2006年05月31日

『クライマーズ・ハイ』:第43回ギャラクシー賞・優秀賞を受賞。

プチ*高橋一生祭り“外傳”ってことで。


タイガー&ドラゴンが大賞・第43回ギャラクシー賞(日経ネット)

<引用>
優れた放送に対して贈られる第43回ギャラクシー賞(放送批評懇談会主催)の発表・贈呈式が31日、東京都内のホテルであり、テレビ部門の大賞にTBSのドラマ「タイガー&ドラゴン」が選ばれた。 −中略− 他の主な賞は次の通り(敬称略)。【テレビ部門優秀賞】山口放送「祖父の国 父の国〜祖国を訴えた日本人移民」、NHK「クライマーズ・ハイ」、東海テレビ「重い扉〜名張毒ぶどう酒事件の45年」【同特別賞】NHK「あの日 昭和20年の記憶」【同個人賞】天海祐希〔共同〕


第43回ギャラクシー賞受賞作品(放送批評懇談会)



大賞が「タイガー&ドラゴン」ってのは、、、正直、どうなんですか? やっぱり落語ブームを牽引したってところが評価のポイントなのでしょうか。ドラマ自体は途中からグダグダになったなぁ・・・という、余り良い印象じゃないんですけど。

で、『クライマーズ・ハイ』ですよ!おめでとうございます。ちゃんとDVD買いましたよ(HDの録画データも消去できた)。







これは他にも何か賞を取りそうな勢いですね。この低温度の勢いが続けばいずれは<映画化決定!>になったりするかもしれません。その際は、今ある映像を編集してフィルム化してくださいね! 、、、って誰に言ってるんだよ。



ちなみに、高橋一生くんの近々のテレビ出演は、宮藤官九郎脚本の昼ドラ『愛の劇場 吾輩は主婦である』で、6月27日からの単発ゲストだそうです。なんだかなぁ。。。


『愛の劇場 吾輩は主婦である』(TBS)
posted by DHS at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18673495

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。