2006年11月17日

亜細亜明星揃い踏み:紀嘉良(レスリー・キー)写真集『Super Stars』

日本を中心にアジア圏でご活躍中というマラヤのフォトグラファー・紀嘉良(レスリー・キー)さん。原宿にて新作写真集発売を記念したチャリティ・ギャラリーが19日(日)まで開催されている模様。


Super Stars



我が社のしゃちょうがオープニング・パーティにてレスリー本人のキャラにいたく感心したらしく、本日かような作品集が届きました。もちろん、ポケットマニーでお買い上げしたそうですが。。。お幾ら万円ぐらいなんだろう???




スリーブ無しで、小口にビッシリ金箔。




早速拝見!なんともいえない重厚感。ページの紙が薄くてめくるのに難儀しますが、それだけ内容が濃いって事ですね。元来あまり興味がないのでこの方(紀嘉良)を存じ上げませんでしたが、コレだけの亜細亜明星を集められるとは天晴れ。割合的には4割が日本明星、3割が華人明星、残りの3割に韓星&東南アジア系といったところでしょうか。ぱっと見て分からない人は韓星に数えちゃってますけども。



李迪文!変わらないですねぇ。郭晶晶ちゃん!可愛いのう!カリーナ(劉嘉玲)姐さんはどんな格好してもゴージャスですね。決して美人ではない王菲のフォトジェニックさにもうっとりします。今回は旦那(李亜鵬)の出番は無いようで残念。


かような亞州明星や表紙のユーミンのような文字通りのスターたちはともかく、素っ裸&布だけのような男性モデルのページは見ても大して面白くないんですけども。。。


まぁ、「ハダカ&脱ぐ」といえば、郭富城、呉彦祖、尹子維あたりは定番ですね。陳柏霖や陸毅も結構頑張ってましたが、馮徳倫まで脱がせなくて良し。あんまり見たくないぞ。胡軍さんの頑張りはありがたいのですが、出来れば別の方向でお願いしたい。男のハダカといえば欠かせない「フルチン番長」「尻を出す台湾のジェームス・ディーン」が漏れている時点で相当ポイントは落ちます。お好みではなかったのか、撮ってはいるけど載せられなかったのかは不明です。

個人的に一番グッと来たのは清装姿の張衛健。最初に見た時は「おお!元彪さん!良いなぁ!!」と、思い切り間違えましたけど


ところで、紀嘉良さん。華僑のマラヤ人のようですが何故にレスリー・キーなのですか。「レスリー」はいいとして、「キー」というのは台湾読みって事ですよねぇ。。。キー・カーリオン(ki2 ka1 liong5)ってこと? ジィ・ジァリャンでなくて? ゲイ・ガーリョンでもなくて? 誰か教えてください。



Leslie Kee
この記事へのコメント
おそらくホッケン(福建)人かテオチュウ(潮洲)人ではないでしょうか。
福建南部の方言も潮洲語も台湾方言と同じミンナン語というグループだったと思います。
Posted by イソジン at 2010年06月30日 18:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27690810

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。