2006年11月23日

重慶大学:8000人分の笑顔写真で作った奥運ロゴマークを組織委に寄付予定。

私事ですが、ケータイのカメラのマクロボタンが昇天しました。これもう買い替えかなぁ。。。あ、いいのか、ケータイ(電話)なんだもん。



※簡体字表示です。
大学生は8000枚の笑顔写真を採集し奥運ロゴマークを作る(図)(千龍網-重慶商報)

<引用>
「来て! ちょっと笑って?私たちがあなたを撮影するとあなたの笑顔がみはオリンピックのロゴマークの一部になるから!」昨日、大学城重慶キャンパスで、「8000の笑顔でオリンピックのロゴマークを作る」活動がスタートした。大学生たちはカメラを持って、8000枚の笑顔を採集しつづり合わせてオリンピックのマークを構成し、オリンピック組織委員会に寄付する予定である。昨日は1時間あまりの内に約2000枚の笑顔を採集した。


あたたたた。こりゃRecord Chinaっぽいネタになってしまったかも・・・。


この活動の主軸を担う重慶大学人文芸術学院の学生さんたちは、以前も同じ方法で3000人分の笑顔写真を元に校章マークを作った実績あるそうです。今回の目標は8000人分の写真を使い、高さ10メートル、横8メールの大きさでオリンピックマークを作り、加えて紅色の「京」の字もあしらい、「Beijing2008」と五輪マークも入れ込む予定なのだそうです。

彼らの活動の目的は、「より多くの人にオリンピックに関心を持ってもらう」ことなのだそうですが、開催決定以降、様々な催しを繰り出しこれだけ盛り上げてても、一般の公民の皆さまの関心は今ひとつといったところなのでしょうか。
posted by DHS at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | :流行モノ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月14日

北京:首都版「阿甘(フォレスト・ガンプ)」、ひと月のうちに随行者30人。

画像がコレじゃあねぇ。取材までしてるのにどうして「阿甘」の画像がないのでしょうか???



※繁体字表示です。
北京の“阿甘”は白領を連れて走る ひと月で30数人が追随する[図] (東方網)

<引用>
映画の中では阿甘(フォレスト・ガンプ)はアメリカ大陸をマラソンで横断し、数百人がその後に続いた。今、通州にもひとりの“阿甘”がいて、毎晩翠屏北裏小区付近を健康の為に走り、多くのサラリーマンの追随を受けて、ひと月経つと続々と30数人が参加するようなった。


阿甘(アガン)とは中文題:阿甘正伝「フォレスト・ガンプ」のことです。何故だか(プ)の部分には音を当てないのですね。

さて、北京の阿甘の走りは奇跡的な人物の仕業というわけではなく、網友の海鷹さんがネットで呼びかけて健康の為に夜の北京を走るうちに、次々と参加者が増えて、今や30数名での走りとなったとのこと。

色とりどりのトレーニングウェアを身に着けた随行者は増え、街中でも大いに目立っているそうですが、アメリカを横断したに比べるのも恥かしいほどの短い距離、おおよそ3キロの行程で「阿甘」を名付けるのも如何なものでしょうか。

また、この付近はあまり治安も良くないので、男性陣が女性陣を囲うように走ってるのだそうで・・・。紳士的な行いは素晴らしいのですが、そこまでするぐらいなら他の安全なルートを探しても良いですよねぇ。
posted by DHS at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | :流行モノ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

北京奥運:福娃の英名、「Friendlies(フレンドリーズ)」だったけど「Fuwa」に正式改名。

珍しくリアルの世界で仕事が詰まってしまっていたために、先月末からほぼひと月近く、全く以ってシナヲチに集中できておりませんでした。折りしも「内地も連休だしねぇ」と甘えてしまったせいで、すっかり浦島。先の週末はなんとか上網したものの脳がついて行けず、結局は今頃かよ!な『水曜どうでしょう』を見ながらごろごろしてしまいました。



さて!

リアルもなんとか落ち着いたので、今日からはしっかりエンジン駆けて張り切って参ります。
でも、まだリハビリ中です。




※繁体字表示です。
福娃(フーワー)の英名、中国語ピンインの“Fuwa”に正式決定[組図](東方網)

<引用>
先日、記者は去年11月に発表されてから論争の的であった2008年奥運マスコットの“福娃(フーワー)”の英名“Friendlies”が、既に先週より中国語ピンインの“Fuwa”に正式に変更され使用されていることを北京五輪組織委員会に確認した。


ヲチすらままならなかったので、こんなことにはサッパリ気がつきませんでした。へぇ、今まで福娃(Fuwa)の英名は「Friendlies」だったんですかぁ。というか、「Friendlies」というのも随分乱暴な造語を当ててましたねぇ。


記事によれば、この「Friendlies」なるネーミングにはやはり多くの反響が寄せられていたそうで、わざわざ蘭州大學の李博士を引っ張り出してきて多く寄せられた「3つの疑問」をまとめさせています。


疑問:その1

“友好的人(友好的な人)”、“運動隊之間的比賽(スポーツの親善試合)”という意味から「Friendly」ときて、複数形だから「Friendlies」・・・なのか?


