2006年10月26日

CCTVモデル大会:規定外でも気にしない!47歳辛福(シンフー)さんのチャレンジ始まる。

やる気マンマンですねぇ。


※繁体字表示です。
47歳女性の気質は優雅だ CCTVモデル大会、総合決勝戦に突入[図] (東方網)

<引用>
今晩より、CCTV第2チャンネルで六日連続放映の第7回CCTVモデル大会調印式と全国総合決勝戦が始まり、11月4日晩に授賞式が行われる。女性モデル部門では当年47歳の“規定年齢を超えるモデル”の辛福(シンフー)は自身の際立った気質を利用し難関を突破して駒を進め総合決勝戦に突入した。


規定外でも決して「想定外」ではない辛福さん。なぜならば、この央視模特大賽の参加資格には明確な年齢制限を設けていないようなので。しかも、<服裝模特><平面模特><商業模特><影視模特><廣告模特>と多様なエントリーがあるので、どれかひとつぐらいには引っかかっても可笑しくない状況です。

予選を勝ち抜き、決勝戦までの合宿で他の若い候補者モデルと一緒の時間を過ごしてきても、全く引いたところがなく、むしろ積極的に皆の世話を焼き、朗らかに場を盛り上げたという、その姿勢が優雅なのでしょう。

しかし、モデルは飽くまでもモデル。辛福さんも確かにナイスな体型を維持していますが、国民が憧れる・・・といったところへはイケそうもないので、せめて国民に愛される<市民模特>みたいな分野で頑張っていただければよろしいのではないでしょうか。



あ、しまった。まだ大会は始まってませんでしたね。



まぁ、内地のメディアは「超女」や「人造美女」の時も凡そ無理めな候補者を異様に盛り上げる癖があるので、辛福さんがフューチャーされるのもこれで最後なのかもしれませんが。。。
posted by DHS at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | :性感関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月31日

貴州:男性をドキドキさせる「おっぱい山」。

さて・・・、これを見てドキドキする男性とは誰のことなのでしょうか。その人はちょっと、いろいろ溜まってると見た。



※簡体字表示です。
貴州・貞豊の双乳峰は真に迫り 男性をドキドキさせる(組図)(TOM新聞)

<引用>
大自然の鬼斧神工、中国南西部貴州省貞豊県の県境には天下の奇観を成す美しい“双乳の峰”がある。それは真に迫って美しく、地質学専門家や観光客にも絶品と謳われ、世界で最大で最も綺麗な乳房と称されている。


相変わらず軽めでスミマセン。




ちょーっと、ワザとらしくもある。



見たままです。終了。

って、アッサリし過ぎですか。この“双乳の峰”、何も今見つかったわけじゃないので特筆すべき程のニュースでもないんですけどね(汗。地元ではこの山にちなんだ美しい逸話も残されているそうですが、ここでは特に紹介されていません(苦笑。

代々この地に住む布依(プイ)族の皆さんはこの山を養育の神として崇め、新年や祝い事の度に“双乳の峰”を拝むのだそうです。この山を望む麓の観峰亭には「養精養氣養天地,哺雲哺霧哺日月(精を養い、気を養い、天地を養い、雲は育み、霧を育み、日月を育む)」という対聯が彫られているほど、布依(プイ)族の人々に愛されているとのこと。
posted by DHS at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | :性感関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

南京:長髪美人ショー、入賞者が玄武湖に集う 沈さんが26年間伸ばした髪の毛260センチ!

配信されてる画像が1点だけとは、やや寂しい。


※繁体字表示です。
3名の美女南京で長髪ショー ある女性は26年で2.6メートルの髪を蓄える[図](中華網)

<引用>
4月29日、南京玄武湖畔に現れた長髪美女3名、長く美しい髪が風に揺れ無数の遊覧客を引きつけた。この3名の長髪女性はそれぞれ省内の汪清県、安徽省と山東省から来て、中でも最も髪の毛が長いのは省内から来た沈淑香だ。沈淑香は既に26年も髪を伸ばし続け、その長さは2.6メートル。今年4月開催された中国長髪女性大会中でTOP10に入った。




