、フリーズ頻発、画像はオリジナル」の正規版は、「クリア、スムーズ、画像は劇場内盗撮モノ」の海賊版に思いっきり劣勢となるかもしれない。海賊版を無くすための対策はなかなか進まないのに、良質な海賊版の開発はみるみる進んで行くんですね。

ってか、張国立出演の「手機」正規版VCD(3.99USドル)が思いっきり海賊版以下のクオリティだったんですけ!クオリティというか、途中で止まっては頭に戻るので、都合3回は冒頭のシーンを繰り返して見てます。…果たして最後まで見れるのか…。こんなことならケチらずDVDにしとけば良かった、とほほ。
posted by DHS at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | :科技教育関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月01日

中央政府:Google Newsへのアクセスを遮断中

一番困ってるのは…誰だ。

中国政府が『Google News』へのアクセスを遮断(Japan.internet.com)

<引用>
中国政府が、人気の高いニュース検索サイト『Google News』へのアクセスを遮断している。Googleは11月30日、この事実を確認した。同社広報の Debbie Frost 氏は取材に対し、同地域からここ2日ほど、Google News の米国本家サイトが機能停止しているとの報告が相次いでいると語った。


ひとまず台湾&香港での媒体では昨日の時点でデビー氏のコメントを掲載してますが、大陸の方はだんまりを決めこんでます。

※繁体字表示です。
中國封鎖Google News(東森新聞)
メディア監視グループは中国政府とGoogleを非難する(大紀元)


共にニュースソースは同じです。
網民の皆さんにとっては「いつものこと」だし、中共にしても「何もいうことは無い」でしょう。

メディア監視グループから中共と一緒に<情報統制に加担してる>と非難されるGoogle、ウィルス攻撃に晒されるGoogle、これまたシステムのチェックに忙しくなるGoogle、音が合ってるとはいえ、古狗公司と訳されてしまうGoogle、あまつさえ、捜狐に思いっきりパクられてるGoogle。

頑張れ。
posted by DHS at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | :科技教育関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月05日

米マイクロソフト:海賊版使用ユーザーにはアップデート停止措置を考慮

会社でのマイマシンが使えず難儀しとります。こうやって昼休みに人様のマシンを借りてヒソヒソやるほどブログって楽しいものですね(笑。但し、マイミクは自粛します。

マイマシンなしで仕事はどうなんだ?と思われるでしょうが、経理事務関連のデータはネットに繋いでいないVAIOで進行させているので全く問題なし。そうです、私2台も占有しておりますの。おほほ。

Windows:海賊版に業煮やし無料更新停止か(中国情報局)

<引用>
米マイクロソフト社の最高経営責任者(CEO)スティーブ・バルマー氏が、中国やマレーシアのパソコンにインストールされているウィンドウズの95−98%が海賊版であると指摘。無料で提供しているセキュリティパッチのアップデート(更新)サービスの停止も考えていることを明らかにした。3日付で新浪科技が伝えた。


CEOの言う通り、「なんでタダで使ってる奴の面倒までみなきゃアカンのや!」というのは当然の思いでしょう。実際、割れ物を使ったら危険な目に遭うという実体験をしなきゃ、正規板への指向性は出にくいでしょうからね。だからと言って、ホントにサービスを停止したら、大陸で海賊版を使ってる個人ユーザーどころか、中央政府、各企業及び、世界中が影響を受けますよ。

私だって日々大陸のページを渡り歩き、網友とチャットやメールで語り合っております。今のところ何の問題もありませんが、何かしらの割れ物を使ってる網友もいるでしょう。夏頃にブレイクしたMSNでのトラブルに引っかかった網友もいましたし、慌てて導入したQQJAPANもなぜか不通…。

例えこっちがセキュリティーを万全にしていたとしても、完璧に塞げるとは言い切れません。ましてや、多少のトラブルで反省を促せる程度なら構いませんが、そんなことじゃビクともしないくらい海賊版の浸透度は根が深い。単純にOSやユーティリティソフトが高価過ぎるってのも世界共通の認識ですし。

ま、本気でパッチサービスを止める気は無いのでしょうけど。と、同時に、本気で海賊版をせき止める気があるのかもやや怪しい感じもしますけどね…。
posted by DHS at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | :科技教育関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月30日