至極まともな疑問ですね。取り敢えず、辞書には載ってませんし。



疑問:その2

在發音上,“Friendlies”跟“Friendless”(沒有朋友的)發音雷同,容易造成誤解。
発音上では「フレンドリーズ」は「フレンドレス」と似ていて分かり辛いのではないか?



・・・。


似てますか? 似てるのか・・・。疑問なのか。




疑問:その3

在單詞讀音上會讓人認為:“Friendlies=Friend(朋友)+lies(説[言荒])”,會産生岐義。
(単語を見ただけでは「friend(友達)+lies(嘘<複数形>)」にも読めてしまい、曖昧ではないか?)




・・・。


むぅぅ。  深読みしすぎ。




人民の皆さんだって、今までの英名が「Friendlies」だったホントの事情はよく分かってたんでしょうけども。大人だなぁ。


大袈裟に「Fuwa」に正式変更したと発表せざる終えなかったのかと思えば切ないですね。今までだって説明するときは「Lucky Friends」だったでしょうからねぇ。
posted by DHS at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | :流行モノ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

日中合作アニメ「関羽」 日方デザインで“[上/下]哇伊”(カワイイ)になったらどうしよう?

うっかり九一八をやり過ごしてしまいました。ヤフトピではノリノリの日本メディア報道が海外ネタのトップ項目になってたりもしますが、内地では管制報道が行き届いており、国恥警報が鳴ったぐらいで終始しております。ガス抜きは大よそ「SK-II ネタ」に絞り込んであり、来るべき自民党新党首との会談に向けての準備に余念が無い様子。


街ネタとして「国の恥ずべき日にホテルを新規オープンするなんて!カーッ!」といったものもありましたが、さして目立った扱いではありませんでした。

※繁体字表示です。
浙江義烏の豪華ホテルが国恥日に開業 痛みを感じる網友が糾弾(中新網)



最近じゃ「ネタがない、ネタがないー。」と嘆くことも多いのですが、今日はグッと来るネタが多くて困りました。せっかくだから、もうちょっと分散してくれれば言うこと無いのに。


床で目玉焼きの作れる家とか、ステキなんですけども。

※繁体字表示です。
広州のある家は床板が温度92℃、火傷して目玉焼きも作れる[図] (東方網)

・・・地下に温泉が通ってて天然オンドル状態なのではないか?という読みだそうで。





でも、今日のネタはコレです。

※繁体字表示です。
中日合作の関羽アニメ 日方デザインの関羽デザインが論争を誘発(図)(中華網)

<引用>
中国が一千万元の資金拠出するのアニメ『関公』が間もなく撮影を開始するが、日本側が担当する作画デザインが論争を誘発している・・・。 −中略− 昨日記者の耳に入ったところによれば、吉林芸術学院アニメーション学院は近く日本の小学館株式会社のアニメ発展センターと協力して、5000〜7000万元を投資して、アニメ『関公』を共同制作するという。日本の小学館株式会社アニメ発展センターはかつてアニメオタクのために『機械猫(ドラえもん)』、『偵探柯南(探偵コナン)』などを制作しているが、今回の中国との共作『関公』では、この美しい髭の関公が“[上/下]哇伊”(可愛い)?”になってしまうのだろうか? 関公は正真正銘の中国の歴史人物なのに、なぜ中国人は単独で伝統の英雄のアニメを作れないのだろうか? −中略−


・・・しまった。「床で目玉焼きが出来る家」の方が良かったかも。



国策で国産民族高揚アニメを作ろう!と気勢を上げていたわりに、小学館との共同プロジェクトとなったとたんデザインが日方になってるとは、どうしたことでしょう。

いろいろなしがらみがありつつもこのような契約に落ち着いたのでしょうが、そもそも、「日方デザインの方が人気が出そうだ」というのは内地のアニメ制作者も思うところだったのではないでしょうか。

『ドラえもん』とか『コナン』ってその筋の人から見れば「バイブル」みたいなものでしょう?いくらでも技術やセンスを盗みたい内地のアニメ制作者にしてみれば日方のやり方をじっくり観察する良い機会です。

しかし、内容が『関羽』であるがために日方デザインで可愛いくなっちゃったりしたらどうしよう・・・なんて下衆な心配してどうする。贅沢な悩みというか、肝っ玉が小さいというか。

海外で中華の物語が広く愛され受け入れられてる!どうだ!と堂々としていれば良いだけです。例え三蔵法師が女性にされても(byマチャアキ版)、ムーランが混血児にされても、「ヤツらはどうせ分かってないんだからいいのさ」とやり過ごしてこそ大人。

日方のノウハウを大いに盗んで自分達で自分達のためだけの『関羽』を後でちゃんと作れば良いだけです。






日方はそうそう簡単に奥義を教えてはくれないだろうけど。
posted by DHS at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | :流行モノ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

上海:金庸、古龍ネタ満載の武侠レストラン登場で著作権侵害の嫌疑掛かる。

画像が無いのがマイナスポイントであります。



※繁体字表示です。
武侠レストランが上海に登場 金庸の武侠小説よりアイディア引用で著作権侵害の嫌疑かかる(東方網)