レディハリケーン! 我ながら・・・古いのう。


一見、真ん中の女性が一番長いように見えますが、3人の中では右端の沈淑香が一番長い260センチの頭髪を持つお嬢さんです。

何が凄いって、沈さん、御歳41歳。そりゃそうだ、26年間伸ばしてたんだから26歳ってことは無いはずです。で、こんな感じに可愛らしくいられるとは、羨ましい!!!お綺麗ですしね。

<長髪美人>はフェイスの美しさよりも髪の美しさが大いにポイント。沈さんも使用するシャンプーの量はハンパじゃないようです。洗えば乾かすのも大変ですが、余りの長さゆえ普段はまとめ髪にしており、バイクに轢かれて頭を強打したときもその髪の毛のお陰で事なきを得たそうです。
posted by DHS at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | :性感関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

重慶:セクシー尼僧応援団 少林サッカーっぽいチームに“黄色い?”声援!

基本的な内容はこちらと一緒です。

重慶:『少林サッカー』的?学生僧チーム結成(中国情報局)

<引用>
慶市で学生僧らから成るサッカーチームが結成され、「映画『少林サッカー』の世界が現実に!?」と話題を呼んでいる。中国新聞社などが伝えた。


ヤフトピの『少林サッカーっぽいチーム敗戦』というコピーが巧いので、実際の記事を見てテンションダウンした方も多いかも。しかも、元記事の掲載自体が狙い過ぎな上、本来狙うべきところを狙ってません。




※簡体字表示です。
重慶仏学院の僧侶がサッカー 尼僧はセクシーな応援団を創る(重慶時報)

<引用>
「負けてしまったがトレーニングの目的は達成したし、私達のレベルも示せたから敗けても光栄!」 昨日午前、僧チームは開幕戦で6:8のスコアで本紙及び川外付属中学の連合チームに負けた。CCTV『スポーツ人間』では大会の全行程を撮影しスポーツチャンネルで近日に放送する。 −中略− 後に重慶仏学院の尼僧40人からなる応援団も現場に駆けつけた。「彼らはきっと良く出来たと思います。私達は励ましにきました。」尼僧たちは興奮して言った。


女僧性感拉拉隊!・・・。

ああ、なんという甘美な響き・・・。何をおいてもこの拉拉隊を見ないわけには行かないでしょう!?













加油!加油!加油! とか、言って無さそうげ。







・・・ _| ̄|○ 



言われなきゃ尼僧さんだって分からなかったかも。サンキューです。
posted by DHS at 23:22| Comment(0) | TrackBack(1) | :性感関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

広州:QQで「上班肥肥女QQ群(デブOLの会)」発足 発起人は痩せた男性。

やっぱり<肥肥女>ブームが来てるのか・・・?


※簡体字表示です。
400名の肥肥女(おデブさん):我胖我快楽快(図) (南方報業)

<引用>
ほっそりと美しい事が流行している今日だが、広州にはその体形を光栄とする体重が“超標(規準を超える)”の女性の一団がある。近日、記者は広州初の太ったOLたちのネット上のクラブを取材した。・・・「上班肥肥女(デブOL)」のQQ群。少し怪しげに思えたのは、このQQ群の創立者は痩せた男性であり、彼の創設の目的が人々に「デブも一種の美だ」ということを受け入れさせることである。


「上班肥肥女」は「可愛的上班肥肥女群」と称されたりするものあるようですが、29歳の痩せた男子<石頭>さんが広州視窗で興した「“上班肥肥女一族”連盟倶楽部」が元祖のようです。

凡そ半年前に始まったこの会、その後あれよあれよと会員が集まり、今では20歳から35歳までの100キロ近い体重を誇る女性たち400名が名を連ねる一大QQ群になっており、積極的にオフ会なども開いている模様。

太っていることを恥かしく思ってた人も、皆で集まれば怖いものナシ?なのか、<石頭>さんは“肥肥女”の人気に肖り、「“肥肥女”的才芸比賽」や「“肥版”超級女声」などの展開も視野に入れているとのこと。

まぁ、夏までに全国レベルで流行ればそれも可能でしょう。このまま“肥肥女”ムーブメントを生暖かく見守って行くことにします♪
posted by DHS at 23:56| Comment(0) | TrackBack(1) | :性感関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月27日

南京:玄武湖畔で「デブ専美女コンテスト」開催

なんですか?これも流行るの?