三東・恵民:孫子の故郷で文化観光イベント開催

さてさて、明日は國慶節ですね。いいなぁ、1週間も休みだなんて!1週間といえば、中継とはいえ1週間も北京に行きっぱなしの筑紫哲也。羨ましいぞ。

※繁体字表示です。
第二屆國際孫子文化旅遊節が孫子の故郷で開催(中新網)

<引用>
多くの軍人界将校、商業界の精鋭や世界中の《孫子兵法》愛好者が揃って孫子の故郷・山東省恵民県に集まり、孫子兵法城にて29日正午に始まった第二屆國際孫子文化旅遊節に出席した。


何かとイベントの多い中国の秋ですが、今年は孔子が生誕2555年(凄すぎ)ということで、そのお祝い行事は多く報道されていますが、同じぐらい有名な孫子の方は(生誕記念というワケではないにせよ)国際イベントが今年で2回目とは、なんだか少ない気がします。

「孫子兵法」をメインにするかぎりどうしても軍事イベントと化してしまう危険があるせいなのかもしれませんが、将校が来るだけでなく、どうせなら鉄拳2004みたいな演習もしたらどうでしょう。

ま、冗談はさておき、ムリして現代の軍事研究にこじつけなくてもいいから、古代の戦に思いを馳せる歴史観光イベントとして大いに盛り上れば良いですね。
posted by DHS at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | :科技教育関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月19日

江南:学者が発見 他民族とは違う中国人の3大身体特徴

昨年とは違い、日本人的には穏やかな9.18でしたね。中央の気遣いも相当のものだったことが伺えます。とはいえ、民族の誇りを鼓舞する記事は相変わらずですが。

※繁体字表示です。
学者発見:中国人の3特徴(雅虎香港-明報)

<引用>
江南時報の報道によると、考古学者と人類学者の研究にて炎黄子孫(中国人)には、世界のその他の民族とは違う生理的な3項目の特徴があることを発見したという。


考古学者と人類学者が発見したという、他の民族と違う中国人の生理的な特徴とは、

<[金産]形門歯:シャベルのような歯型>
上顎の門歯が反り返り、中間が低くて凹んでいてまるでシャベルのようである。圧倒的多数の中国人にみれるこの歯型は白人では8.4%、他の人種では11.6%しかみられない。

<青斑:蒙古斑>
新生児の臀部あるいはその近くに薄い灰色あるいは青くてあいまいなぶちの塊が常にある。

<内眥褶:目尻の縁のシワ>
目の内側、上瞼から伸びて涙阜(涙袋)を覆い隠しす小さいシワを古くから「蒙古褶(モンゴルシワ)」という。

の3つだそうです。

この考古学者と人類学者さんたちが何を根拠にこの特徴を導き出したのか・・・などという無粋なことは言わないようにします。蒙古斑が炎黄子孫(中国人)の特有であるならば、日本人もほとんどが炎黄の子孫なワケで(笑。

細かい事をいうよりも、「へぇ〜」というトリビア的なモンだと思えば楽しいのかもしれません。しかし3つの内の2つがモンゴル系ってのはどうなんでしょうね。
posted by DHS at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | :科技教育関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月15日

孔子生誕2555周年:孔子廟に<現代の状元>名碑プランは如何に。

現代の“状元”は一体どのような基準で決めるんでしょうか。文武両道に優れているのは当然の事、文系の知識のみならず、科学や工学、情報処理にも長けていなけりゃならないでしょうしね。もしかして優秀になればなるほど、求めてた人材と違う者になってしまうのかも。

※繁体字表示です。
曲阜:孔子奠祭(文匯報)
北京孔子廟:大学入試“状元”碑建立を否定(文匯報)

<引用>
「1978年大学入試回復からの数年分の状元の名前を成碑を刻み、教育管理機構の孔子廟にある科挙の最終合格者碑の側に建てる。」という先日の“北京孔子廟に大学入試の状元の碑”報道は、すぐに強烈な反応を引き起こした。北京市文化財局は13日、このニュースは正しくないと声明し、中國人民大学人文オリンピック研究センターや孔子廟関連要員も皆、「そのような事はまったく無い。」と表明した。


<現代の状元>として歴代の受験エリートの名を残すという事は、学生達の目標や励みになる上、国威発揚の場としても多いに盛り上がるだろうと思うのは割と普通の感覚ですよね。「どうせなら、孔子廟に記念碑作ろうよ」ってのも、ありがち。