<引用>
箸は“雙截棍(ヌンチャク)”、スプーンは“小李飛刀(古龍)”、白米は“黯然銷魂(by楊過)飯”、全ての客が“大侠”“女侠”と呼ばれる・・・。一軒の変り種の武侠レストランが近日上海にオープンし、店内の内装や料理に武術界の特色を持たせてある。しかし法曹界人士は、店のアイデアの大半は金庸の武侠小説の内容から引用しているが金庸の許可を経ておらず、著作権侵害の嫌疑が掛かるかもしれないと語っている。


著作権侵害かどうかは法曹界人士に任せます。竹でディスプレイされた店内、テーブルにはそれぞれ<青城派>、<少林>、<武當>などの印が書かれ、流派の武器を持った頭首も書かれているのだそうです。

取材に行った女性記者が<丐幇>の席に案内されると、ウエイトレスが一言「丐幇女侠到!(丐幇女侠いらっしゃいました!)」と言うんだそうです。



楽しそうじゃないですか。



だからこそ、この記事に画像が無いのが悔やまれます。探してみたけど今の所は他に該当するニュース素材も無さそうなので、今暫くは様子を見ましょう。



ちなみに、“黯然銷魂飯”は周星馳も『食神』で<鎮魂飯>としてネタ利用済みです。




追記:画像来ました。

“武林”餐館亮相合肥[組圖] (9/19付:新華網)

思ったほど・・・、面白くなかったかも。
posted by DHS at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | :流行モノ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

パラリンピックのマスコット決まる:福牛楽楽(ルァルァ)ちゃんは一見クール。

今日という日が数十年後には祝日なるのかもしれないと思うと、嬉しいですよねぇ。本当におめでとうございます。


内地は今日も正常運転。話題豊富な1日でしたが、ニュースの物量的に一番だったのがコレです。


※繁体字表示です。
“福牛楽楽”お披露目 2008年北京パラリンピックのマスコット[図](東方網)

<引用>
9月6日晩、北京五輪組織委員会は八達嶺長城の麓で2008北京パラリンピックのマスコットの発表セレモニーを行い、福牛楽楽(フーニゥルァルァ)を2008北京パラリンピックのマスコットに確定した。


予定通り2008年北京パラリンピックのマスコットが発表されました。




キミは楽しいのか?




牛です、牛。[ロ那][ロ宅]でもなく中華龍でもなくて。しかも、切ないかな名前が「楽楽(le4le4)」!これがまたカタカナ表記が難しい。(ルァルァ)でどうでしょうかね。可愛らしい雰囲気に良い名前を持つキャラクタですけども、気になるのはその表情。

決して目は笑っておらず、あまつさえ口が無ければ手も後ろに回ってしまってます。特に何かを意図してのことではないのでしょうが、これがパラリンピックのマスコットだという点でちょっと引っかかりました。

このキャラクタもまた五福娃と同じように様々なグッズとなって露天を賑わす予定なのだそうですが、これも同じように売れるのでしょうか?人民の皆さんがワケ隔てなく楽楽グッズも買うのなら、それはそれで素晴らしいことだと思います。
posted by DHS at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | :流行モノ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月31日

変わった名前の新入生増える。先生も点呼するのに字典を引き引き。

もう新学期ですかぁ。ワタクシなんぞ親に貰った美しい名字がありながら、平素はわざわざ古めかしくて田舎っぽい名字を使用していますが。だって、名が体を上回ってるんだもん。とほほ。



※簡体字表示です。
新入生の名前はめったに見ない字が多過ぎる 先生は点呼するにも目を疑って忙しく字典をめくる(図)(TOM新聞)

<引用>
29日は成都泡桐樹小学校の新入生の始業式前の育成訓練の日だったが、泡小の先生達は生徒の名簿を貰ってみて大変バツが悪かった。ほとんど全てのクラスの子供たちの名前の中にめったに見ない字があり、また、繁体字が使われたりしている。ああ!子供の名前にめったに見ない字や繁体字が多すぎる奇怪。学校は子供たちの発展に影響が出ることを心配している。


小皇帝の増加で勢い物珍しい名前が続発しているようです。読み方は字典で引けば一回で解決するけど、PCに打ち込むにも慣れた人が多用する「五筆輸入法(部首割り振り式)」じゃ出てこないわ、ピンインを全部打ち込む「全pin輸入法」でさえ出てこない難儀な漢字があると仕事も倍になってしまうと愚痴っております。

その程度ならまだ愚痴で済みますが、そこで済まないのが新義務教育システムなのか。変わった名前の子が増えると子供たちの「発展に影響が出るのでは?」と懸念しているそうで。。。


「悪魔くん」みたいな明らかに教育的に良くない名前の子がいるワケでは無いようですが、めったに使わない珍しい漢字のみならず、通常使用する意味を越えて「響きが良い」とか「カッコイイ」という理由で使われる字も、見た目が複雑で聡明そうに見えるからと繁体字を多用するのもいただけない・・・と。



はぁ。それはやっぱり愚痴なのではないですか?