※繁体字表示です。
南京“胖美人”選抜大会 才藝を披露、股割れも(組図)

<引用>
3月26日、民間活動の第一回“我健康,我快樂(ヘルシー&ハッピー)”太った美人の選抜大会が南京市玄武湖公園で開催され、60数名の競技参加者はステージに立って才藝を披露した。




やはり『胖』にバラつき有り



股割れ?開脚?





記事には順位すら記載されていません(苦笑。
こうやって見ると、長春はレベルが高かったんですね!!!

長春:“三八”婦人節 「デブ専美女コンテスト」を開催

さて、次はどこで“胖美人”比賽が行われるでしょうか。
posted by DHS at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | :性感関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月08日

長春:“三八”婦人節 「デブ専美女コンテスト」を開催

今日は国際婦人デーでした。相変わらず、日本国内では全く注目されませんが。

※繁体字表示です。
長春“胖美人”コンテスト開催、優勝者は3000元の賞金を得る(図) (中華網)

<引用>
デブ代表って何?、ぶくぶく太ってモノグサでバカでかい? いいえ!“三八”国際婦人デーに、長春で“胖美人(ぱんめいれん)”を見れば貴方の美的感覚は覆る。7日の13時30分、新文化報開催の“胖美人”決勝戦は長春市労働者文化娯楽センター大ホールで盛んに行われ、29人の出場者(用事のため1名棄権)は約400人の親友団を連れて来た。それぞれがステージで歌を歌いダンスを披露すると、親友団たちは死に物狂いで叫び拍手喝采が連なった。「胖得自信,胖得健康,胖得美麗!(デブで自信、デブで健康、デブでキレイ!)」は“胖美人”のおっとりして美しい姿、大らかな才能が表わす美学精神で、積極的に楽観的な生活態度を伝えている。



3位・劉秋[王旋]さん、優勝・徐東珠さん、2位・付美娜さん



「親友団」は文字通り「親しい友だちの集まり」ですね。この大会、大いに面白そうなのですが、切ないかな開催範囲がローカル過ぎた模様。ズラっと並んだ出場者を見ても、本当の胖的人は非常に少ない。上位3名の皆さんは<美女>である以前に<胖的人>であることが重要だったようです。

ちなみに、出場者最高齢は69歳の柴靜芙さん。「阿姨、モデル歩きしてみてください。」という司会者のシャレに、堂々たるキャットウォークを見せつけたとのこと。お疲れ様でした!
posted by DHS at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | :性感関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月03日

上海:免税にもなったので、これからは農村女性もメイクにチャレンジします。

はっきり言うと、もの凄く親近感があるんですけれど。


※繁体字表示です。
新年、農民は街で美容する(新華網-上海)

<引用>
2月2日、上海時光整形病院の趙医師は新楽村の陳玉珍さん他の農村女性のために美容コンサルティングを行った。当日、上海松江区新楽村は50人の農民をお年玉のマイクロバスに乗せ上海にの時光整形病院に着くと、医師はこれらの特殊な客のために無料で検査とコンサルティングを行い、そして何人かの農村女性のためにシミ取り手術なども行った。


いくら農村の中年女性といえども生まれつきお綺麗な人も居ると思うんですが、この記事では確認できませんでした。ま、農民税の免除によって少しでも余裕が出来たのなら積極的に美容に励むことで、女性は美しさを手に入れ、政府は内需拡大を促せるという本来あるべき状態に近づくのではないでしょうか。

しかし、メイクやシミ取りで済んでいれば良いのですが、何事もtoo muchなお国柄ゆえ、結局は人造美女への階段を登って行くハメになるかもしれません。

めちゃめちゃイマ風な人造美女の中年農村女性か・・・。見てみたいかも。
posted by DHS at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | :性感関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

北京:これぞ粋? 男性トイレには乾隆帝、女性トイレには西太后を掲げるレストラン

国旗や貨幣の侮蔑行為には厳しいのに、歴代王朝や指導者の肖像に関しては寛容ですよね。

※簡体字表示です。
トイレの入り口に乾隆と慈禧を掲げて男女を区分するレストラン(図) (千龍網)