しかし、こんなに世論の反発があったというのは意外です。もちろん、国宝である孔子廟の建築物を動かしたりするというのなら問題ですけど。優秀な人間に敬意を払う事には異論がないとはいえ、孔子に対するリスペクトの度合いが段違いに高いということなのでしょう。

孔子廟自体、日本でいうところの天神さまのような<学問>の神様以上の存在となっているようですから、いろんな禁忌があるのも想像されます。

言い出しっぺとされる中國人民大学は「確かに周辺開発プランのひとつのアイデアとして出て来た話題だが、決して進行しようとはしていない。」と苦し紛れな感じ。ま、相手が悪かったと。
posted by DHS at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | :科技教育関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月12日

上海:英国を真似て街頭監視カメラ・システムを導入

滬(hu)は上海のことですね。

※繁体字表示です。
上海:公共の場所に監視カメラを設置(文匯報)

<引用>
西洋のいくつかの国を真似て、社会の秩序混乱や犯罪防止のために内陸で初の社会防衛と制御システムを上海にて構築する。このシステムによって上海は公共の場所や重要な機関のある場所に監視カメラを置き終日監視、抑制することになる。これから4年以内に上海楊浦区は数千万元を費やして、上海で真っ先にこの「社会の防衛と制御システム」を作り上げる。


街頭監視カメラというとなんだか物々しい感じがしますが、歌舞伎町のような繁華街はともかく、公共の場所(役所や公園)ならイギリスのみならず、今やどの国際都市でもデフォルトなのかもしれません。

今回設置されるのは大連万達広場や、駅、地下鉄などが予定されているようですが、この辺もさほど珍しい監視場所でもありませんね。上海は何かと海外からの重要な来賓も多いので治安には気を使わざる終えないというのは当然です。

むしろ、建国以来、治安の管理監視体制に関しては自信を持っていたであろうことを考えると、ちょっと心配にもなります。今までなら解放軍が目を光らし党員同士の相互監視で、スリや置き引きはともかく大きな事件は少なかったことでしょうから。

治安悪化、犯罪防止ともに外国人を対象にしているとは明確にしていませんが、ニュースにならないだけで、困った事は多発しているのかもしれません。また、上海である程度の効果が認められれば遠からず北京にも導入されるでしょう。
posted by DHS at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | :科技教育関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月15日

2大青少年啓蒙活動が正式スタート

党中央はホントに“活動”や“スローガン”が好きですね。いや、好きじゃなくて、こうでもしないと何にもしないからなのか?

※繁体字表示です。(以下共に新浪網)
“全國青少年ショートメール創作活動”正式スタート

少年先鋒隊"民族精神代代傳"活動を展開

「精彩青春(すばらしい青春)歌詞」、「獻給我的老師(我が師に捧げる)詩歌」、「我與祖國一起成長(私は祖国と共に成長する)散文詩」ってな内容で優秀な作品を携帯のショートメールで募るようです。うむむ。凄いな。

もちろん、優秀とされた作品は発表・表彰されたりするのだろうが、記事中にその記載はありませんね。活動をすることが大事だということなのでしょう。

先鋒隊の方はもっと凄い(笑。「我々は素晴らしいのだ!」ということを自覚させるために何をするのかというと「"民族精神代代傳"歌曲創作活動」です。祖国の素晴らしさ、我が民族の素晴らしさを歌にし、青少年が歌うのです。

もし、同じ事を日本がやったらどうなるのでしょうか?卒業式での日の丸掲揚や「君が代」ボイコットだけでも揉めてるんだから、到底ムリでしょうね。
posted by DHS at 02:32| Comment(0) | TrackBack(0) | :科技教育関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月26日

中国:06年にはネチズン1.5億人へ

仮に中国の全人口を13億人として、日本と同じく6割の人にPCが行き渡った頃には、ネチズンの数はいったい何億人ぐらいになるのでしょうか!これは見ものですね。

中国:06年にネチズン世界最大規模、1.5億人に(中国情報局)

素朴なギモンなんですが、世の中的にはこの“ネチズン”という呼び方は市民権を得ているのでしょうか?あんまり「アメリカのネチズンの反応は・・・」みたいなニュースには遭遇しないのに、中国や韓国の場合は“ネチズン”と総称することが多いですよね。要は普及率の問題ってこと?
posted by DHS at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | :科技教育関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月28日

