2006年09月17日

秋の連休LIVE三昧

連休早々2連荘でライブ三昧です。


昨日は一十三十一(ひとみとい)なる女性シンガー主催のイベントで六本木のクラブへ。パッと見は今流行の<エロ可愛い>系かと思いきや、ガムランバンドを引き連れてのライブということで期待して行ってきました。

日本にガムランをやるバンドがあるとは初耳だったので、どの程度のものか?と興味津々。しかもフライヤーには<生ケチャもやる>とまで書いてある。むぅう。あ、いかんいかん、メインは一十三十一でしたっけ。

何せ初めて見るので、一十三嬢がいつもこんななのかは計り知れないのですが、昨夜のライブは非常に好ましいものでした。歌自体は<エロかわ>というよりもUA系の多国籍スタイルで、メジャーリリースをしつつも活動自体はアート系な方。お歌もお上手でした。しかし、残念ながら昨日の場合は完全にオケ勝ち。元々低めのステージに全員がベタ座りのガムランプレイヤーとは反則ワザも良いところです(ま、正確にはリーダーのGr/Bの人とハープの女性ユニットは椅子座りでしたけど)。


そのガムランバンド「リトル・トーキョー」は、今年結成されたばかりながらウルティンドゥーを歌うメインVo.が産休のため、現在は様々なコラボやパーティなどに借り出されている模様。

さて、その演奏はどうであったかというと、音はまずまず。但し、哀しいかな量が足らない。全員で5人というのはやっぱり物足らない。この日一番の盛り上がりだった<生ケチャ>も、技術はなかなかだけど迫力があるとまでは言い切れません。でも、これからメンバーが増えるかもしれないので注目はしておきたいと思います。

現在オリジナルのCDはまだ無いようで、唯一売られていたLIVE盤を購入してきました。




5曲入り/1000日元




生ケチャも入ってます。ウルティンドゥーは素晴らしい。これは一度ナマで聞いてみたいものです。引き続き要チェック案件ということで。



一十三十一 オフィシャルサイト
リトル・トーキョー(Cemetery Records)
*現在サーバエラー中です。これはマイナスポイント・・・。
一十三十一/News
*ページ中段に「リトル・トーキョー」の紹介あり。




そんでもって今日は日比谷野音で「じゃぱぁーん!!!」です。


雨でしたよ、雨。雨天決行ってのも凄いですが、諸事情あって止めるワケにも行かず、お友達&諸事情3名と仲良く雨カッパ着用にて鑑賞。

今回はデビュー35周年記念ツアーということで、感謝御礼のヒット曲オンパレード。その上ツアー最終日となる今日のライブはDVD用のシューティングまで入ってるという辛さ豪勢さ。

私&お友達のGO黄金期はいわずもがなの「あなたがいたから僕がいた」から「哀愁のカサブランカ」あたりなので、それ以前&それ以降の楽曲はイマイチ良くわからんかったのですが、そんなこたぁどうでも良くなるぐらいのGOパワー、スター・パワーに圧倒されまくり。

いやあ、スターって凄いですね!GOをスターと言わずして誰がスターなんだと。歌もスターなら見た目もスター、動きも客イジリも超ド級、掛け値なし。



クライマックスの「2億4千万の瞳」では会場全体のアドレナリンが一気に炸裂。2000人が「おーくせんまん!おーくせんまん!」と叫ぶ風景は笑いや異様を通り越し、ただただ清清しいばかりでした。

GOのパフォーマンスをバックアップするバンドも非常に完成度が高く、オケを聞いているだけでも十二分に楽しめました。やっぱり巧いバンドは良いですねぇ。雰囲気が良くてもヘタだと聞く気になれませんモン。。。





ショーが捌けてからは新橋まで移動して、お友達と一緒に比内鳥のモツ鍋と馬肉と牛刺しを美味しくいただいてまいりました。「なまはげ」なるこのお店、その名の通り賑やかしになまはげが出てきます。




ケータイは暗いところだとより一層レベルが落ちます。




店員さんたちが扮装して「悪い子はいねが〜、仕事サボってるヤツはいねがぁ!」と客席を練り歩き、写真を撮ろうとするとちゃんとポーズもとってくれました。

料理のお味は正直言ってイマひとつだったのですが、GOパワーで浮かれている我々は多少のことは気にならなくなっておりました。それにしてもちょっと味の素が効き過ぎてて、舌がピリピリ。
posted by DHS at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。