<引用>
熱心な読者の衛さんは、江蘇ビル3階のあるレストランでは清朝の乾隆と慈禧(*西太后)の肖像画をトイレの入り口に飾り男女の表示に用いていると本紙に知らせてくれた。−中略− 記者が客は男女トイレの違いを簡単に理解できるものかと懐疑を示すと、この店の責任者はレストランでは店員が来客をトイレまで案内するので、絶対に間違ったドアに進むことはありえないことを保証すると弁明した。 −中略−


乾隆帝はいいとして、慈禧(ツーシー)といっても西太后とは限らないのかもしれません。ちょっと年代が違いますもんねぇ。

この記事でも画像が載ってるのは乾隆だけだし、しかもモノクロ(苦笑。良いのかなぁ西太后で。。。ちなみに肖像画の掲示は規定違反ではないと北京観光局のお墨付きなんだそうです。

このレストラン、江蘇大厦3Fというから美京酒店だと思われます。行った事のある方、いますか?…ってか、今度行って確かめてみます。
posted by DHS at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | :性感関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

光棍節(独り者デー)に思う・・・男も辛いけど“白骨精”も辛いのよ。

本日は1並びの「光棍節」でした。人民網日版でも紹介されまでにメジャーになりましたね。

恋人なしでもハッピーに 11月11日は「独り者デー」(人民網日語版)

<引用>
「ひとりぼっちのみなさん、一緒に楽しみましょう!」
これは、11月11日の「独り者デー」に合わせて清華大学の校内BBSに投稿されたパーティー案内のキャッチコピーだ。日付に「1」がずらりと並ぶこの日は、恋人のいない若者の間で「独り者デー」と呼ばれている。昨年の全国人口統計によると、22〜49歳の年齢層では、女性より男性の方が1697万人多い。つまり、単純に数えると1千万人もの男性が「あぶれる」計算になってしまう。恋人のいない男子学生が作ったとされるこの「祝日」は、大学を巣立つ卒業生とともに社会に広まっていった。11月11日は休日ではないが、この日にユーモアを込めて「独り者デー」を楽しむことが、独身のホワイトカラーの間で現在流行になりつつある。

22〜49歳の年齢層では、女性より男性の方が1697万人多い。つまり、単純に数えると1千万人もの男性が「あぶれる」計算になってしまう。

って・・・、その計算は単純に数えるとかいう問題じゃないでしょう(苦笑。まぁ、総人口から考えれば、たかだか700万人ぐらいが漏れてても構わないのかもしれません。しかし、頭数的には大したことなくても、みんな税金を納める公民ですからね。大事にして欲しいと思います。

こんな風に「光棍節」を楽しめるうちはまだ大丈夫だし、如何に男性の人数が多いといってもイザとなればまだコッソリ嫁を買うこともできるのでしょう。


※繁体字表示です。
第三次独身危機が中国社会を襲う “白骨精”は結婚難(東方網)

<引用>
−中略− 個人的な危機感は軽くても周囲や社会の危機感は重というのが今回の独身危機の特徴になっている。全国婦連婦女研究所の陳新欣女史は今のところの人々は生活の多様化を選び、「男大當婚,女大當嫁(男は大人になったら嫁をもらうべきで、女性は大人になったら嫁ぐべきだ)」の伝統は受け入れられないとも表している。独り者は既に不幸の代名詞ではない。「現代人が婚姻に求めるものにも変化が生じている。」ある交友サイトの金さんも、過去多くの若くない未婚者たちは「結婚のために結婚」していた。歳になると大抵の人は諦めて急いで間に合わせの相手を選んだ。しかし、現代の青年は結婚観も価値観も変化した。「彼らはより思想の交流を重視し、共通の話題(言葉)があることを求める。他にも不婚族や晩婚族が増え、適齢期に感じる焦燥感も減少している。」と認める。−中略−

長じたからといって望まぬ結婚をする必要がないほど豊かになった、とハッキリ書き切っていて気分が良いですね。しかし、学歴も高く経済的にも成功した典型的な「“白骨精”(白領、骨幹、精英)」の羅諍諍女史(33歳)は「我把這幾年最好的青春都獻給了工作(私なんて青春の一番いい時を仕事に捧げたのよ)。」と自嘲したりしてます。

