2005年05月09日

恒例の「全部見る祭り」、ターゲットは高橋一生!  その2

長いので分けてみました。ここからはしんどいです。普段なら絶対見ない方面のオンパレードですから!

まずは意を決して「セカチュウ」!借りるとき恥ずかしかったです・・・。高橋一生が出てなかったら絶対に見なかった作品ですよ。



ええとね、何ですかこれは。柴崎コウは意味あるのでしょうか。大沢たかおは泣くのが上手いので気になりませんが、高校生時代の話で終ってしまうのはダメなんですか?せっかく気持ちよく泣いてても柴崎コウが出てくるとドーンと引きました。もう、製作者サイドの意図する通りに<体育館>で泣いて、<婚姻届>で泣いて、<空港>で泣いてんのに!

一生君は大沢たかおの友達・宮藤官九郎の高校生当時の役。このキャスティングは見事です。というか、このキャスティングだけが命の気がする。この作品で初めてハジケた(というか普通の)役柄を見れました。86年当時のやんちゃな高校生って、あんなだったけかな?という気持ち悪さは残りますが、ともかく良い子ちゃん役じゃないってのは貴重かも。出番はあんまり無いけどやっぱり綺麗な顔がちょっとアップになる校長先生葬式シーンは必見か。


続いては話題の作品「茶の味」。ちょうど一年前のカンヌで監督週間のOPを飾ったという縁起物です。



これは見る人を選ぶ作品ですね。「なんだこれ」で終ってしまうのが普通でしょう。そんな「茶の味」でさえ、オジイが残したパラパラ絵本を見るシーンで泣きまくり(笑。最近つとに涙腺が緩い。このシーンを見ながら雨の日に傘を届けるシーンを思い出してまた泣くといった具合だもん。

一生君の役は長男が入る囲碁クラブの部長ツッチー役。高校三年生。このまま行けば加瀬亮なみに30過ぎまで高校生でイケそうだ。話を転がす役なのでセリフは充分にあるが、顔はまともに映らない。出番も余り無い。しかも芝居が上手いのでおどおどした長男を程よく引き立ててる。

普通を装ったキワモノの配置による違和感を心地よさに替えようとする演出の中で、至極まっとうな芝居をする一生君はとても重宝されたことだろう。ある意味で相当信用できないと任せられない役だ。せめて1ショットで良いからアップ目のシーンがあれば言うこと無いのに。


これまた借りるのが恥ずかしかった!ネットドラマのDVD、田中麗奈ちゃんの「好き」(ギャー!)。



ネットドラマとはいえ田中麗奈ちゃんの相手役です。凄いなぁ。一生君は「チャーシュー麺」という話に少年A役で出演。麗奈ちゃんとほぼ二人出ずっぱりです。当時20歳で19歳の役だからほぼ同世代を演じてますが設定は1958年というプチ時代劇。ぶっきらぼうなチンピラという珍しい役どころですが、多分一番素に近いのかもしれません。

ここに至って一生君は声も良いことに気づきました。清四では分かりませんでしたが(笑。顔は綺麗なのに声は充分大人です。ホント、これからが楽しみです。お話的には…どうなんですか?というか、田中麗奈ちゃんの為の作品ですからねぇ。彼女がどのタイミングで少年Aを好きになったのか皆目分からなかったんですけど(汗。ま、顔を見たらすぐ好きになるか。少なくとも私はそうだし。


続いて初の主役モノ、「ウルトラQ」のワンエピソード「レンズ越しの恋」。苦手な恋愛モノ・・・かと思ったら「ウルトラQ」テイストに救われました。



とにかく主役ですから(笑。それにしてもチミはオダギリジョーか?というスタイリッシュなヘアスタイル&ピアスはいかがなものか。似合ってましたけどね。最も最近の作品のせいか<清四>度がUpしてます。というかほぼ清四。そう思うとヘアスタイル等で変化をつけるしかなかったのかも。

全編出ずっぱりは良いものの、カメラを覘くシーンが多く、せっかくの芝居も下を向いたショットが続く。綺麗な顔をちゃんと写して欲しいぞ。ま、主役だからいいけどさ(しつこい)。お話は、ま、アリです。戦時中の少女を演じた柊瑠美ちゃんがとても可愛い。一生君とはお似合いのカップルでこれまた微笑ましい。

これならコレクトしても良いかなと思える作品でした。いやいや!まだしませんよ。危ない危ない。


ここまで見てようやく気が付きました。鼻筋が通ってて切れ長の目に細面、手が綺麗・・・、コメディ好きで子役から活躍。そうです、一生君は大衛と一緒なんですわ。要は自分の好みにバッチリ合ってたんですねぇ。ここまで見ないと気が付かないってのはどうかと思いますが、有意義な黄金週が過ごせたので良しとします。

目下の最新作「スウィング・ガールス」はまだ借りれないので、今週はまた「怪奇大家族」をループしま〜す。ああ疲れた。
posted by DHS at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6802200

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。