2005年01月20日

佛山・西樵村:<黄飛鴻の故郷>で年間観光収入6億元を達成

特筆する内容ではありませんが、なんだか嬉しくて(笑。

※繁体字表示です。
黄飛鴻の故郷は1年で6億元儲けた(新浪網)

<引用>
広東省佛山市南海区西樵村は黄飛鴻(ウォン・フェイホン)の故郷であることを売りに、昨年は256万人もの観光客を惹き付け観光収入も6.09億元に達した。数年来、清朝末の広東を代表する伝奇的人物として作られた映画やテレビドラマが旋風を巻き起こし、今では黄飛鴻は世界的なブランドだ。

そうでしょう、そうでしょう。今年はこれまたTVBの「我師傅係黄飛鴻」の人気にあやかって更に観光客も増えるぞ!と。いいなぁ、私も行きたい。どうせなら春節に獅子舞合戦を観に…!って、絶対ムリだ。

※簡体字表示です。
歴史文化〜武杰之郷(中国佛山網)
…飛鴻のみならず、李小龍と葉問師傅の写真なんかも載ってます。
posted by DHS at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | :少林寺関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。