2004年07月06日

酷暑の大陸:冷たいビールやアイスにも要注意?

こんなに暑い日が続けば、昼間から景気良く生ビールとかプハーっ!といきたいもんですけどね。

中国ビールにご注意=生産量世界一、13%が不合格(YAHOO!トピックス:時事通信)

<引用>
【北京6日時事】6日の華僑向け通信社、中国新聞社によると、中国の昨年のビール生産量は約2540万トンで世界一だが、国家品質監督検査検疫総局による最新の抜き取り調査の結果、13%以上が不合格であることが分かった。

この記事の見出し、13%も不合格!?という印象を与えてますが、よくよく読むと、問題が目立ったのは生産レベルの低い小さい企業の製品らしいので、知られてる銘柄ならまず問題は無いんでしょう。

※繁体字表示です。
内地:冷飲品の4割が不合格 (新浪網−星島日報)

<引用>
国家品質監督検査検疫総局の最新の抜き取り調査の結果、冷飲製品の品質についての調査ではサンプリングの合格率は6割にならないという。

ここでの冷飲産品というのはアイスクリーム、アイスキャンディー、カキ氷系列のいわば氷菓の類いですね。問題とされているのは、大腸菌が抽出されたり、甘味料のサッカリンを規定以上に使用してたりといったところのようです。

ビールも心配、アイスも心配、となると、一体何で涼を取れば良いんじゃい!と普通はキレそうですが、大陸では意外と平気なのかもしれません。もともとビールとかはあんまり冷やさないようですし。

ただでさえ無糖の冷い飲料がほとんどない中華圏なので、私が飲めるのはビールと牛乳、水ぐらいかなと察していたのですが、モナザイト東京日記さんのこの記事によると、牛乳もダメそうです(苦笑。ま、この場合は危ないわけでも、甘いわけでもなく、美味しくないだけなので、チャンスがあればチャレンジしてみます。
posted by DHS at 19:20| Comment(2) | TrackBack(1) | :調査モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最近は日系企業が「ウーロン茶」やら「生茶」やら「緑茶」のペットボトルを出しています。無糖と加糖があるのでそれさえ間違えなければ、甘くない飲料を飲むことが出来ます。<br />
それにしても食品の品質問題、いくらでも出てきますね。テレビでも粗悪な食品を作っている現場を取り押さえるというようなドキュメンタリー番組をよくやっています。困ったものです(^^;
Posted by プーアル at 2004年07月07日 10:48
全世界的ですよね。日本だって、割と<異物混入>事件は<br />
多いと思います。ただ単に自分が当たらなかっただけで(笑。<br />
<br />
國産はお茶も甘くするんだぁと驚愕してましたが、<br />
日系の商品でも加糖があるんですね!。<br />
甘ったるかったり、辛すぎたり、公民のみなさんは<br />
味覚が鋭いのか鈍いのか良くわかりません(笑。<br />
<br />
上海では牛乳はどうですか?<br />
やっぱりヨーグルト風味なのでしょうか。
Posted by 管理人DHS at 2004年07月07日 15:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6801629

この記事へのトラックバック


Excerpt: 牛乳◆◆◆ 個人的感想などなど ◆◆◆子供の頃からよく飲んでいます。よく小学校で牛乳を飲めない子がいましたが、あの子達は大人になって飲めるようになったのでしょうか?たぶん、飲めるようになっているんだろ..
Weblog: 飲み物の感想Etc
Tracked: 2007-08-09 05:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。