2006年11月21日

赤壁之戰:林志玲、劇中で台詞がたったふたつ? 製作方は「彼女は花瓶ではありません」と全面否定。

なんだか久々です、「赤壁」ネタ。



※繁体字表示です。
TOPモデルは花瓶になる? 林志玲【赤壁】で台詞は僅か2つと伝わる(蕃薯藤-東森新聞報)

<引用>
TOPモデルの林志玲(リン・チーリン)は国際的な呉宇森監督の新作映画「赤壁」の為に幾つかの代言人の仕事を返上し、彼女の大いなる処女作品として一心不乱に演じることを希望している。それだけの努力をしているが、劇中では台詞が僅か2句だけと伝わっており、これでは花瓶と違わない!


※簡体字表示です。
《赤壁》製作方、林志玲は“花瓶”ではなく正しくヒロインと確認(新浪網-娯楽)

<引用>
−中略−製作の楊女史は、呉宇森監督は現在まだ《天堂口》の仕事にで忙しいため、《赤壁》は今なお準備中であり、シナリオもまだ改正され決して最終決定稿になっていないと表している。彼女は「私たちは米国の仕事方式に沿って進めており準備期間はとても長く掛かります、恐らく1年半から2年の間で、この期間は極秘の仕事が多いのでシナリオも絶対に漏れることはあり得ません。」と語った。林志玲について劇中で役割が“花瓶”かなのか、彼女は記者の質問に答えて「これもあり得ません。こんなに沢山のお金を使って大スターに来てもらっているのに、まさか彼女を劇中でただ歩かせておくだけなんて?間違いなく劇中で一番重要な女優です。」と表した。《赤壁》は来年2月にクランクインするという。


なんでも、今回は台詞が英語なので、林志玲の台詞が少ないらしいという、劇組シナリオ部門に近い関係者から出た噂話が広まってしまったようです。

元々、大人気の亜洲TOPモデル美女ではあるといっても、演技は全くの新人である林志玲の起用が発表されて以降、「大丈夫なのか?」といった心配の声は途切れませんでした。その度に内地実力派女優との差し替えが取りざたされたりもしてましたが、どれもこれも噂レベルの信用度の低いものばかりでしたので、ここではスルーしておりました。

今回もまた噂話の域を出ていないものの、2句というのは流石に強引過ぎるかもしれませんが、相当台詞は少ないであろう、否、出番自体がさして無いのではないか?という大方の想像に近い情報となってしまったがために、広く伝播されてしまったのではないでしょうか。

製作方の楊さんも記者の取材に対し、林志玲は単なる添え物の花(花瓶)ではなく、劇中トップの女優であると言い切っておりますが、そもそも、助演級の役付きの女優さんは他に居なかったはず・・・。これはなかなか辛いところですね。。。

林志玲ちゃんは、外野の発言には一切耳を貸さず、己の成すべき事を果たしていただければ結構です。万が一「花瓶」になってしまったとしても、それだって誰もが担当出来るものではないので、決して恥じることではありませんよ!
posted by DHS at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 新片「赤壁之戦」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27998624

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。