大陸:「村村電話」に続き「家家電話」計画を完成

あれだけ広い国土ゆえ、近代化を始めた当初は全国的な「電話線」配備は諦めていたのかもしれない。しかし現代となって、「電話線」を引かなくても通信が可能になった。今や内地の相当過疎の地に行っても携帯電話を使用することができるようだ。電波系のノイズも少ないだろうから、きっと感度も良好なのだろう。

中国:2020年には「家家通電話」計画を完成(中国情報局)

「家家通電話(ちゃー・ちゃー・とん・でぃえん・ふぁ)」、「村村通電話(ちゅん・ちゅん・とん・でぃえん・ふぁ)」かぁ。中国語は語呂合わせが楽しい。

中国のTVーCFは秒数が短いのかとてもスピーディだが、ナレーションされるキャッチコピーも軽快で楽しげだ。漢方薬などのCFでは、ずーっと効能をまくし立て「・・・だから効くよ!」てな感じで締める(笑。しかし、洗剤のCFで白人の子供が流暢に普通語を喋る(吹替えてる)のには苦笑いした。いや、そういう子も本当にいるんだろうが。
posted by DHS at 02:43| Comment(0) | TrackBack(0) | :科技教育関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月11日

聯想(レジェンド):WAPI規格のマザーボードを開発

漢語CPUに喜んでいたら、今度は無線LANのチップに関して、聯想(レジェンド)では開発開始、またインテルでは開発断念となった模様。

インテル、中国の暗号規格組み込んだ無線LAN製品を開発しない意向(ロイター)
(YAHOO!トピックス)

開発断念とはいっても決して技術力不足ということではなく、相当複雑な事情ゆえというところか。

聯想:セキュリティ搭載マザーボード開発に着手(中国情報局)
IntelとBroadcom、中国でのWiFiチップ販売を5月で中止(IT Media NEWS)

IT Media NEWSのニュースの中で、ローレンス・J・ラウ氏なるスタンフォード大学経済開発教授が中国の独自規格について「こうした技術規格はたいてい、国外からの輸入に対して国内産業を保護する意図がある」とコメントしている通り、中国がIT技術において、アメリカに対抗出来る世界の中で唯一の規模に育てようとする意志は力強い。

現時点でも中国国内でのPCシェアは国産製品で占められているし、先のCPU、OS、ソフトといった分野での成長も著しい。宇宙開発と共にIT技術への注力の根源は当然、軍事技術の発展のためと見るべきだろう。

この点で、CPUやOSといった物で無くセキュリティ・チップの独自規格の確立というのは、技術を確立して内外に権利や製品を販売し利益を得る以上に、国家の防衛や政治的判断の方が重要だったのではないだろうか。IT技術上のセキュリティといえばウィルスやハッキング対策として絶対に厳密でなければならない訳だし。

聯想(レジェンド)が、今回の独自規格の確立に多大な技術供与をしたことは容易に想像出来る。今後、聯想が製作するPCを参考に海外のメーカーは中国向け製品の開発プランを立てたりするようになるのかもしれない。

聯想は、(レジェンド)改め(レノボ)ですね。
posted by DHS at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | :科技教育関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月10日

これは期待! - 漢語CPUで携帯電話やデジタル家電を開発

飛龍(ふぇい・ろん)CPU!うぅーん、カッコイイ(笑。

独自開発の中国語CPU、日本への進出も視野(人民網日本語版)

日本企業はどこが提携先となるのでしょうか。これは要注目です。


以前から、漢字文化圏の極東3国(中国、韓国、日本)による漢字OSの開発は進んでいるので、いずれ一つのOSで(簡体字、繁体字、ハングル、平仮名、片仮名)が使える日が来ると信じてます。って、別にプログラムとか組むつもりはないんですけど。

せいぜい“検索”が楽になるかなぁぐらいですね。でも、、、訓読み/音読みで打っても各国の字が変換候補に出てくるようになったら!!ああ、素晴らしい。
posted by DHS at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | :科技教育関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年02月21日

1村1大学生を“培養” - 大陸の力技プラン

いつも感心するのが大陸政府の「計画」や「条例」の出し方だ。そりゃ現実的に無理だろう・・・と思われる高い目標を掲げつつも、力技で実行してしまう。これぞ社会主義一党独裁だから出来ること。どうしようかと中々決まらない重要事項を“先送り”することで“決済した気になってる”我が国には真似出来ない。