さて、白骨精(パイグゥチン)といえば、言わずと知れた西遊記の妖怪の名であります。「白領(ホワイトカラー)」、「骨幹(バックボーン/キャリア)」、「精英(エリート)」の頭文字を当てた造語ですが、伝統的に妙齢の女性(美女)が演じる妖怪の名前をもじったトコロにうっすらイヤミを感じます。

日本の場合は該当する女性自らが「負け犬」とネーミングしましたが、「白骨精」はどうなんでしょうか。
posted by DHS at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | :性感関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月24日

やっぱり<美女宴>が好き、、、。今度は<帥哥(男体)盛り>

それにしても、、、本当に好きなんですね。

※繁体字表示です。
「帥哥人體盛宴」登場 数人の美女が楽しむ(中華網)

<引用>
中央電視台の社会ドキュメントは9月22日に「帥哥人體盛宴」を番組で取り上げ放送した。以下は番組の内容。

<女体盛り>が話題となった直後から<ハンサム兄さん盛り>が出回っていたのも当然でしょう。こんな面白いこと、やってみない方が不思議ですからね。実際、雑誌やTVでも取り上げられてたそうなので、今更さほど珍しいこととは思ってないのかもしれませんが、記事では昨日放映されたCCTV「帥哥人體盛宴亮相」の内容をほぼ網羅しています。

番組では昨年の<女体盛り>騒動について、日本からの舶来品で「女性的褻涜侮辱,對民族風尚的反叛,對中國傳統道徳的挑戦。」である、とひと通り断罪した後に<ハンサム兄さん盛り>について紹介。

ナレーション:
這位為藝術,為女性獻身的帥哥叫曉波,大學生,1米86的個頭,是一個典型的陽光男孩。當然,他獻身是無償的。(芸術として女性のためにハンサムボーイ暁波さんが身体を提供。大学生、1メートル86センチの個典型な陽光ボーイだ。当然、彼は無償である。)


お嬢さんたち、、、引いてませんか。


番組で取り上げた<ハンサム兄さん盛り>は重慶の結婚式場サービスの部門長が雑誌「新女性」編集者4名のために近くのレストランの好意を得て開催したものだそうです。ナレーションにある通り、<ハンサム兄さん盛り>の考案者である王繼さんは商業サービスとしての<女体盛り>とは一線を画す芸術行為であると称しています。

実際に<ハンサム兄さん盛り>に参加した新女性の女性編集者は、「<女体盛り>批判の当時、私には大した感覚がありませんでした。私はこれは仕事になると感じこれを仕事として完成しなくてはないと考えたのです。」とコメント。

<女体盛り>の後は<男体盛り>という至極当然な流れであるくだらない市井のイベントを、どうにかして奇怪な文明的事象であるかのように説明したいらしく、心理学の専門化まで動員し何かと解説を試みてみたようですね。結局、男性が<女体盛り>を楽しむのなら、先進的な女性が<男体盛り>を楽しみたいと思うのも仕方が無いかのような、しょうもないグダグダな話で終了しています。お疲れ様なことです。




実は・・・<ハンサム兄さん盛り>をしたことがある!という方、

←押してみてください♪
posted by DHS at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | :性感関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

山東:海草パックで無面目状態の女性に驚き、近所のオバサン足捻挫

文字通り“面子”と“メンツ”を掛けてるわけですね。はいはい。

※繁体字表示です。
“面子”問題は面倒を引き起こす パックをしたままで外出し近所の人を驚かす(中新網)

<引用>
魯中晨報の報道によると、「もう二度と面膜(パック)を付けて外出しないわ、人がビックリするから!」 昨日、張店区和平街道弁事所東方社区に住む劉さんは近所での面白い出来事を記者に語った。


6月のある日、オシャレなOLの劉さんは同僚から海草パックを薦められたので早速試してみたところ、黒々とした見た目がやや怖いもののひんやりしてとても気持ち良かったそうです。そのままのんびりテレビを見ていた劉さんはふと地下室の鍵を書き忘れていたことに気づき、すぐさま鍵を持って玄関を出た、と。

パジャマ姿で真っ黒な顔をしたまま飛び出した劉さん、階段で上がってきた孟さんが見えるとニッコリ手を振り声を掛けたそうな。見上げた孟さんは大声で叫び手持ちの荷物を放り投げて走っていく。

