2004年06月13日

“人造美女”:法廷でミス・ユニバース中国代表と論戦か

“人造美人”大会を開催することで決着がついていたワケでは無かったようです。さて、どんな裁判になるのでしょうか。

※簡体字表示です。
ミス・ユニバースの張萌は法廷で“整形美人”の楊媛と論戦する(圖)(千龍網)

<引用>
ミス・ユニバースは“整形美人”と法廷で鋭い舌戦を繰り広げる。昨日記者が得た情報によると、北京の天九偉業文化傳媒有限合司は“整形美人”楊媛(ヤン・ユァン)が法廷へ訴えた後に、“2004ミス・ユニバース大会”の正式な中国地区優勝者の張萌(チャン・モン)に依頼し、被告代理人として出廷し応戦するという。

さすが優勝者・張萌(チャン・モン)さん、綺麗ですねぇ。しかも、頭も良さそうだ。楊媛さんも「その気になってる」写真ですが、どうしても化粧が濃く感じます。

楊媛さんは、公な謝罪と精神的損害の賠償金として5万元(約67万円)の支払いを求めているそうですが、天九偉業文化傳媒有限合司(会社名長過ぎ)の広報:趙朝峰さんは「組織委員会は既に楊媛に対し援助と善意の限りを尽くしている」ので、「強情に裁判へ打って出る彼女の行動は残念であり理解できない」とコメントしています。

張萌(チャン・モン)さんは、去る6月2日に行われたミス・ユニバース世界大会でこそ上位入賞は果たせなかったものの、国内ではとても人気があるそうです。さて、法廷で彼女がどんな“証言”をするのか、気になるところですね。
posted by DHS at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | :人造美女関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。