2006年11月07日

昆明:突然増えてた口座残金 しめた!と使ったら同姓同名の他人のものでした。

間違って同姓同名の他人の口座からお金が引き落とされた、、、のではないのですが。



※簡体字表示です。
同姓同名の他人に間違って50万元貯蓄された男性(新浪網)

<引用>
もしあなたの銀行通帳の残高が突然わけもなく50万元も増えていたら、いったいどうするだろうか? 昆明市の北辰団地に住む董さんはこのような天上掉餡餅(棚からボタ餅)に出会った。董さんと同姓同名の人物が50万元を預け入れた際に口座が間違われたのだ。董さんがそっとお金を引き落とし使い切ってしまった時に、預け入れた本当の持ち主に探し出され、口座にお金が無いまま董さんは被告として裁判所に呼ばれた。近日、盤竜区人民法院でこのような不思議な不当利得の紛糾事件の結審がなされた。


・・・。

とりあえず、50万元の本当の持ち主である装飾会社の下請工場の負責人である董さんは、資材購入のためとはいえ、何故に自分の個人口座を使う必要があったのでしょうか?普通、こういう場合は下請工場の口座に送金すれば済みますよねぇ。って、内地ではこれが常識的なのかもしれませんが、仮に架空経費の使い込みだったとしたら、大きめなバチが当たったということになるのかもしれません。


それにしても、
1)送金先を聞かれて自分の口座番号を覚えていない。(下請工場の董さん)
2)問合せを受けた銀行担当者が間違えて同姓同名の他人の口座を教える。
3)いきなり大金が増えていても銀行に問い合わせない。(間違われた董さん)
4)試しにちょっとずつ6回に分けて下ろす。(間違われた董さん)
5)特に問題が無さそうなので使ってしまう。(間違われた董さん)

という、ザッツ・適当の層が美しいミルクレープを作り出しています。


しかも、送金した装飾会社や下請工場の董さんが入金の確認を銀行に調べさせている間に、間違われた董さんがお金を下ろし切ってしまったということは、確実に銀行の帳簿処理が後手に回っていたということです。

ということで、裁判の決済では、間違われたとはいえ50万元を使ってしまった董さんが半分を返済し、残金は間違った銀行も連帯責任として負担することになり、見事なまでの大岡裁きとなったとのこと。



・・・。そうか?
posted by DHS at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | :社会事件簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。