2004年04月10日

大陸:マスコミ不信 成人の5割を越える

「マスコミ不信」自体は特に珍しいことではないと思います。中国に限らず、どこの国でも有る程度の偏向報道はまかり通ってますからね。しかし、「これではいけない」とマスコ側が認識しているという点が記されているところが新鮮です。

※繁体字表示です。
マスコミ不信 成人の5割を越える(雅虎香港明報)
記事内別表(明報)

<引用>
学者は、中国のメディアでは「でまかせ(暇)、誇大表現(大)、虚構(空)」が盛んに行われており、大衆に信頼され難い。報道関係者はこの厳しい挑戦に必ず直面しなければならないと指摘している。

まんま日本のメディアにも当てはまりますけどね。しかし、この学者さんが誰なのかは表記されてないんですけど(笑。民衆が不審に思うだけでなく、党員や政府関係者ですら報道を信用できないとなると、一体誰が報道を管理しているでしょう。
posted by DHS at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | :調査モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。