2006年10月09日

恵比寿で夜通しエレクトロニカ。セニョール・ココナッツを堪能しました。

平素の工作に時間が取られここ数日全然上網出来ず、自ずとシナヲチからもめっきり遠退いてしまっています。まぁ、でも内地も連休なので香ばしいネタは少ないし、いいか!なんて思ってたら日中首脳会談やら北鮮の核実験実行など、結構きな臭くなってきましたね。。。




時間がない時間がないと言いながら、結局チケが買えたので行ってきました、sonar sound tokyo 2006



手ブレがどうにもなりません・・・。




7日から今晩(9日)まで行われるこのイベント、ドラびでおとか、いろいろ見たいものはあったけど、とにかくセニョールだけは見ようと夕べ(8日)のライブにだけ行って参りました。しかしね、流石にこの歳になってALL NIGHTはキツイだろう・・・と思ってたのに、意外と乗り越えられましたね。



先ずはお手製のトイマシンっぽい楽器を使った若者3人組のライブを鑑賞。DSの効果音なんかも使ってほのぼのとしたエレクトロニカを展開。こういうのは24時間聞けるから好き。そのままずっとやっててくれ、と言いたくなるほど気持ち良し。

次はYUKIHIRO TAKAHASHIとそのお友達。いやぁ、幸宏さんのライブを見るのは十ウン年振りです。新作アルバム流れでこちらもエレクトロニカ。ステージ端でマックに向かいほどんど動かなかったステ坊が、十ウン年前とまったく様子が変わってないことにビックリ。あ、幸宏さんもお変わりなく(笑)お洒落さんでした。


次はブンブン。ここまでニカが続いたので一気に踊れ!モードに突入です。しかし・・・、元々こういうものなのかも知りませんが、お客さんたちのノリが良く分からない。ウォー!と盛り上ってるようには見えるけど、飛んだりは跳ねたりするわけでもなく、人差し指を突き上げている様は初めての私には異様に見えました。

「子供達!もっと踊れ!もっと飛べ!」・・・と、思わず心の中で叫んでしまいました。当然、自分は壁際でヒッソリ見てただけですが(爆。でもね、自分が20代前半だった頃は、間違いなくもっと飛んでたよ、暴れてたよ、無駄に(笑。ああ、こんなこと思う時点でダメだわ・・・。

ノせるブンブンの方は、正直ギターの音が小さくて乗り切れない。いつもこうだというワケじゃないと思いますけどね。もしくはもう一人爆音系のギターを入れるとちょっとは違うのかも。あと、どの曲も展開が一緒なのが気になりました。ビートがブレイクするとお客さんたちの動きが一斉に止まってしまうので『ON』とかは乗り切れなくなってましたね。


お次はALTERN8のDJプレイ。ノンストップ・ハウスでございます。過ぎ去り日が懐かしく思い出される90'sテイストです。意外なことに初来日なんだそうで、ツナギの背中に日の丸を付けての大サーヴィス。盛り上ったけど、お客さんたちはやっぱりビートがブレイクすると止まっちゃうんですね。そういう決まりなのか、単純に疲れたのか。。。よくワカラン。



そしてとうとうお待ちかねのセニョール・ココナッツ。兎も角もまずは「プレイズYMO」のナンバーで叩き込む!とお客さんたちも更に盛り上がり!・・・と言いたいところですが、いや、確かに更に盛り上ったんだけども、どうもメインの客層は20代前半〜中盤なので、YMOの曲を基本的に知らない世代ゆえかノリが微妙。YMOに乗り切れず、ラテンにも乗り切れない、といった感じ。

「everybody sing!」とココ叔父さんが言ってくれても、誰も『BEHIND THE MASK』なんて歌えません(苦笑。それはまだしも、『ONGAKU』でさえ、元の日本語ままココが歌ってくれてても、お客さんたちはやっぱり一緒には歌えません。これは仕方ないのか。。。

まぁ、このヘンまでは苦笑いしながら見れてましたが、ココナッツは更に盛り上げようとチャチャ・バージョンの『Smooth Operator』へ突入。これまたサビをお客さんに歌わせようと試みるも、あっけなく玉砕。

これはねぇ、土台無理でしょう。元々がサビで合唱するような曲じゃないしね。ってか、シャーデー自体の認知度が最早危うい。30代なら大丈夫だとは思いますけど、お客さんたちも曲はなんとなく分かるけど歌詞なんて!といった感じでございました。


途中では細野さんが登場し『MADMAN』を歌い、幸宏さん再登場で『LINBO』を歌うなんてのもありましたが、やはりイマイチ有り難味がピンと来ないのかノリも平板でちょっと寂しく感じました。ヘタしたらこの2曲がYMOだってこともお客さんたちの多くは知らないのだろうし・・・。でも、これは私の思い入れのせいだと思うので、気のせいなのでしょう。細野さん、もうちょっと居て欲しかったなぁ。
posted by DHS at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25139319

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。