2006年09月13日

燕趙:体長20センチ、胴周り30センチ、体重800グラムの金魚タン。

どうもいけない。内地社会ニュースのヲチをしてると感覚が鈍ってきます。最初は何を見ても「おおーっ!」と思えたのに、この頃はサッパリです。たまにむぅ!と思ったものでも障害者ネタだの病気ネタ、痴話げんかネタなどはここで扱いたいとは思いません。

外国報道の規制を強化するぐらいですから、自ずと管制報道が増えて政治&民生ネタもグッとくるものはガタ減りです。で、結局はまた動物ネタになるんですけどね。



※簡体字表示です。
“将軍腹(タイコ腹)”金魚、胴周り30センチ体重800グラム(図)(TOM新聞)

<引用>
本社ニュースによると、体長20センチ足らずの金魚が意外にも胴周りが30センチ体重800グラム近く、太って大きい体型のために、大部分の時間は仰向けに腹を水面に出して水中で休息しているという。9月12日午前、省会董さんは西美美世界広場前の噴水池に1尾のとても奇怪な魚がいるから取材して欲しいと電話を掛けてきた。





もう、いっぱいいっぱいデス。




一発画像ネタになってしまった・・・。




さて、この金魚、何故にこんな姿なのか。

「可能是要生小魚了(小さい魚を生むんじゃないの?)」で「可能天生畸形(生まれつきなんじゃないの?)」とも言われているそうですが、実際の原因は不明ならこの金魚の出自も不明。大体どこの誰だかも分からないタクシー運転手がこの金魚を池に放り込んで行ったのを目撃されただけらしいので。。。



ってかね、「可能是要生小魚了」って、、、(汗。



本当にコレ全部卵かと思ったのかなぁ。
posted by DHS at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | :動物事件関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。