珍しい名前のせいでイジメられる子が出てくるというのは困りものですが、みんながみんな変わった名前なら、むしろオーソドックスな名前の子の方にイジメられる心配が出てきてるのかもしれない。



ちなみに、記事中には変わった名前の例として、黄[イ呉]揚(ホアン・ユゥェヤン) 、鄒荊[火火/火火](ヅォウ・ジンイィ)が紹介されています。手持ちの中日辞典(小学館)によれば、[イ呉](yu3)は「[イ呉][イ呉]」と二つ重ねて<背丈の高いさま>を表わし、[火火/火火](yi4)は人名用となってますが、共に古代の字で現在は余り使われていないという注釈マーク付きの字でした。

なんせ火が四つですから(爆。元は見たまんまの<焚き火>とか呪文だったのかもしれません。


併せて、最近のお子は三文字の名前が流行りなんだそうです。こういうのに敏感な芸能界で三文字のアイドルなんかが出てきたらブームも本物なるのかもしれません。楽しみにしておきましょう。
posted by DHS at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | :流行モノ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

杭州西湖:全身に奥運競技マークのタトゥーを入れて支援する若者登場。

内地の彫師さんたちも主流はアメリカン・タトゥのようですが、水滸伝ネタや吉祥天女系も根強い人気がありそうです。


※繁体字表示です。
杭州の若者:全身にオリンピックの競技マークを1000針(組図)

<引用>
2006年8月29日昼頃の杭州、身体いっぱいにオリンピック・競技マークのタトゥーを入れた若者が西湖湖畔でオリンピックの宣伝をしていた。近づいて見ると、上半身に35の競技マークや北京2008オリンピックのロゴマークなどがある。若者は言う、「プロに半月近く時間をかけてもらって約1000針ほど彫りました。髪形は西湖に来てからデザインしたものです。私はこのような行動で皆が北京2008オリンピックを支援することを望みます。」


完美中国 完美人生(完璧な中国 完璧な人生)ですか。。。しかし、プロが半月かけた割にはザツでは無いですか?



肉が無い分、彫り難くそうですけども。


彫り物はこれから修正することも可能でしょうが、髪型は維持するのが面倒そうですね。是非とも頑張って続けて欲しいものです。



★中国紋身網★(簡体字)
posted by DHS at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | :流行モノ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

手[巾白]王子(ハンカチ王子) 台湾でも注目。

あたしゃ甲子園というのには縁が無いのですが、今年は大そう盛り上ったようですね。



“ハンカチ王子”斎藤の素顔…夢はヤンキース入り?(ZAKZAK)

<引用>
球損に残る好投とクールな表情で、久々に誕生した甲子園のアイドル、早稲田実業の斎藤佑樹投手(18)。その素顔や、ハンドタオルの謎、進路などにも注目が集まり、ブームは当分収まりそうにない。


何せ試合やニュースを見て無いので、どんな好投をしてどのへんがクールだったのかサッパリ分かりません(汗。ハンドタオルの謎というのも「どこのブランドか?」ってなことだとは、なんとも恐ろしいナゾです。

しかし、早実の優勝というのは素直に嬉しいものです。生まれ町がワリと近かったので多少の親近感があります。



親近感といえば、台湾(強引)。当然のことながら日本甲子園に出でたアイドルにも大注目している模様。


※繁体字表示です。
甲子園選手権大会 新しい怪物投手の齋藤(蕃薯藤)

<引用>
大先輩の王貞治や荒木大輔を大いに上回る業績で、早稲田実業は切り札の投手の齋藤佑樹の統率のもとで甲子園の王になる。東京の民衆は「あのピッチャーのコは、ハンカチ王子と呼ばれるとても可愛い子だよ。」 という。マウンドではいつも満面のクールな様子、しかしよく青いハンカチを取り出して汗を拭くことがあり、齋藤はハンカチ王子の愛称を得た。


やっぱり王監督もチェックされてる(笑。それにしても日本球界に詳しいですねぇ。ハンカチ王子もまんま「手[巾白]王子(しょうぱわんづ)」でございます。しかもこのネタ、蕃薯藤の娯楽新聞枠ですから(笑。
posted by DHS at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | :流行モノ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

女体盛りの進化極まり、趣味と実益を兼ねた<吃人宴(の真似)>流行る。

特別美味しくはなさそうですけどね。



※簡体字表示です。
ネットに“吃人宴”の図現れる 男女は“死体”を囲んで食す(組図)(TOM新聞)

<引用>
去年、女体盛りのニュースが社会に極めて大きい関心を引き起こした際は、多くの専門家がこのような食べ方に対して鋭い批判を出していた。先日、1組の“吃人宴”という写真が女体盛りに続いてネット上でまた網友たちのホットな評論や評定を引き起こしている。Googleでは4940項目の“吃人宴”の検索結果が出て、記者は多くの文章の中から“愛是辣舞(悪辣なダンス)”と表したブロガーの評論も発見した。


日本の“忌むべき伝統”であったはずの「女体盛り」がすっかり定着し、「ハンサム兄さん盛り」にも飽きて、とうとう趣味と実益を兼ねた「死体盛り」まで辿りついた模様。いずれはこうなると・・・思ってませんて。




やっぱりボカシは必要なのか。




実際、「死体盛り」といっても流石にホンモノを持ち出したワケでなく、写真のような<カステラ少女>にナイフを突き刺して歓んでるようなので、まぁ、平和です。


だがしかし、どこかでホンモノの<吃人宴>が行われていないという保障は、一切ありません。
posted by DHS at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | :流行モノ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

カウントダウン奥運活動盛況。まだ2年もありますが。。。

14歳の母」で検索をかけて来た方、ご期待に沿えずスミマセンでした。でも、違うネタだって分かってましたよね・・・?




