2006年09月16日

西安:兵馬俑マニアの徳国青年、「兵馬俑坑で兵馬俑コスプレ」に挑戦し、お縄。

週末の画像ネタです。



※繁体字表示です。
ドイツ人青年、兵馬俑坑に潜り込み “人俑”に扮して捕まる[組図] (東方網)

<引用>
9月16日14時頃、陜西省西安市臨潼区秦兵馬俑一号坑にマーリンと名乗るドイツ人青年の観光客が手製の兵馬俑の扮装を着て、顔には兵馬俑の皮膚の色を塗り、一号坑修復区の兵馬俑兵陣に潜り込み、“人俑ショー”を上演した。



正味なハナシ、青年というには老けてますけどね。よっぽど兵馬俑が好きだったんでしょうね。




みんな嬉しそう。



公安の人も笑ってます。本人も嬉しそうだし、誰も困ってません。この(p.wend.el)さん、3ヶ月前に杭州の芸術学校に留学し兵馬俑の勉強をしているうちに兵馬俑を愛しすぎてしまったようです。自らがその姿にならずにはいられなかったと。まぁ、せっかく中華の地にいるのだから「兵馬俑坑で兵馬俑コスプレ」を実行しなくてはいけないという使命感もあったのかも・・・しれない。


お縄になったお陰で力作のコスプレグッズを取り上げられてしまった馬林さん。何も傷付けず何も盗んでもいないので、取り敢えず取調べを受けて公安より批評教育を受けて釈放された模様。お疲れ様でした。
posted by DHS at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | :社会事件簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23870148

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。