“孟大姐,[イ尓]這是怎麼了?我是3樓小劉ah(ウーさん、どうしたの?私よ、3階の小劉よ)。”
“小劉ah,[イ尓]嚇死我了,黒燈瞎火的[イ尓]這臉上是什麼呀?我還以為見了鬼了(劉ちゃんかい、ビックリしたわ、こんな暗いところでその黒い顔はなんだい?オバケかと思ったわよ)。”

と、こわごわと劉さんの顔を覗き込み、捻挫した足首を揉みながら孟さんは答えたそうです。

「幸好孟大姐只是扭傷了脚,要是從樓梯上摔下去,我可就成千古罪人了。(孟さんのケガが軽くて幸いでした。もしも階段の上から転んでたら、私は永遠の罪人になったわ)。」と劉さんは笑って話してくれた、そうです。



捻挫ならいいのか・・・。

というか、パック顔のままちょっとそこまで、、、なんて、取り立てて騒ぎ立てる話でもないし。

魯中晨報、平和で何よりです。
posted by DHS at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | :性感関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月25日

鄭州:大学生による「性の家庭教師」現る 多くは困惑しつつも興味アリ

AVの見過ぎ!ではありません。大真面目だからこそ始末が悪い。

※繁体字表示です。
鄭州に“性家教”出現、関心を呼ぶ:反対者の意見堅持を支援。(中新網)

<引用>
子供の性の理解を手伝い、家長の“悩み事”が解くように助ける。近日、鄭州市のとある大学の1群の大学生が自発的に組織し、思春期少年の性知識の理解を援助したいと考え「家教」の広告を貼り性困惑を招いている。“性の家庭教師”の出現は、鄭州の各界の人士の関心を引き起こし、反対者には各々の意見を堅持するよう支援している。


自ら「性の家庭教師」を名乗る大学生グループは女性3名男性2名で構成されているそうです。彼らはただ単に性の知識を教えるだけでなく、思春期にありがちな性格偏向の防止も担っているとのこと。自分達が学んだ知識や経験にたいそう自信があるらしく、その張り紙をみて実際に依頼する親もいるそうな・・・。

彼らの出現が多くの人の関心と困惑を呼んだのは確かなようですが、「"性の家庭教師"とはなんたること!」と全否定しているワケではないところがミソ。

記事も「關鍵是要看從事“性家教”的人是否具備良好的個人素質與豐富的生活知識(肝心な点は“性の家庭教師”に従事する人が良好な個人の素質と豊富な生活の知識を備えるかどうかだ)。」という専門家のコメントで締めくくってるあたり、"性家教"には結構興味があるようです。

それにしても、「良好的個人素質與豐富的生活知識」って誰がどんな基準で判断するのでしょうか。
posted by DHS at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | :性感関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月04日

鄭州:38センチ以下のミニスカで入場半額の遊園地 お土産にコンドームも

「セクハラだ!」なんて無粋なことは言いませんよ、だって半額になるんだもん。

※繁体字表示です。
遊園地の奇異な画策:ミニスカ女性は入場券が半額(図)(中新網)

<引用>
大河報によると昨日、鄭州のある遊園地は38センチ以下のミニスカを穿いた女性には入場券を半額にするという特殊な優待システムを行っているという。翌日、従業員が入場口で計測しているとただ一人だけ半額となった女性がおり、同時に“神秘的な贈り物”としてひと箱のコンドームが差し出されると、多くの恋人たちは見ただけで尻込みしていた。


せっかくの優待システムでも余りに宣伝してしまうとやって来る女性がみなミニスカになってしまわないのか?入場者が増えるのは良いけど、いくら増えても半額だし、しかもコンドームひとケースまでお土産に付けるとなると完全に赤字でしょう。新聞で報道されるのも痛し痒しかも。

いやいや、これ、どんどんスカートが短くなってくかもしれない。そのうちマイクロミニになるかも。夏になることだし、水着の女性は入場タダとかまでエスカレートするかもしれませんね!そうなったらお土産は何になるんだろう???なんたって性玩具製造世界一ですからね。期待したくもなります。

しかし、楽しいのは若者だけか。カップルがコンドームを貰ってるのを見ていた子供に「あれは何を貰ってるの?」と聞かれた母親は困ってたそうですから(苦笑。
posted by DHS at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | :性感関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月22日

内地:過剰な販促活動に喝! 特に<美女宴会>は人権侵害ですから!

