2004年03月17日

大陸:世論調査-台湾問題「武力行使を」が4割に。

昨日の大久保のヘッド一発が引き金なのか(否)、今日は内外から騒がしいニュースが続出です。

その中でも、これは地味な扱いながら相当物騒な見出しですね。

武力解決論、4割以上に=台湾問題で異例の世論調査−中国
(YAHOO!トピックス)

※繁体字表示です。
大陸民衆の半数は武力で台湾を取り戻すことを支持する -- 世論調査で明らかに
(雅虎香港トピックス 3/16付)

おお、コワ。と、見出しだけ見てると恐ろしいことになってるようですが、調査内容からすると、当然ながら平和的に解決することを望んでる人が圧倒的に多く、中央政府の飴と鞭的なやり方を生温く感じている人々が「しゃらくさいわ、ミサイル撃ってまえ」と思い始めてるということなのだろう。

時事通信の記事にはないが、調査の続きで「もし台湾が独立宣言をしたら?」という問には、32.6%の人が「中共党の方策を咎める」とし、57.5%が「台湾当局の問題である」と至極冷静な反応が出ている。

この調査は電話とネットで行われたものなので、どうしてもナショナリズムが強く出てしまうことは否めないだろうが、それにしても「”武力行使を”が4割」という意見だけを見出しに取り上げるのはどうだろう。

ま、香港の方の見出しは4割が半数に繰り上げられてるぐらいなので、日本はまだまだですけどね(苦笑。

「台湾問題をテーマにした世論調査結果が公表されるのは異例。(時事通信)」
ではなくて、世論調査で「中央政府のやり方に不満」という調査結果が出て、その上その結果が公表されたということが異例なのではないのか。
posted by DHS at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | :調査モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。