2004年11月25日

若き頃の大衛より、周杰倫(ジェイ・チャウ) の方が「脱いでも凄い」

別段珍しいネタでもありませんが。ジェイのスタッフサイドは思いっきり意識しながらやってますしね。

※繁体字表示です。
周杰倫は姜大衛に酷似している? スターの顔(中国報e娯楽)

<引用>
かつての邵氏のスター“袖珍影帝(小型の主演男優賞受賞者)”の姜大衛(デビッド・チャン)と現在の“亞洲小天王”の周杰倫(ジェイ・チャウ)には“スターの顔”がある!? 濃い眉毛、一重まぶた、薄い唇、自由奔放でクール。周杰倫は異性を傾倒させる魅力に満ちあふれている。



 
これがスターの顔だ!


この手の記事は良く見かけますが、今日のこの記事には大衛のコメントが掲載されてます。「他比我帥得多!我沒見過周杰倫本人,只在報章、雜志上見過他,他比我帥得多,我以前太痩la!(彼は私よりずっと立派だ!私は周杰倫本人に会ったことは無いが、新聞や雑誌では見た事がある。彼は私よりずっと立派だ。当時の私は痩せ過ぎだったよ!」

確かにこの二人、顔の感じは似てますけど、それ以外は違う事ばかり。ジェイ君はさすがに現代っ子だけあってガタイが良く、脱いでも見応えがある。対して、20代の頃の大衛は貧弱すぎて上半身すら裸になれなかった。張徹も脱がせなかったし。あとはお歌を歌うところも違いますね。ジェイ君は本来シンガー(ミュージシャン)ですから。

何かと引き合いに出されてはこんな風に記事になるのは大衛ファンとしては嬉しいものですが、ジェイ君ファン的にはどうなのでしょう?。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。