2006年06月21日

“伝説の男” 陳観泰(チェン・カンタイ)ブラウン管に戻る。 『一鉢万里游』で呉孟達の兄役。

ちょい日が経っちゃったネタでスミマセン(ぽりぽり)。



※簡体字表示です。
“小強”陳観泰に弟子入り 『一鉢万里游』で武芸を磨く (6/16付:捜狐娯楽)

<引用>
香港の有名な武打星の陳観泰(チェン・カンタイ)は先日正式に電視劇『一鉢万里游』に参加することが確定し、初めて制作班で撮影の打ち合わせをした際、ちょうど小主演の“手機(携帯)小強”のニ宝と対面し陳観泰は快活な小ニ宝が好きになったという。ニ宝は劇中でアクションシーンがあるため、この機会に陳観泰に弟子入りしたいと希望した。陳観泰は喜びつつも考慮すると、小ニ宝もまた非常に利発で陳観泰が了解するのを見ると、直ちに抱拳(拱手)して膝就き「師傅在上,請受徒兒一拜!」と大声で叫んだ。居合わせた人は皆笑って言う「ドラマはまだ撮影が始っていないのに、劇の外で既に“拝師記”が演じられた。」



鋭い眼光の大哥成! ・・・。マンタ兄さんにも見える。。。





ここ数年メディアに出るようになったり、邵氏組復活作品参加への音沙汰は耳にしていたものの、手始めに人気子役スターメインの内地電視劇に参加とは。。。


それにしても、、、変わりませんな!!! いや、見ようによっては随分変わっちゃったようにも見える。




ちなみに、ニ宝と共に主演する呉孟達(ン・マンタッ)さんはこちら。

※簡体字表示です。
呉孟達《一鉢万里游》に参加 自己突破に期待(図) (6/19付:捜狐娯楽)




イェーイ! といえば高島忠夫、ドレミファ・ドン。





・・・。


アンタたち、似過ぎ。




追記:主演の“手機(ケータイ)小強”くんは、その名の通りケータイの着メロ(というか着信アニメ?)のキャラクターを演じた、御歳5歳の童星(子役スター)で、これが実写大作への初出演となる模様。

※簡体字表示です。
手機小強首触電 加盟電視劇《一鉢万里游》(図)(5/26付:新浪娯楽)


芸名は無いのか、チミは。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19647265

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。