2007年04月16日

赤壁之戦:發哥も降板か!?「問題なのは作品や配役じゃないんです。」

いやいや。すっかり間があいちゃって。。。しかもまる1日前のネタになってしまいました。



※簡体字表示です。
《赤壁》役変更問題再燃 周潤發は周瑜に無縁(図)(新浪娯楽)

<引用>
本年度最も期待される中国語映画の大作『赤壁』は4月14日にクランクインしたが、新浪娯楽は独占ニュースを獲た。周瑜役で出演予定だった周潤發が制作班に降板を申し出て、『赤壁』制作班は既に周潤發を周瑜役から変更することを決定したという。消息筋によると、周潤發が配役の交換という命運になったのは、彼の恩師であるウー監督と張家振プロデューサーによるものだが、發哥が出した100案近くの理不尽な契約要求はハリウッドの保険会社が徹底的に否定し、制作班スタッフもがっかりしているという。更に多くのスタッフが周潤發に対して周瑜役は相応しくないとみなしたため、周潤發を周瑜役から降板すべきとなった。これは『赤壁』にとって、ひとつの重大な株価上昇ニュースだ。


※繁体字表示です。
周潤發、配役変更騒動に答える:呉宇森との友情を傷つけないで[図](東方網)

<引用>
−中略− 契約要求への非難について、發哥は「出演料のことはずっと投資側が私達に言ってたんだ。彼らが支払えないから値引きしてくれと言ってきたから、私達も減額に応じた。その後に彼らはこの作品が2部作になると言い出したが、私は報酬の増加要求など言い出してもいない。また最近彼らは支払いを分割にしたいと言いだしたので、私も承諾した。だから私は彼らがどうしてこのように言うのか分からない。彼らはアメリカの保険会社が私の契約を受け入れられないと言ったというが、『黄石的孩子』や『黄金甲』の時もアメリカの会社との合作だったのに、もしこの会社が私の契約に問題があると思ったなら、どうしての前2作は受け入れられたのだろうか?だから私は彼らのこの言い方は信じられない。私の契約は確かにハリウッド作品の契約書を参考にしているので、大量の中国側資金に関連するかも知れないが、彼らはハリウッドの契約に適応することができなかったので『黄金甲』から『赤壁』までの間にこんなに余計なことが発生している。とにかく、私はこの件で張家振や呉宇森との友情を傷つけられないようにと望んでいる。」と語った。



やはり大陸資本で事が進んでしまったことが大きなネックになっていたようですね。これではハリウッドの製作会社も手を引くはずです。何の問題も解決されないまま開鏡に至ってしまったことで「降板」を言い出さざるを得なかった發哥も辛いでしょうが、間に挟まったジョン大師も辛い立場ですのう。

なんでこんなことになっちまったのか。。。これで脚本がスムーズに仕上がっていたらトニーも發哥も普通語の台詞のせいなんて言い訳は使えなかっただろうからなぁ。

いやいや、実は早々に良い台本が出来てたのに・・・なんてこともあるのかもしれない。哀しいことです。

で。周瑜役はどうなるんでしょうかねぇ。開鏡したのはいいけど、ジョン大師は一体何を撮ってるのでしょうか。


まぁ、香港メディアの情報がまだなのでちょっと静観しておきます。
posted by DHS at 23:59| Comment(43) | TrackBack(11) | 新片「赤壁之戦」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

秀樹人気未だ健在 反町テムジンの露払いも万全!?

随分と間が空いてしまいました。しかもこんなネタで、、、ごめんなさい。


※繁体字表示です。
10数年ぶりの香港 西城秀樹は梅姐、張國栄を懐かしむ(文匯報)

<引用>
日本の人気シンガー西城秀樹は昨日、今晩エリザベス体育館で開催される「IFPI香港CDトップセールス大賞2006授賞式」に出席するためにわざわざ来港し、港台特別記者会見で歓迎を受けた。西城は10数年ぶりの来港だが、当時との最大の違いは国際空港で、前回啓徳空港に着陸する時にはビルの中に落ちるかと思ったが、今の新空港は安心していられたという。この10年で芸能界も人が新しくなり、西城と面識の有る香港の友達の中でも、彼と噂になった梅艶芳や張國栄が前後して亡くなったことを惜しみ、古くからの友人はジャッキー・チェンだけが残ったという。


日大軍殺到 西城の魅力は衰えず 反町は「蒼狼上身」でCool炸裂(明報)

<引用>
日本の芸能界の大軍が昨日香港に殺到し、五十歳を過ぎた人気歌手西城秀樹は思いもよらないほどの歓迎を受け、その魅力は33歳の反町隆史に勝っている。西城秀樹はIFPI授賞式のために来港し、香港を離れて久しくも風采は依然変わらず、20名を越えるファンが花を用意して出迎えに来るほどである。更にIFPIは子供たちに花を贈らせたので、西城は喜びが止まらず子供たちにキスをして感謝の気持ちを表わした。



これぞ、ヒデキ感激!(我ながら・・・古いのう)



エンタ・エキスポ関連のイベントに呼ばれた日本明星の来港ラッシュのようです。日本じゃ一切「蒼き狼」の宣伝活動をしなかったポイズンは、勝手が分からない上にお話も弾まない韓星のお嬢さんとパックで動かされて戸惑っている模様。しかも傍らには春樹。。。ようやく劉徳華と会えた時のホッとした笑顔がまた、笑えます。

