2004年12月20日

お疲れ人造美女:上位3名の<人造箇所> やはりポイントは目元

たらたらと後日談が出てくると思いますので、面白そうなネタがあったら取り上げます。

※繁体字表示です。
(雅虎香港明報)

<引用>
第1期中国整形美人大会の総合決勝戦が昨日北京で開催され、62歳の「阿婆(おばあさん)級」美人や、男の「変性美人」を含む人工整容をした19名が選手として参加した。この二人はマスコミの関心を大いに惹きつけたが結果的には「最優秀ニュースの印象賞」を得るに留まった。大会の上位3名はそれぞれ吉林、湖南と上海の整形美人が輝いた。
変性人の劉暁晶(リゥ・シャオジン)は結構マジに上位を狙ってるようでしたが、62歳の劉玉蘭(リゥ・ユーラン)は果たしてどうだったのでしょう。この記事では「稱參賽目的是要向世人宣示,愛美並非年輕人的專利(参加目的は世間に公表する為であり、おしゃれは決して若い人の特許ではない)」と殊勝なコメントを出してます。

確かに<美しさを求める>のは若い人の特権ではありませんが、大会関係者は<若くて美しい>人造美女を求めていた模様。上位3名は皆22歳です

優勝者:馮倩(フェン・チン)さん/吉林省出身22歳
【人造箇所】
・まぶたの脂肪除去、まぶたの皮摘み
・腹部の脂肪吸引
・筋肉注射

準優勝:張爽(チャン・シュアン)さん/湖南省出身22歳
【人造箇所】
・まぶたの皮を割く手術
・鼻を高くする手術
・頬骨を削る手術
・豊胸手術
など計10ヶ所

3位:成莉莉(チェン・リーリー)さん/上海出身22歳
【人造箇所】
・まぶたの皮を割く手術
・まぶたを痩せさせる手術
・豊胸手術
など計6ヶ所

ポイントはやっぱり目元なんですね。
posted by DHS at 00:09| Comment(2) | TrackBack(0) | :人造美女関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ。昨日、テレビでこの本選を取り上げたニュースを観ていたところ、なんと高須先生が審査員でいましたね。<br />
共産党幹部妻の整形で(わざわざ中南海まで手術に出向くらしいです)、中国人の心をがっちり掴んだのでしょうか。
Posted by せんきち at 2004年12月20日 01:54
すみません、今すぐはソースが出せないのですが、確か高須先生は中国や韓国でも結構有名だったと思います。東方日報の記事とかで見かけた記憶が・・・。<br />
<br />
それにしても、ここまでTVで紹介されてしまうとちょっと飽きてしまいました(笑。反省。
Posted by DHS at 2004年12月20日 02:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。