2006年08月27日

北京国際機場、危機一髪?

軽めの画像ネタです。



※繁体字表示です。
北京空港:滑走路で旅客機2機が接触[組図](東方網)

<引用>
本日昼11時30分、首都空港駐機場で滑走途中の東方航空の旅客機MU5178が出港する際に、その主翼が着陸してきた南航の旅客機3101の尾翼と311搭乗口付近で接触し擦れ裂けた。死傷者は報告されておらず事故は調査中だが、この事件はその他のフライトに関しては影響しなかった。


大事故に至らず幸いです。それにしても、、、どうしたらこんな風に近寄ってしまうのか。




ある意味・・・、やるな。



バキっと行く前に止めた辺り、パイロットもなかなかの腕ですね・・・って。褒めておきましょう。
posted by DHS at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国/香港/台灣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22906695

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。