2006年08月22日

手[巾白]王子(ハンカチ王子) 台湾でも注目。

あたしゃ甲子園というのには縁が無いのですが、今年は大そう盛り上ったようですね。



“ハンカチ王子”斎藤の素顔…夢はヤンキース入り?(ZAKZAK)

<引用>
球損に残る好投とクールな表情で、久々に誕生した甲子園のアイドル、早稲田実業の斎藤佑樹投手(18)。その素顔や、ハンドタオルの謎、進路などにも注目が集まり、ブームは当分収まりそうにない。


何せ試合やニュースを見て無いので、どんな好投をしてどのへんがクールだったのかサッパリ分かりません(汗。ハンドタオルの謎というのも「どこのブランドか?」ってなことだとは、なんとも恐ろしいナゾです。

しかし、早実の優勝というのは素直に嬉しいものです。生まれ町がワリと近かったので多少の親近感があります。



親近感といえば、台湾(強引)。当然のことながら日本甲子園に出でたアイドルにも大注目している模様。


※繁体字表示です。
甲子園選手権大会 新しい怪物投手の齋藤(蕃薯藤)

<引用>
大先輩の王貞治や荒木大輔を大いに上回る業績で、早稲田実業は切り札の投手の齋藤佑樹の統率のもとで甲子園の王になる。東京の民衆は「あのピッチャーのコは、ハンカチ王子と呼ばれるとても可愛い子だよ。」 という。マウンドではいつも満面のクールな様子、しかしよく青いハンカチを取り出して汗を拭くことがあり、齋藤はハンカチ王子の愛称を得た。


やっぱり王監督もチェックされてる(笑。それにしても日本球界に詳しいですねぇ。ハンカチ王子もまんま「手[巾白]王子(しょうぱわんづ)」でございます。しかもこのネタ、蕃薯藤の娯楽新聞枠ですから(笑。
posted by DHS at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | :流行モノ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。