だから・・・。美女が好きなんだから仕方ないでしょう?むしろ、たかが<美女>であっさり煙に巻かれる消費者体質に問題あり。

※繁体字表示です。
美女宴会などの人権侵害を含む販促活動はいずれ処罰される(東方日報)

<引用>
−中略− 近頃いくつかの地方で美女宴会や人体ショー、ショウ・ウインドーの生きたモデル陳列などの販促行為が現れている。商工業総局は、この種の行為が人権侵害に属し不良文化的な販促行為を広め、また既に不正競争禁止法に背いているため、各地の商工業機関に法律執行と監督取締強化を行うように通達したと語った。


「内容を伴わない過剰包装はイカン!」という趣旨のもと取締りを強化している一環として、「美女宴会やモデルのショウ・ウィンドウ陳列」は人権侵害も含まれるのでこれもまたいずれ処罰の対象となるようだ、とのこと。

「生きたモデルのショウ・ウィンドウ陳列」とやらは確かにしんどそうです。もちろん、ポーズをつけたままじっとしているワケじゃないでしょうが、それでも肉体的、精神的にも相当ハードでしょう。それでも、それなりなおギャラを頂ければやる人はいるだろうし、そういう人たちは「人権侵害だ!」とは訴え出ないはず。対価を貰ってるんですからね。



パンツ・・・でかい。

しかし、これで果たして売り上げが上がるのでしょうか・・・。甚だ疑問です(汗。

もうひとつ、「美女宴会」っつーのはどんな販促活動なの?と疑問に思う人民の皆さんの為に、ちゃんと資料もついてました。

※繁体字表示です。
美女宴席と人體ショー(同:東方日報)

あれ?どっかで見たような・・・女体盛り。どうやら「美女宴会」とは<女体盛り>の事を指すようです。販促イベントの出し物に<女体盛り>を導入しているところが結構あるようですね。本家日本じゃこんなにヴァラエティに富んだ<女体盛り>を平素目にする事はできません。やっぱり・・・好きなんじゃん。
posted by DHS at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | :性感関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月13日

成都:最速8分でカップルに 流行る“お見合い喫茶”

ものすごく怪しい・・・、ですけどね。

※簡体字表示です。
“8分でカップル成立”成都版お見合い喫茶、ロマンチックに上演(図)(千龍網)

<引用>
もしあなたが独り身なら8分間差し上げよう、あなたが全然知らない異性からの“確定”を得るために。12日晩、欧米の“8分でカップル成立”の成都版が城南某珈琲屋でロマンチックに行われている。


欧米式「8分錘速配交友」つうのが何を指すのか分かりませんが、“美眉”はお店が手配しているようなので、一歩間違えば完全に風俗です。それがこれだけ健全(に見える)なのは、ひとえに成都市民の人の良さのせいなのでしょうか。
posted by DHS at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | :性感関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月16日

甘肅:出入境公安職員、身分を利用し香港・マカオへ選りすぐりの夜の蝶のべ300名を護送。

内職がバレました。

※繁体字表示です。
甘肅公安が用心棒:不法売春行為者300名を香港/マカオへ護送(大紀元)

<引用>
甘粛嘉峪関市公安局の出入国管理課のとある警官が職権を乱用し、国内各地から集めた売春婦300名を香港やマカオに護送するため、数ヶ月の間に度々ねつ造した証明書を申請した。このねつ造の露見は世間を大いに驚かせた。


300人をいっぺんに出境させてたワケじゃなさそうです。ひとりにつき100元のマージンを取っていて、けっこうな儲けだったそうな。何もかもこの警察官が一人で仕組んだことじゃないでしょうから、既に後任者がいるのかもしれない…。
posted by DHS at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | :性感関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月26日

重慶:街中にいたずら貼紙「急募!性の達人」by 満たされない若妻(実名)

<高手>を急募しているわけですから、<応募者>は相当自信がある人達ですね。でも、それってどうやって確かめるの?(←ちょっとカマトト)

※繁体字表示です。
若妻が「性の達人」募集 応募すれども実体無し(新浪網成報)