※繁体字表示です。
奥運まであと2年のカウントダウンイベント “ 福娃は全世界に吉祥を送る ”[組図](中國網)

<引用>
8月7日、中華民族園内の少数民族の青年たちは2008年オリンピックのマスコットと歌い踊った。この日は2008年のオリンピックまで2年の節目の日であり、北京中華民族園の160数名の少数民族の従業員たちが、各民族伝統のスポーツの出し物に出演した。 −中略− 8月7日晩、中国文体明星北京奧運宣伝助威団メンバーの陶紅(タオ・ホン/左1)、梅[女亭](メイ・ティン/左2)、張国立(チャン・グオリー/右2)などがマスコットの福娃と一緒にステージに立った。


まだ2年もあるんですけど。これから毎月のように<倒計時>絡みのイベントが行われるでしょう。大体、倒計時2週年の<2周年>ってところが、日本人的には物凄く違和感を感じるところです。

こんなことにお金を使うぐらいなら、南方の水不足対策にまわした方が良いように思うのですが、この手のイベントで公民を鼓舞させたほうが手っ取り早く安く済むという計算なのかもしれません。


まぁ、お好きなようにしていただければ良いと思います。中央は広東諸侯の動向だけはちゃんとチェックしてるでしょうからね。



中国文体明星北京奧運宣伝助威団(中国文体スター北京オリンピック応援団)のメンバーである国立叔叔。




風車の飾り・・・(汗。ちょっと斬新です。



さすがにこの格好は恥かしそう。いや、それよりもその分け目はワザとなのか・・・?
posted by DHS at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | :流行モノ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

障害者の流し:プロの目に留まりコンピ・デビューも間近。

ここでは中国ニュースの中でも「楽しく」「前向き」なネタを取り上げるように心掛けているのですが、今年はどうも芳しくありません。最近の社会ニュースネタも、大雨や台風などの天災や工場爆発や建造物の崩壊&倒壊、汚職摘発に、鳥インフルに食中毒、痴話喧嘩の果ての投身自殺(巻き添え多数)などばかりで、少々哀しい思いをしております。



※繁体字表示です。
文化企業は珍しい街頭で流しをする乞食を招き 特別号を出したいと考える[図] (東方網)

<引用>
人々はいつも街頭で、各種の楽器を演奏し生計を立てる乞食の“芸人”を見る事が出来る。現在、これらの“芸人”乞食のために特別号を出し彼らの“スター”の夢を製造するため、ある人は無料で彼らを包装しなければならない。


街角でスカウトされた“乞丐藝人”の徐升(スー・シャン)さんは生まれつき足が萎縮している身体障害者なのだそうです。家庭環境と自身の障害のせいでまともな職業に就くことが出来ず、結果乞丐をするしかないとなった時、以前たしなんだ二胡の事を思い出し、街角で流しをすることにしたそうです。

故郷を出て南京までやって来た徐升さんは日々街角で自らの演奏に磨きを掛けていくうちに、いずれは大きな舞台で演奏してみたいという夢を持つようになったそうです。過酷な境遇でも前向きに生きている人は輝くもの。そんな徐升さんの周りには多くの人が集まるようになり、自然とおひねりの数も増えたことでしょう。

集まった人の中に文化発展公司のマネージャーを勤める胡さんも居たと。胡さんは徐升さんの路上演奏に通いつめ、彼の境遇や現状を理解した上で、徐升さんのような障害者や、生活を維持するためにやむを得ず路上に立っている<乞丐藝人>を集めた特別コンピ盤のリリースを申し出たそうです。もちろん、いずれ大きなステージで演奏できる機会も考えているとの事。素晴らしいですね。


さて、私には分かりかねるのが「免費包」。「CDを無料で制作する」の意味なのか、「無料のCDを制作する」なのか。まぁ、どう考えても「CDを無料で制作しますよ」ということなのでしょうが、「CDを出しましょう!」とスカウトしておいて「お金ちょうだい」ってこともあるってことなのでしょうか。


そりゃ、そういうこともあるのか。。。


結局「自主盤」ってことなら、皆でお金を出し合って作る分を文化発展公司が面倒を見ますよってことなのか。なら、売り上げはどうするの???
posted by DHS at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | :流行モノ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

内地青少年に流行する「恐怖文化」 おどろおどろしい書物は子供たちの成長にマイナスだ。

日曜日はネタがないー。



※繁体字表示です。
中国青少年の中で流行する 恐怖文化(大紀元)