全国全ての農村から優秀な人材を1人選び、CCTV系列企業から奨励金や放送技術を使い大学で学ばせ、その成果を村へ還元しよう!という素晴らしい計画が発表されました。


※繁体字表示です。
一村から一名大學生を(雅虎香港トピックス)

一村培養一名大學生
2月21日 星期六 02:40 更新

【明報專訊】國家教育部日前決定啓動「一村一名大學生計劃」,通過現代遙距教育方式,將高等教育延伸到農村,盡快為農村第一線培養技術和管理人才,使他們成為發展農村經濟和農業生産的帶頭人、農村科技致富帶頭人和發展農村先進文化的帶頭人,從而推動農民・馳斉・打逝室厥髻√岸仕・づ検G膵犒彝塚揃弸Gッ7月開始招生,5年累計註冊學生達20萬以上。

遙距教育 7月招生

「一村一名大學生計劃」是利用現代遙距教育技術,通過中央廣播電視大學及全國廣播電視大學系統,並集成全國農業高校和相關高校優質教育資源及實用技術課件,通過廣播、電視、衛星、互聯網等現代遙距教育技術,利用全國已建成或正在建設的中小學信息技術教育站、農村黨員幹部教育站,將高等教育輸送到縣和中心郷鎮的學習點,在農村以中央廣播電視大學的高職教育為主,毎年毎村招收一名大學生,培養高等職業技術層次的農村實用科技人才和管理人才。

針對農村成人教育的特點,教育部將為實施「一村一名大學生計劃」制定專門政策:註冊入學,不轉戸口,就地上學,自主學習,累計學分,修滿規定的學分可頒發國家承認的學歴文憑。「一村一名大學生計劃」招收對象主要是高中畢業或具有同等學歴的農村青年,亦鼓勵復員退伍軍人、農業科技示範戸、村幹部,以及郷鎮企業或龍頭企業帶頭人、科技致富能手參加學習。此外,亦將改革現行考試辦法和建立系列證書管理制度,實現學歴教育與非學歴教育的溝通與銜接。

中央廣播電視大學為「一村一名大學生計劃」的主要實行單位,計劃今年先期在全國選擇百縣試行,並與地方電大共同向西部100個縣投資2000萬元人民幣。



この計画のポイントは、ただ優秀な人材を集めて学ばせるというだけでなく、衛星放送などの技術を使い、地元の企業やトップ企業の出向などの協力を受けることで、各地の発展にも結びつく点だろう。

この方式が上手くいけば、一部では機能していない小学校などにも導入できるという目論見も立派。優秀な人材を救い上げるのも重要だが、全体のレベルを上げるのも大切なことである。
posted by DHS at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | :科技教育関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年11月25日

月面探査よりも農村整備を

同じ日のニュースなのに明暗くっきり。

3年後には神舟は月に行くつもりなんですなぁ。「中国国際空間技術展覧会」は多数の来場者を集め賑々しく行われたようです。もはやこのような催しが珍しいわけではないだろう。それよりも宇宙開発に興味津々といったところか。

13億の民がいれば、物理や科学に秀でた人の数も相当多くいるのだろうし、専門の学校教育も徹底しているだろうから、これからの中国国産物の精度はぐっと上がってくるはずだ。

専門の教育はほとんどの場合、裕福なエリート層にのみ門戸が開かれている。ま、あらゆる不正が行われていることは想像に容易いが、それでもかなりな数の優秀な学生が集まっているはずだ。日本みたいに「工業技術系の学生はイケてない奴」みたいな固定概念も無いはずだし。

しかし、全国民に一定レベルの教育をとなると、相当難しいのでは無いか。農民と沿岸部の都市市民との差が有り過ぎる。これには国民党も苦悩し、いろんな対策を施してはみたものの、芳しい成果が表れない。

確かに援助の手続き等を知らなかったこのわが子を北京に売りに来た夫婦も、学力レベルはそう高くないのかもしれない。けれど、この夫婦は知恵があった方ではないだろうか。たとえわが子の買い手が見つからなくても、首都の街に出ればこの苦しい現状をより多くの人に知ってもらうことはできるのだから。


※繁体字表示です。
国産月探車(雅虎香港)