<引用>
重慶街頭に最近「急募・性の達人」の貼紙が現れた。貼紙の主は自らを「既婚婦人」を称し、夫が「もう威風が無く」満足出来ないので<性愛の達人>を早急に募ると書かれているという。また、夫妻の姓名も公表し連絡先も明記してある。この夫はしきりに掛かって来る「応募者」の電話に怒り法に訴えると言うが、未だ貼紙の件が本当なのかどうかは分からない。



当然ながら奥さんはこんな貼紙を出すワケもなく、旦那さんも「性無能」では無いようです。同じ内容の貼紙が街中に4枚ほど貼られたそうですが、どれも筆跡の違う直筆でってところが怖いですね。重要な遺留品があるのだから、早々に犯人を捕まえてもらいましょう。
posted by DHS at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | :性感関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月17日

銀行つながり:ひとつは“精子”、どちらもお客は女性なり

日本での年収でさえ“女子銀行”の顧客にはなれません。“精子”の方も予定無し!ぐすん。


※繁体字表示です。
銀行は女性を“偏愛”する 中國初の女子銀行、本日北京に現る(中新網)

<引用>
“女性経済”はここ数年来盛んに発展し、精打細算(綿密で正確)な金融界もこの“金鉱”を注視している。北京銀行は本日、中国初の正しく意義のある女子銀行を正式に北京にて開業すると発表した。


江蘇:精子バンク、初めての“提供成功”例 胎児は既に2ヶ月(東方日報)

<引用>
昨日、江蘇省の人民病院からの情報によると、この病院にある江蘇で唯一の精子バンクには一名の“提現(提供成功)者”がおり、また、この特殊な精子を受胎した2ヶ月の胎児もいるという。聞くところによると、これは現在全国報道でも一番目の精子バンク“提現(提供成功)者”だ。



“女子銀行”の方は、女性預金者に特化したサービスを揃えている普通の銀行ですね。しかし年収30万元(約390万)以上の職業女性が対象とは恐れ入った。それでも現時点で100人以上も口座を開こうとしている人がいるようです。凄いですね。

“精子銀行”の方は男性が預け、女性が引き出す、と。ま、嫁が引き出しただけですが(笑。旦那の精子を嫁が使用したのに<特殊な精子>呼ばわりとはケッタイな。現在提供者は10人ほどいるものの、今回の件以外では引き出す女性はまだいないようです。
posted by DHS at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | :性感関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月28日

北京:成人保健用品商店で人気の情操剤 ほとんどが“三無”商品 

新浪網の記者さんも東方日報に負けず潜入取材を敢行しています。って、そんなにデンジャラスな内容じゃありませんが。


※繁体字表示表示です。
北京:性用品市場は少し乱れている (新浪網)

<引用>
“蒼蠅粉(ハエの粉)”、“紅蜘蛛”、“瘋狂新娘(気の狂った新婦)”などは公然と販売することは禁止されている。またそのほとんどが“三無(無製造工場名、無連絡先住所、無製品説明)”なので真贋の見分けもつき難く、監視・管理するべき工業、衛生、薬品監督管理、公安などの各部門にも適用すべき法律が存在していない。北京の成人保健用品商店ではこのようなものがどこでも見られる。



売っているのは文字通り<保健用品店>で、本来は健康食品や健康補助薬を取り扱っているところなワケですが、その中には精力剤も含まれ“偉哥”をはじめとしていろんな商品を取り揃えているようです。

問題なのは正規の薬剤に加え、“三無(無製造工場名、無連絡先住所、無製品説明)”商品も多く混じっている上、それらの商品がこれまたよく売れるのでしょう。

記事では、禁止されている“三無”商品がこれだけ流通されていることに対して、管理すべき公的機関は適用法がないからといって野放しにしている、また公安に至っては「經營中的違法行為不屬公安局管」と<我関せず>の対応だったことを告発しています。

適用法が無いというのは、理解できません。“三無”商品はダメという決まりがあるなら、その商品を置いている店に勧告を出せば良いんですよね。ま、勧告を出したところで、その件で商店を営業停止にするまでのことは出来ないということなのでしょうが。

しかし、“三無”の<催情藥:情を催す薬>のネーミングが凄いですね。“紅蜘蛛”って確かにムラムラしそうです。女性用なのでしょうか。
posted by DHS at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | :性感関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。