2005年01月18日

人造美女大会:“優勝者内定”のやらせ疑惑記事を書いたメディアと記者を訴える

大陸のニュースサイトが軒並み激重です。新浪網に至っては、繁体字サイト(香港)がごっそり落とされて簡体字の新浪トップへ飛ばしてます。ピリピリしてますねぇ。

※繁体字表示です。
第1回人造美人大会主催者“内定”嫌疑で起訴(中新網)

<引用>
中國法院網のニュースによると本日の午後、第1回全国人造美人大会を主催した北京天九偉業文化傳媒有限公司が優勝者を“内定”していたとメディアから指摘された件に関し、中國醫師協會及び美容整形醫師分會は、論争となった文章を掲載した両媒体及び記事を書いた記者を北京東城区人民法院に起訴した。

実際の審査の結果に関わらず、主催の北京天九偉業文化傳媒有限公司が都合良く“優勝者”を決めてしまったというのは、大会終了後からいろんなメディアが報じていました。確かにありそうな話ですしね。

しかしこの“内定疑惑記事”により、美容整形業界は大変な不利益を生じたそうです。そりゃそうですね。人造美女大会で技術の高さを誇り「私も私も!」とお客さんが増えると踏んでたのに、「バックマージンが飛び交うやらせ大会だ!」と書かれては堪ったもんじゃありません。

わざわざ出向いた高須先生の面目も丸潰れ。果たして裁判の結果や如何に。
posted by DHS at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | :人造美女関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。