國産探月車
11月25日 星期二 03:00 更新

【明報專訊】第五屆中國國際空間技術展覽會昨日在北京展覽館開幕。由哈爾濱工業大學研製的月球探測車吸引眾多參觀者。中國探月計劃「嫦娥工程」受到各界的關注,中國首次探月預計將在未來3年實現。


「子供売ります。育てて下さい」農民夫婦の叫び(中国情報局)

「子供売ります。育てて下さい」農民夫婦の叫び
発信:2003/11/25(火) 17:35:23

『中新網』24日付報道によると、北京の街頭で行き交う通行人に「子供売ります」と叫ぶ幼い子供を連れた地方の農民夫婦の姿が見られた。母親の肩におぶられた子供が提げる紙には、「この子は田舎で車に轢かれ、体が不自由になりました。私たちには事故を起こした張本人に責任を追及する能力もなく、これ以上この子を育てていくことができません。どうか心有る人、引き取って育ててください」と書かれてある。現在、多くの地方でこうした弱者層に対して、法的な援助を実施する機関が設けられている。しかし、文化教養のなく貧しい農民の多くは、いざ紛争や法的問題が起きたとき援助を求める方法を知らない。そして、最終的にこの農民夫婦のように誤った方法で解決の道を探してしまうという。
posted by DHS at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | :科技教育関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年10月15日

“神五”宇宙飛行士:楊さんは38歳

今日はやっぱりコレですよ!成功して良かった。アメリカでさえ最初は猿、ロシアも犬だったことを考えれば、最初っから人間を乗せて成功させるとは!恐るべし先行者魂です。湖南でバカ売れの記念切手の図案を探してましたが、なかなか見つからず。知ってる方、教えてください。三角形の“神三”ヴァージョンは見つかったんですけど。

で、中国13億人の夢となった楊利偉(ヤン・リーワイ)中尉。凄いですね、解放軍生え抜きの超エリートでございます。しかしこの写真、何年前だ(笑。ソフトフォーカス掛かり過ぎ(笑。ビジュアルの作り方が今風になってきたなと思ってたのに、やっぱりこれか。ま、昨日まで誰が搭乗するのか分らないと報道されてたのに、今日になったらここまで詳しいプロフィールが判明しているというのが中国らしくて素敵です。


有人飛行:神舟5号打ち上げ成功、無事に宇宙へ (中国情報局)

有人飛行:神舟5号打ち上げ成功、無事に宇宙へ
発信:2003/10/15(水) 10:56:05

『新浪科技』15日付報道では、「新華網」の報道を引いて、中国の有人宇宙飛行船「神舟5号」が同日午前9時、酒泉衛星発射センターから無事打ち上げ成功したと伝えた。中国人初の有人飛行を実現した宇宙飛行士は楊利偉氏。


※繁体字表示です。
中国初の征空者 楊利偉(雅虎香港)

中國征空第一人楊利偉
10月15日 星期三 09:55 更新

新華社報道,乘坐神舟五號載人飛船執行首次載人航天飛行任務的太空人,是解放軍航天員大隊航天員楊利偉。楊利偉今年38歳,中校軍銜。他是中國自己培養的第一代太空人。楊利偉自小喜愛體育運動,特別是游泳、滑冰,極少生病,入伍後田徑項目仍名列前茅。他父母親健在,老家還有姐姐和弟弟,妻子在航天城上班,兒子上小學。據悉,楊利偉的月薪為8000多元人民幣。據透露,楊利偉的父親曾是綏中縣農副產品公司高級經濟師,母親是教師,姐姐和弟弟現仍在綏中縣工作,家庭狀錵在當地算小康水平。楊利偉之妻是同縣人,名叫張玉梅,兩人於1990年冬天結婚。由於飛行員婚後家屬可馬上隨軍,張玉梅婚後即隨同楊利偉到了西安,後又到四川。楊利偉經考試成為12名準「太空人」後,舉家遷到北京航天城,楊利偉每逢周末都結束訓練,回家與親人相聚,其妻也在航天城工作,兒子則每天乘坐航天城的班車到北京市內上學。他的父母也經常到北京小住,與他們團聚。據楊利偉的姐姐稱,楊利偉小時候身體很好,很少生病。姐姐説,他們的父母70多歳,但身體一直很硬朗。她説,小時候弟弟就喜愛體育運動,喜歡游泳、滑冰,常在外面玩耍,入伍後田徑項目仍名列前茅。楊利偉因工作原因很少回老家,即使回也只是陪父母聊聊天,盡量不上街,減少與外界接觸,所以他與舊時同學很少往來。據介紹,楊利偉上學時成績一般,但理工科成績很好,到部隊後也一直堅持學習,回到家中探親時也會玩玩電腦,特別喜好擺弄各種電器。據本報了解,楊利偉目前的薪水為8000多元,這與民航飛行員相比略低,他時常寄錢寄物給父母表孝心。

