2006年06月23日

お疲れ!日本隊!!! さあ、みんなで1から出直しだ!

ぐっすり寝て果報を待っていたため、肝心の試合は全然見れていません。心無しか、何事も無かったかのような朝の通勤電車の車中が寂しかったですね。



※簡体字表示です。
日本、ブラジルに後半から非情なからかいを受ける アジア・サッカーの新興の道はこの上なく長い(新浪網-体育)

<引用>
日本対ブラジルの戦には懸念が無く、人々が関心があるのは日本隊の試合でどのように自分たちを表現するかだ。正常な意義で日本は前回のアジア杯チャンピオンであり、現在のFIFAランクではアジア最高位におり、世界チャンピオンのブラジル隊へ臨む態度を見れば、その側面にアジア・サッカーのレベルを見い出すことが出来る。しかし、結末には悲喜こもごもがあったと言える。前半30分まではまだ良かったが、前半終了前にロナウドのゴールで同点に挽回された後、後半開始早々からの攻撃に耐えられず4点を失い、からかわれているかのようにも見えた。



この記事、ただ勝敗の結果だけを伝える物ではなく、日本隊や亜洲サッカーの歴史を追ったなかなかの評論なのです。読んでると泣けて来ます。



出場国じゃないのに、ここまで状況を把握し、ここまで分析出来てるなんて。

それでも尚、やはりかの国の代表チームが世界杯で活躍する日は遠いのか。


日本はね、みんなで今回の3試合を何度も見て反省し、スッキリしたらまた1からやり直しましょう。元々リセット好きな国民性をこういう時に発揮させないでどうする。俄然、南ア予選が楽しみになって来た。
posted by DHS at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19713114

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。