<引用>
《工人日報》の報道によると、現在いくつかの出版社は奇怪でエキサイティングな健康的ではない心理状態を求める青少年に迎合するため、往々にして目の前の僅かな利益だけを見て社会的効果を考慮せず、例えば「一地骨頭」、「靈異恐怖档案」や「鶏皮ge1da2叢書」などの恐怖書籍を出版し、青少年の読者を招き寄せている。本の中では感覚器官を刺激するエキサイティングな図片や文章が揃い、中でも「血流成河」、「魂飛膽喪」、「殺光搶光」、「昏天黒地」などは人をぞっとさせる。


小中学生がこの手の恐怖読み物に興味を持つのは寧ろ正常です。文字やイラストで描かれたものをイメージ出来るなら尚結構。恐怖書物の影響を受け残忍な人間になる人など全体数から言えば微々たるもの。ま、パイがデカイだけに無視できないのも分かりますけどね。

南の方じゃ食べ物屋さんが街中で鳥や野生動物をライブで捌いてるし、上訪だー!と盛り上り過ぎれば公安が容赦なく市民に武力行使するのを目近に見てるんですから、今更「恐怖文化」ごときぐらいでは大勢に影響は無いでしょう。

恐怖文化は思わぬところで文学的な素養を育むこともあります。出来れば、ただ暴力的でおどろおどろしいものだけではなく、もっと精神的にゾーッとするものなどの文学作品も幅広く出てくれば尚宜しいのではないでしょうか。

ちなみに、記事ではこの手の「恐怖文化」を取り締まれ!という趣旨では無く、「このような書物に触れる機会の多い青少年の読書環境を整えましょう」と結んでいます。正常です。良かった。
posted by DHS at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | :流行モノ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

大連:“漢服復興”宣伝活動 漢服姿の大学生が街を練り歩くも反応はイマイチ・・・。

日本でも夏場には「甚平」率が若干上がりますよね(んなーこたぁない)。あれはやっぱり涼しいのだろう。漢服も似たような構造なら風の抜けがあって涼しいかもしれない。



※簡体字表示です。
大学生が伝統の漢服をまとい街頭を征くも、韓服や和服を着てると見なされる(図)(TOM新聞)

<引用>
華商晨報大連のニュース :「ある人は意外にも、私達が身に着けた漢服を韓服や和服だと思ってた。」大連大学人文学院の学生が近日より始めた「漢服復興」宣伝活動は大連の街角で思わぬ冷遇に遭った。昨日午後、記者は宣伝活動の発起人、大連大学人文学院の学生・瞿秋石の携帯電話を鳴らすと、そこからは古曲《高山流水》の滔々とした音色が聞こえてきた。しかしこの合肥の女の子の声は多少低く沈んでいる。「私達は道行く人に漢服の歴史と文化を紹介することを試みましたが、興味を持つ人は居ないようで、まばらな拍手があっただけ。私はこれを予測でき無かった。 」


観察“漢服復興”(TOM新聞−華服復興:夢回漢唐的中国式表述)




暑いからとはいえ、これじゃ着崩れ過ぎ。





その志や良し!としたい。しかしこの格好ではどうにも入れ込めないモノがあります。下にTシャツを着込むとは何事か。しかも蛍光カラー(笑。大体、5人とも足元が写ってない時点で相当ヤヴァい。まさかスニーカーとかサンダルを履いてはいないでしょうね!?  オシャレは足元から。これ基本。



下手に長い歴史があるせいか、一口に「漢服」と言っても「コレ!」と統一出来ないないのが苦しいところ。韓服といえばチマチョゴリ、和服といえば江戸後期〜明治のシンプルな着物を思い出すといった単純なアイコンを持つのはなかなか難しいのかしれません。

年代や朝廷の時代設定で区切るのもなかなか難しい。。。より優美なイメージがあるのは唐ですが、漢民族の誇りを考えればやっぱり漢か。時代が近いので清末のチャイナドレスは広く知れ渡ってますが、これは民族的には大いにウェルカム!とはいかないのか。


ま、どちらにせよ、学生さん方が身に着けてるのは、皆それなりの位に就いた裕福な方々がまとったおべべなので、凡そ一般人民には縁遠い格好のはずなんですけど。

これでは単なるテレビ版古装劇の(劣化)コスプレで終ってしまいます。志を高く夢を語るのは結構ですが、実践は身の丈を考えて地道に行うべき。って、そういうのが一番苦手なんでしたっけ。。。
posted by DHS at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | :流行モノ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

海南:逃亡犯2名、世界杯観戦後に惰眠を貪り逃げ損ねてお縄。

一昨日は(意気消沈せずに)「アゲて行きましょう!」なんて言ってみたものの、その夜は朝までまんじりともせず、翌日も結局意欲が湧かずに日がな一日inに篭ってましたので、エントリもサボッちまいました。

お陰で今日のカウンタもこんなにローテンション。

中国メディアの「日本隊批評」なんてクソ喰らえだ!!!