●楊利偉(38歳)
●1983年獲選為空軍飛行員﹔1993年通過考試成為全國選拔的12名太空人之一
●1990年結婚,妻子隨軍,育有一子
●父親曾是綏中縣農副產品公司高級經濟師,母親為教師,排行中間,有姊有弟,家境小康
posted by DHS at 12:28| Comment(1) | TrackBack(0) | :科技教育関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年09月19日

壁新聞>>>インターネット

どの国にも関わらず、サイト独自のニュース・ソースを持つところはそう多く無いはずなので、ネット上の国際ニュースといえば、ロイターやAP、タス、中国なら新華社などからの配信記事にそれぞれの視点での見解を加えて掲載されているものだ。ネットでのニュース閲覧の最大のポイントは“あった出来事”を最速のタイミングで知ることができることだろう。速さを追求する以上、細かなところの確認は後回しになったりするので、自ずと正確でない情報にもなりえる。と言ってしまえば、“信用性”が低いのは当然だ。

新聞たるもの嘘を書いてはならんというのが道理だが、このご時勢、新聞も嘘を書く事はみんな知ってることなので、「話し半分」と思って新聞やネット上のニュースを読んでるはずだ。いくつかのニュースを読み比べて自分なりの消化をし統合した“ニュース”が自分にとって正しい“ニュース”となる。

この記事は、中国ではネット上のニュースは新聞よりも信用度が劣ると思われている、という調査結果だったとしているが、新聞を含むニュースそのものの信用度という調査結果も知りたいところだ。って、そりゃ無理か(笑。そんな調査したら逮捕されるのか?。だいたいネットにしろ新聞にしろ政府が認めて無い西側のニュース・ソースは入って来ないんだし。ひと昔前の大陸は売り新聞すらなくて政府発表の情報を新華社が報道する“壁新聞”を皆で見てたんだもんなぁ。


中国:ネット上のニュース、閲覧率高いが信用低い(中国情報局)

中国:ネット上のニュース、閲覧率高いが信用低い
発信:2003/09/19(金) 12:12:38

『中新網』17日付報道によると、中国社会科学院は「中国12都市のインターネット利用状況及び影響度の調査報告」と題する調査レポートを発表した。調査対象地域は北京、上海、成都などで、訪問調査の形式で行われた。この調査レポートによれば、中国ネチズンのインターネット利用で最も多かったのが「ネットサーフィン」「ニュース閲覧」「eメール」の三つ。このレポートでは特に「ニュース閲覧」の回答が多かった点に注目し、ニュース閲覧の比率はネット利用歴の長さに比例すると結論、また、全くニュースを見ない利用者の数が減っていることも今回の調査で判明した。中国のネットユーザーがどのサイトを最も良く訪れているかという調査では、新浪網(SINA)がトップで、アンケート総数の29.1%を占めた。続いて捜孤(SOHU)、網易(NETEASE)、Yahoo!中国、21cnの順になっている。サーチエンジンの使用率では捜孤が第1位となった。中国ネチズンの関心が最も高いのは娯楽ニュースで、続いて国内ニュース、海外ニュースとなっている。調査によれば、ユーザーの年齢層などとも関連して、特にネットカフェなどにおける娯楽ニュースの閲覧率が高いという。注目すべき点は、ニュースの信頼性に関して、多くのユーザーが「テレビの報道に信頼を置く」と回答した点で、続いて、ラジオ、新聞となっており、インターネット上のニュースは最下位という結果となった。インターネット上のニュースに限定したアンケートでは、従来メディアが運営しているサイトのニュースに信頼を置くユーザーが多数で、続いてポータルサイト上のニュースとなっており、海外サイトのニュース閲覧率は低い水準にとどまった。
posted by DHS at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | :科技教育関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。