2007年03月22日

秀樹人気未だ健在 反町テムジンの露払いも万全!?

随分と間が空いてしまいました。しかもこんなネタで、、、ごめんなさい。


※繁体字表示です。
10数年ぶりの香港 西城秀樹は梅姐、張國栄を懐かしむ(文匯報)

<引用>
日本の人気シンガー西城秀樹は昨日、今晩エリザベス体育館で開催される「IFPI香港CDトップセールス大賞2006授賞式」に出席するためにわざわざ来港し、港台特別記者会見で歓迎を受けた。西城は10数年ぶりの来港だが、当時との最大の違いは国際空港で、前回啓徳空港に着陸する時にはビルの中に落ちるかと思ったが、今の新空港は安心していられたという。この10年で芸能界も人が新しくなり、西城と面識の有る香港の友達の中でも、彼と噂になった梅艶芳や張國栄が前後して亡くなったことを惜しみ、古くからの友人はジャッキー・チェンだけが残ったという。


日大軍殺到 西城の魅力は衰えず 反町は「蒼狼上身」でCool炸裂(明報)

<引用>
日本の芸能界の大軍が昨日香港に殺到し、五十歳を過ぎた人気歌手西城秀樹は思いもよらないほどの歓迎を受け、その魅力は33歳の反町隆史に勝っている。西城秀樹はIFPI授賞式のために来港し、香港を離れて久しくも風采は依然変わらず、20名を越えるファンが花を用意して出迎えに来るほどである。更にIFPIは子供たちに花を贈らせたので、西城は喜びが止まらず子供たちにキスをして感謝の気持ちを表わした。



これぞ、ヒデキ感激!(我ながら・・・古いのう)



エンタ・エキスポ関連のイベントに呼ばれた日本明星の来港ラッシュのようです。日本じゃ一切「蒼き狼」の宣伝活動をしなかったポイズンは、勝手が分からない上にお話も弾まない韓星のお嬢さんとパックで動かされて戸惑っている模様。しかも傍らには春樹。。。ようやく劉徳華と会えた時のホッとした笑顔がまた、笑えます。

そんな反町の足元にも及ばない魅力たっぷり!と称された西城秀樹!在港での人気未だ衰えず!良いですねぇ。出迎えが20名余りってのが寂しい気がしますが、そりゃ成田の韓流報道に毒されてるってだけですね。

しかも、日本のスポーツ紙は反町ネタは拾ってるくせに秀樹は豪快にスルー。それでいいのか日本よ・・・。



港影視娯楽博香覧(中文)
・・・トニーさん、その分け目はOKなんですか。
この記事へのコメント
失礼いたします
Posted by エロ at 2008年01月25日 23:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。