※簡体字表示です。
手配中の犯人2名、ワールドカップ見て惰眠を貪り 眠りの中で逮捕(図)(TOM新聞)

<引用>
傷害容疑で逃走中の容疑者2名が、ワールドカップ観戦後に惰眠を貪り、翌日警官が捕まえに来てもまだ起きず、結局、眠りの中で逮捕された。


傷害犯の容疑者ですが、まだ子供です。目当ての試合が見れたんだったなら恩の字でしょう。
それってブラジル戦?
posted by DHS at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | :流行モノ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

中央銀行:またもや出回る新500元人民幣のウワサ打ち消す。

度重なる噂に困ってるようには・・・、あんまり、、、見えませんね。


※繁体字表示です。
中央銀行は新版の500元人民幣発行を計画をしていないと語る(東方網)

<引用>
ネット上の一部のフォーラムに、新版の500元人民幣発行のニュースについてのスレッドが立ち、いわゆる新版の500百元人民幣の画像が貼られている。中央銀行の関連部門責任者は、中央銀行は一度も新版の500元人民幣を発行したことは無く、新版の500元人民幣の発行も計画発行していないと、5日に表している。


豊かになり貨幣の価値も上がれば自ずと大きな額の紙幣も必要になりましょう。市井の人々が500元紙幣を望めば、「ソレってもうすぐ出るんじゃね?」となるのも道理。勢いPSで造った500元紙幣の予想図なんかも出回ってますが、何も今に始まったことじゃありません。


※簡体字表示です。
網上謠傳有五百元面値人民幣面世 央行否認(圖)(2005/7/4付:千龍網)



確かに近々の予定は無いかもしれませんが、いずれ500元、1000元、5000元、10000元人民幣ぐらいまでは発行される日もくるというもの。さしてめくじらを立てる話題ではありませんて。

中央が問題視してるのは、紙幣に描かれているのがトウ小平ってトコですね。もしこのような画づらの紙幣が出来るとするなら、その頃は社会主義も終了してるかもしれません。


さて、ネット上の一部のフォーラム(論壇)とやらを探そうと思ったのですが、ちょっと調べたぐらいでは気の利いたスレッドが見つけられませんでした。スミマセン、、、へたれで。

しかし、うっかり内地のサイトで「五百元人民幣」なんて検索すると、広東で晒された<死産女児のお鍋レシピ>ニュースばかりが出てきてしまうので注意が必要です。迂闊に見てしまうと夜寝れなくなります。なんでもお鍋のお値段が3500人民元だそうで。。。流石に高いですね。
posted by DHS at 23:49| Comment(0) | TrackBack(1) | :流行モノ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

盛り上る『巴士大叔』、「未解決!」は流行語で決まり。・・・かよ?

はいはい、youtube、youtube。


※繁体字表示です。
叔父さんの爆笑トーク 500万人がネットで争って見る(蕃薯藤)

<引用>
大声での電話を若者に公然と是正され、右側の罵倒叔父さんは振り返り罵り、罵れば罵るほど張り切る。 −中略− 始まりから終わりまで、まるまる5分ほど罵り叔父さんは息切れ。知らない内に全行程が撮影されネット上に上がり、更に大量の改作バージョンが現れた。 −中略− ある人は彼の名言を用いて文章を書き、ある人は画面に対して頭を使った。何数ヶ月の間でこの動画
を延べ100万人以上がこの動画を見ており、人気は衰えない。こんなに大きな共鳴を呼んだのは、恐らく近代的な社会の全ての人の圧力が本当に大きく、心の中にも多すぎる問題があるからだ。


※繁体字表示です。
バスの狂騒叔父さん ネット上で罵り有名になる(中時電子報)



確かに、香港、台湾を中心に話題にはなってますけど、コレ、ちっとも面白くありません。




『巴士阿叔(有字幕)』





バスの中で大声でケータイ通話をしていたのを若者に咎められた叔父さんが逆切れ。よく言う「火病」状態の実況動画です。叔父さんが罵りながら話す内容が支離滅裂になってくるあたりが面白いのかもしれませんが、動画の内容的には笑える箇所があるわけではないので、やはり同じ言語、文化圏の人しか楽しめないのかも。


この動画を元に、いろんなヴァージョンで叔父さんの言動をネタにした動画が作られてますが、これまた面白さは推して知るべし。

ちなみに、叔父さんの言う「我有壓力,[イ尓]有壓力。」 の「壓力」はそのまま「圧力/プレッシャー」ではなく、「ストレス」の方の意味ですね。
posted by DHS at 23:52| Comment(0) | TrackBack(1) | :流行モノ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

武漢:解放日恒例の成人式、今年は流行の“漢服”を着用。

時流をキャッチしていますね。


※繁体字表示です。
武漢第1回漢服の成人式開催 516人の学生が参加[図](東方網)

<引用>
2006年5月16日、東湖磨山楚城広場で典雅な漢服着用による成人式が執り行われ、武漢市の18〜20歳の男女学生516名が優雅で荘重な古裝の模造装を纏って参加した。銅鑼太鼓の音の中、“加衣冠”、“成人宣誓”、“敬師長”、“敬父母”などの活動議事項目をこなし、冠を受けて“冠歌”を吟唱。その一挙手一投足には頗る三楚古風がある。



仄かに手作り感・・・。




武漢市書記の徐さんによると、2002年より「武漢解放の日」の5月16日を「18歳の成人式」としていたのだそうです。で、今年からは流行の“漢服”を取り上げたぞ、と。

しかし、場所は武漢。“漢服”という呼び名より古い「楚服」という呼称がさぞやお気に入りのようです。ま、デザインしたのは武漢市唐城服裝設計のようなので、結局はなんでも一緒でOKということですね。

今回成人式に参加した皆さんも心なしかより晴れやかな笑顔のように見えます。おめでとうございました。
posted by DHS at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | :流行モノ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

杭州:中日韓コスプレ交流大フィーバー!

