2006年08月30日

杭州西湖:全身に奥運競技マークのタトゥーを入れて支援する若者登場。

内地の彫師さんたちも主流はアメリカン・タトゥのようですが、水滸伝ネタや吉祥天女系も根強い人気がありそうです。


※繁体字表示です。
杭州の若者:全身にオリンピックの競技マークを1000針(組図)

<引用>
2006年8月29日昼頃の杭州、身体いっぱいにオリンピック・競技マークのタトゥーを入れた若者が西湖湖畔でオリンピックの宣伝をしていた。近づいて見ると、上半身に35の競技マークや北京2008オリンピックのロゴマークなどがある。若者は言う、「プロに半月近く時間をかけてもらって約1000針ほど彫りました。髪形は西湖に来てからデザインしたものです。私はこのような行動で皆が北京2008オリンピックを支援することを望みます。」


完美中国 完美人生(完璧な中国 完璧な人生)ですか。。。しかし、プロが半月かけた割にはザツでは無いですか?



肉が無い分、彫り難くそうですけども。


彫り物はこれから修正することも可能でしょうが、髪型は維持するのが面倒そうですね。是非とも頑張って続けて欲しいものです。



★中国紋身網★(簡体字)
posted by DHS at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | :流行モノ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23040059

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。