そんな反町の足元にも及ばない魅力たっぷり!と称された西城秀樹!在港での人気未だ衰えず!良いですねぇ。出迎えが20名余りってのが寂しい気がしますが、そりゃ成田の韓流報道に毒されてるってだけですね。

しかも、日本のスポーツ紙は反町ネタは拾ってるくせに秀樹は豪快にスルー。それでいいのか日本よ・・・。



港影視娯楽博香覧(中文)
・・・トニーさん、その分け目はOKなんですか。

2007年03月14日

『刺馬』間もなく撮了し、タイトルも『投名状』に変更。

軽いネタばかりで、スミマセン。



※繁体字表示です。
邵氏版「刺馬」のリメイクじゃない 「投名状」にタイトル変更(蕃薯藤-娯楽)

<引用>
三大華人男性スターの李連傑、劉徳華、金城武と女性スターの徐静蕾が集結し、4千万ドルを掛けた戦争叙事詩『刺馬』は、昨年末にクランクインしてからも注目を集めている。陳可辛監督は今作のストーリーは全く新しい内容と観点であることを強調しているが、絶えず邵氏の旧作『刺馬』のリメイクと指摘されており、混同を避けるために正式に『投名状』と改名することに決定した。


内地のニュースでは既に<りんちぇい、「刺馬」の撮影も間もなく終わり、次は「ハムナプトラ3」に参加>というネタで賑わっています。

※簡体字表示です。
李連杰《刺馬》殺青 即将接拍《木乃伊3》(図)(新浪-娯楽)

なんでも兵馬俑が舞台になるようですね。これもまた、楽しみにしておきます。


さて、邵氏版の『刺馬』は張徹の趣味全開とジョン大師のアクション・パートが融合した傑作でしたが、陳可辛版ではもっと義兄弟の心情に迫ったものになるようですね。

キーワードは思い切り桃園の誓い(「生不能同生,死願同死」)だし、改題されたのが『投名状』となれば、もう馬兄さんを刺すぐらいじゃ済まないってことでしょう?当然、首を取りに行ったと思いたい。

2007年03月12日

青島:「毛澤東紅燒肉」28元 名前のお陰で人気のありやなしや。

兎角リアルは思い通りにいかないものです。昨日の「死刑ネタ」に食いつけなかったのは不覚。ネタ元は拾ってたのに・・・。


※繁体字表示です。
青島のレストラン“毛沢東の紅燒肉" 市民の熱議を惹く[図] (東方網)

<引用>
一昨日の夜、記者は客の身として友達と青島雲霄路のこのレストランに到着した。記者が着席した後、従業員はメニューを持って来て記者に注文を促すのと同時に、この“毛沢東の紅燒肉"を薦めた。「これは当店の名物で、先に豚肉をよく漬けてから焼きます。偉人毛沢東の故郷の味を完全に再現しているんですよ。」と従業員は言った。「偉人の名前を料理名に付けるのは重々しくありませんか?」と記者が問うと、従業員はすかさず、この料理を出し始めてからしばらく経つが、そのようなクレームが出たこと無いと言った。


東方網-繁体版も激重になって久しいですが、これは私の環境だけのことなのでしょうか???

さて、東方網らしくいつもの通り見出しに偽りありまくりです。

「商品や料理名に指導者の名前を付けてはいけないのに!」ということで、記者さんの突撃スタイルで例によって道行く人に是非を問うスタイルの取材をしたものの、熱議には程遠く話題にすらなってない模様。

紅燒肉(丸)は毛偉人故郷に縁の有るお料理というのは良く知られているそうなので「毛沢東の〜」と付いているからといって「それが何か?」という市民の反応に軽く憤慨した記者さん、返す刀で工商部へ向かい《廣告法》を盾にマイオピニオンを駄目押し。

これで喜んでいるのは青島のホテルだけ。どの程度の広告効果があるのかは甚だ不明ですけども。

それにしても、、、28元ってちょっと高い気がしますけど。私の感覚もおかしくなって来たのかも知れない。
posted by DHS at 23:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 中国/香港/台灣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月07日

台南:排水孔に顔が嵌った犬 電気ドリルで救出。

このテの画像ネタも内地モノはRecord China経由で溢れかえるようになりましたが、台湾モノは少ないですよね。




ちょっと見だと気づかないかも



※繁体字表示です。
排水口に犬の頭嵌る 電気ドリルで救出(蕃薯藤-聯合新聞網)

<引用>
昨日、一匹の黒い子犬が台南県麻豆鎮の聖王宮廟防火用排水路に潜り込み、中に入ったきり出てこなかった。この犬は排水孔から抜け出ようと試んで困っていた。頭が詰まり身動きは取れない。その鳴き声は道行く人を驚かせ、4名の警官が入れ替わりに電気ドリルで排水孔を破壊し、30分後についに子犬は危険状態を抜け出した。


この子犬、脚が白い所謂「ソックス犬」なのだそうですが、地元では縁起が悪いとされているため、飼い犬ではないだろうと推測されている模様。
posted by DHS at 23:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 中国/香港/台灣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。