日本と同じタイミングで内地でも“五一”黄金周が始まってますので、なんとなく社会ニュースが少なめな感じがします。で、今日は画像モノで終了と(←あー!!!)。


※簡体字表示です。
大盛況!国際動漫展の“メーデー”:青少年はCOSPLAYに溺れる(浙江在線)

<引用>
周囲500メートル以内は停車位置が見つからず、車の流れを塞ぎ延々と1キロほど続き、展示ホール内の観客は押し合いへし合いしている。コスプレステージ前では1000人近くの観衆が常に嬌声を発してる…。メーデーの長期休暇の初日、杭州国際会議・展示センターは史上かつてない観衆を迎えて、既に開催3日目となった中国国際動漫産業博覧会が盛況だ。“産業”の2字を博覧会に付け加えたため、普通の杭州市民、主に青少年が熱烈に追いかけまわしている。



日韓混合コッサーチーム




他、画像いろいろ。
中國COSPLAY超級盛典總決賽今日打響(杭州網)
日韓COSPLAY表演專場讓全場瘋狂(同上)
中日韓COSER切磋“武藝”(杭州日報)
兩百名中日韓COSER昨日派對交流(毎日日報)


ええーとですね。ワタクシ、左後ろのセーラームーンしか分かりません。なもんで、よく似てるのかどうかもサッパリ分かりません!

この報道を見てる限りは少なくとも「COSPLAY」的には中日韓の絆は強そうですね。良いことでしょう。

しかし、COSERってなんて読めば良いんですか?ウチのマシンは「コッサー」って言うんですけどー。

第二回 中国国際動漫節(公式サイト/簡・繁・英・日)
*但し、日文&繁体字サイトはUpされてません(苦笑。実質(簡&英)ってことで。
posted by DHS at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | :流行モノ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

上海:ビバ!汚い言葉遣い! <粗口倶楽部>がOLに人気・・・かもしれない。

何でも文明的になれば良いってモンでもないと思いますが。しかも、上海。<粗口>というよりは、気兼ねせず上海弁を思いっきり使いたい!!!と思うのも人情でしょう。


※繁体字表示です。
[米造]女クラブはホOLが下品な言葉を使うことを提唱する(新華網)

<引用>
集まりのテーマは意外にも下品な言葉を言うこのを提唱するもの。上海のOL張さん土曜の晩に友達に誘われ“[米造]女倶楽部(暴言女性クラブ)”という週末サロンに参加した。調べによれば、このクラブは女性がたとえ粗口を使って自分利益を得たとしても、少しも気兼すべきでないことを提唱している。


「[米造]女倶楽部(カオニュイクラブ)」を<暴言女性クラブ>としてしまうところには我ながら違和感があるのですが、ならば「タメ口」?「汚い言葉」?「罵り言葉」?「スラング」?と思いつくままに並べてみてもいまひとつしっくり来ないものです。なにせ、これ全部をひっくるめたようなモンですから。

友達に半ば煽動されるようにこのサロンに参加した張さんは、見た目こそ文明的な上海OLメンバーのあまりの下品さにげんなりし、僅か1時間そこそこで退散したようです。

先の「上班肥肥女QQ群」と同じようにこのクラブもWEBサイト上で会員を募り、週末には寄り集まって思う存分<粗口(ツーコウ)>を使いストレス発散をしている模様。閉じられた空間で他人に迷惑を掛けてないなら、別に構わないでしょう。

なのに、著名な社会学専門家の顧俊さんによれば、

「社會發展過程中,各種各樣的心態或主義只會越來越多,這種現象縁於社會的多樣化。我們可以從道徳上去批判,但在更深層面上[女也]們的表現無非是對無法控制事物的一種恐慌感。(社会発展の経過中には様々な心理状態や主義が増えており、このような現象は社会の多様化に原因がある。私達は道徳的観念から批判するが、更に深層的に彼女たちは制御出来ない一種の恐慌感を表現しているに過ぎない。)」

となるそうです。



そんなに大層なものなの?


ただ使い慣れた言葉で自由闊達にお喋りしたいだけじゃないのかしらん。この記事では最も文明的な上海のOLさんが<汚い言葉遣い>を楽しむってのはどうよ?という観点から書かれていますが、その<汚い言葉遣い>で語られている内容が「社長がケチ」「彼氏がケチ」「あの女嫌いー」「欲求不満だー!」「カネが欲しい〜!!!」程度の事であれば単なるガールズトークですので、問題視するに当たらないと思いますけども。
posted by DHS at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | :流行モノ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。